粘膜下下鼻甲介骨切除術

下鼻甲介の腫脹が不可逆性の変性組織によるものと考えられる際に、下鼻甲介の減量を目的として行います。下鼻甲介の骨の除去や余剰な粘膜および粘膜下組織の減量、焼灼など症例に応じた外科的介入を行い、鼻腔(鼻の空気の通り道)を広げます。