好酸球性副鼻腔炎

最近、注目されている疾患です

慢性副鼻腔炎の中で、鼻ポリープを伴うものとそうでないものに大別されます。 鼻ポリープの病理組織学所見から、好酸球型と非好酸球型に区別することで鼻ポリープを伴う慢性鼻副鼻腔炎の亜分類を試みたことにより、好酸球性副鼻腔炎の概念が生まれました。多くの研究で血中の好酸球数や鼻ポリープ粘膜の好酸球浸潤の増加が病気の重症度や手術後の予後不良に関係していることが明らかになりました。本邦では約20万人が好酸球性副鼻腔炎で、さらに約2万人が重症症例と考えられています。好酸球性副鼻腔炎の診断基準は表で示したスコアの合計が11点以上とされています。厚労省の難病要件を満たす条件は重症度、喘息合併、鎮痛薬の過敏性、好酸球性中耳炎の合併などです。 好酸球性副鼻腔炎と喘息は共通した病態を呈しており、その病態の解明に伴い、生物学的製剤が次々と開発されており、当科では難治性の方に対してデュピクセントによる治療も行っております。  また、内視鏡下鼻副鼻腔手術を行ってポリープや粘稠な貯留液を除去し、再発しにくい副鼻腔構造を目指す治療法も行なっております。

スコア
慢性副鼻腔炎の新規分類と罹患患者数

再発の徴候は嗅覚障害と膿性鼻漏です

従来の慢性副鼻腔炎とは異なり,マクロライド半量長期療法の効果が期待できません.軽~中等症例では抗ロイコトルエン拮抗薬、ステロイド経鼻噴霧薬、ステロイドの全身投与で治療しますが、難治症例や再発症例では手術を行います.手術でポリープを完全に除去しても,手術後に感冒を引いたり,喫煙を継続していると再発する可能性が極めて高くなります.治療に抵抗性を示します.また血中好酸球の絶対数の増加も予後不良因子です. 手術後の再発の徴候の判断は,嗅覚の低下と感染です.嗅覚の減退やニカワ様の好酸球性ムチンを示唆する鼻漏の出現時ではステロイド薬であるプレドニゾロン(0.5mg/kg)を,膿性~膿粘性鼻漏が持続する場合では抗菌薬を数日間頓服します.術後の鼻腔洗浄も重要な治療法です.また喘息合併症例や下気道の症状の合併症例では副鼻腔炎の再燃によって下気道も悪化しますので,要注意です.

アスピリン喘息を見逃さないようにします

難治性の好酸球性副鼻腔炎はアスピリンなどの鎮痛薬に対するアスピリン喘息の場合があります.アスピリン喘息は鼻ポリープ・喘息・アスピリン不耐性(過敏)の3症状を示します.原因は十分に解明されていませんが、鎮痛解熱剤を初めとする様々な薬物に対して過敏性をしめします.好酸球性副鼻腔炎の治療に汎用されるステロイド薬を急速に静脈注射すると喘息発作が起きるので、経口投与で使用します.

好酸球性中耳炎も難治性の中耳炎です.

喘息や好酸球性副鼻腔炎に合併する難治性の中耳炎である好酸球性中耳炎も注目されています.極めて粘稠で好酸球を含む中耳貯留液を伴い、中耳粘膜には多数の好酸球が集積し、肉芽性病変を伴うこともあります.伝音難聴に加えて感音難聴を呈することがあり、重症例では聾となります.従来の中耳炎の治療に抵抗を示し、ステロイド薬の全身投与や中耳への局所注入が使用されています.好酸球性中耳炎と類似した疾患として,ANCA関連血管炎があり、鑑別を要します.ANCAとは好中球に対する抗体のことで、ANCA陽性を示す一連の疾患群をANCA関連血管炎と言います.Churge-Strauss症候群は気管支喘息またはアレルギー性鼻炎・好酸球増加・血管炎による様々な全身性症状を臨床所見とします.ウェゲナー肉芽腫症は上気道の肉芽腫・肺の肉芽腫・腎臓の糸球体腎炎を特徴とします.どちらのANCA関連血管炎もステロイド薬と免疫抑制剤が治療として使用されますが、重篤な全身の臓器障害に進行しうる致死的な疾患です.