鼻副鼻腔癌

鼻副鼻腔癌とは

副鼻腔癌は上顎洞、篩骨洞、蝶形骨洞、前頭洞のいずれかの粘膜より生じる癌を指します。大部分は上顎洞粘膜より発生しますので、この項では主に上顎癌について述べていきたいと思います。

上顎癌の特徴

我が国の上顎癌罹患率は減少傾向にあり頭頸部悪性腫瘍の約7~8%と推定されています。60才前後の男性に多く組織学的には大部分が扁平上皮癌ですが、その他に腺癌や腺様嚢胞癌なども認められる事があります。初期症状に乏しいので進行癌で発見される事が多いのが特徴です。一方、頚部リンパ節への転移は他の頭頸部癌に比べて少ないので、局所のコントロールができれば予後に期待が持てます。腫瘍が内方に進展すれば鼻出血や悪臭を伴う鼻漏、前方であれば頬部腫脹や顔面痛などが出現します。また上方ならば眼球突出や複視などが認められます。後方では翼口蓋窩や翼突筋などに浸潤をきたすと、歯痛や開口障害が出現します。これらの症状のなかでも、特によく見られるのは頬部腫脹、眼球突出や鼻出血です。病状が進行し腫瘍が頭蓋内にまでおよぶと頭蓋内症状をきたすようになります。腫瘍が前方及び下方に進展した場合には比較的早期に症状が出現するため、後方及び上方に進展する例に比べると予後良好です。

診断

CTなどの画像検査では骨破壊を伴った一側性の上顎洞病変として描出され、造影にて増強される陰影をしめします(早期の状態では骨破壊をともなわない事もあります)。最終的には鼻内の腫瘍や上顎洞開洞などによる組織生検にて確定診断を行うこととなります。

治療

上顎という場所は、解剖学的に頭部を構成している臓器の一部で、血管・神経・骨等が複雑に入り組み、機能面では上気道・消化管の一部となっています。また、これに加え、顔面という美容上の問題が加わるため、治療は大きな制約を受けることになります。手術療法、放射線療法、及び化学療法を組み合わせて治療を行い、顔面の形態や機能の温存といった治療後のQOLを考慮にいれて治療法を選択していきます。

手術療法は安全域をつけて一塊切除を心がけます。切除範囲によって上顎部切、上顎全摘、拡大上顎全摘となります。上顎全摘以上を行った場合には、顔面に大きな欠損ができてしまい、また切除面をそのままにしておくことによる瘢痕拘縮にて顔面の醜形をきたしてしまいます。そのため、それらを防ぐために再建術が必要となり、太ももの皮膚やおなかの皮膚を採取し移植する手術を行います。それにより顔面の変形を防ぐことができますが、それでもやはり病気になる前と比べると見劣りしてしまうことが多いです。そのため近年では抗がん剤と放射線治療を併用して治療を行うケースが増加しています。抗がん剤の治療は太ももの付け根の血管からカテーテルを挿入し、腫瘍に血液を送っている血管までカテーテルの先を進めていきます。そこから、直接大量の抗がん剤を注入し腫瘍に選択的に作用させようという方法(超選択的動注療法)で行います。超選択的動注療法と放射線療法を同時併用する治療で整容面を保ったまま、根治が狙え当科でも積極的に行っています。

しかし、扁平上皮癌以外のタイプでは放射線治療の効果があまり期待できないため手術を中心とした治療にならざるをえません。切除が困難な場合には粒子線治療も適応となります。