研究内容

当教室では、感覚器病態学、上気道粘膜免疫病態学、頭頸部腫瘍学の3本柱を軸に臨床と基礎研究の架け橋となる仕事を目標としています。

  • 感覚器病態学
  • 上気道粘膜免疫病態学
  • 頭頸部腫瘍学

基礎・臨床研究の現況・展望

【目標の到達状況  赤:達成青:進行中、黒:停止】

  目標の到達状況現在・近未来の目標
(2009~2014)
将来の目標
(2014~)
耳科
領域
鼓膜接着法の普及(短期入院)
電磁型補聴器の臨床試験
耳小骨の可動性検査
難聴遺伝子解析
遺伝子変異マウスの遺伝子治療
中耳粘膜の培養系
埋め込み型補聴器・人工内耳の新規開発
耳小骨可動性検査の実用
網羅的難聴遺伝子解析
遺伝子変異マウスの難聴レスキュー(遺伝子治療、再生治療)

難治性中耳病態への病態解明と再生医療
低侵襲手術による感音難聴の治療
先天性難聴・感音難聴の根本的治療
鼻科
領域
後鼻神経切断術の普及
ESSの短期入院手術

鼻ポリープの網羅的遺伝子解析(原因遺伝子の同定)
難治性の好酸球性副鼻腔炎の病態解明と治療の確立
難治性の好酸球性副鼻腔炎の病態解明と治療の確立
内視鏡下頭蓋底外科の確立
アレルギー性鼻炎への新規治療法の開発と導入
鼻副鼻腔疾患治療の根治治療の確立
頭頸部癌領域 関連病院との医療連携の確立
超選択的動注化学療法の確立
内視鏡下頭蓋底外科の実施

先進的放射線・癌化学療法の実施
癌遺伝子の解析
拠点病院での標準手術の確立
超選択的動注化学療法を基盤とした新規の臓器温存治療
遺伝子治療の応用
オーダーメイド治療の確立