原発不明がん

原発不明がんとは

頸部リンパ節からがんが発生することはありません。頸部リンパ節にがんが認められた場合には体のどこかにがんがあり、それがリンパの流れにのって転移した状態です。
そのため、頸部リンパ節にがんを認めた場合には元になるがん(原発)を検索する必要があります。頚部のリンパ節に転移がある場合には原発の可能性として高い部位は口腔や咽頭、食道、肺などです。検査としては、胃カメラやPET検査を行って原発を検索します。
各種の検査を行っても原発が判明しない場合には原発不明がんという診断となります。この場合でもけっして原発が無いわけではなく、体のどこかにがんがあるはずですが、ごく小さいので見つけられないという考えになります。

原発不明がんの治療

原発が判明した場合にはその部位に応じて治療方針が決定します。原発不明の場合には原発が判明するまで待つ訳にもいかないので、現在ある病変を治療します。切除が可能であれば基本的には手術が第一選択となります。腫瘍が大きく切除不可能な場合や全身にがんが転移している場合にはその他の治療法を行います。
いずれの場合にも小さいながら未治療のがんが体のどこかに潜んでいる状態が続くことになりますので治療後の経過は注意が必要です。