教授挨拶

はじめに

南野 徹
順天堂大学
大学院医学研究科
循環器内科教授
南野 徹

この度、順天堂大学大学院医学研究科循環器内科学教室を主宰することになりました南野 徹と申します。本講座は、昭和43年、内科の専門別化編成に伴い北村和夫教授の主宰でスタートし、その後、冠動脈造影法の草分けである山口洋教授のもと、虚血性心疾患の診断・治療の拠点として発展し、さらに代田浩之教授のもと、幅広い分野の先進的な循環器診療を行う診療科として発展してきました。今後もその伝統を継承しつつ、新しい風を取り入れながら、教室を発展させていきたいと考えています。
実は、私が医学を志した幼少の頃の夢は、家庭医となって地域住民の医療を支えることでした。しかし、大学病院や関連病院での研修・診療、国内外での医学研究、大学における医学部学生や研修医、大学院生に対する教育など様々な経験を経て、より多くの患者さんへの幅広い医療の実践や、新しい診断・治療法の開発に貢献したいと考えるようになりました。その夢を実現させるために、医学部の学生の能力を最大限に伸ばすことによって多くの優秀な人材を育成し、大学病院を中核とした医療を充実させ、革新的な医学研究を行うことによって、日本そして世界の医療に貢献するとともに、新たな医学の知見を世界に発信したいと考えております。

教育について

医学部・大学病院では,高いレベルの一般医療を行うことは勿論ですが、高度な先端医療の開発・実践とその基盤研究が必要となります。そのためには、優秀な循環器専門医の育成は勿論のこと、現在我々が行っている医療の未解決点を解く研究をデザインし、かつ新たな医療の発展に貢献できる「Physician Scientist」「Academic Physician」の育成も必要と考えます。しかしながら現在の研修医は、医療技術の習得のみを目標として、研修をとらえる傾向があります。私自身は医学部卒業後、大学での内科研修と関連病院で循環器研修・診療を行うことによって、幅広い分野の循環器内科学の医療技術を習得することができました。その過程において、臨床の現場からの問題提起型の医学研究を経験させていただく機会にも恵まれました。以上のような自分自身の経験から、医学部・大学病院と関連病院が一体となり、優秀な循環器内科専門医・「Physician Scientist」「Academic Physician」の育成を行っていくべきであると考えております。医療において「教科書を読み、ガイドラインをただ記憶し、学んだ医療技術を実践する」ことのみが重要なのではなく、医学部・大学病院で行われているような「教科書やガイドライン作成の根拠となる研究」や「次世代の医療開発」が、いかに社会的に重要であり、やりがいのあることであるかを理解できるような教育を行っていきたいと考えております。

診療について

臨床の高いActivityを維持するためには、やはり「豊富な症例数」と「高度な医療の実践」が重要です。今後、循環器内科では、積極的に救急症例を受け入れ、効率的な検査・治療計画によって短期間の入院で最大限の治療効果を得ることを目指します。一方、緊密な病診・病病連携を構築することで、増悪期の症例を大学病院が受け持ち、慢性期の安定した症例は地域の診療所・病院にお願いするといった、急性から慢性期へシームレスな医療形態の確立を目指します。 循環器内科の領域では、これまで様々なデバイスを用いた先進的な診断・治療法が開発されています。例えば当院でも、虚血性心疾患・不整脈疾患・心不全に対しては、それぞれ、血管形成術・ステント治療、アブレーション治療や植え込み型のデバイスを用いた治療、バルーン肺動脈形成術や経皮的中隔心筋焼灼術、弁膜症に対するカテーテル治療、再生・遺伝子治療や心臓再同期療法、補助人工心臓などが行われますが、最近それぞれの適応症例が増加していることから、大学病院が率先してこれらの治療・診断を実践し、適切な適応判断のもと、その普及に努めていく必要があると考えております。また、大学病院では、先進の画像診断機器が導入されておりますので、それらを用いた非侵襲的な循環器疾患の診断が可能となっております。今後はこれらの診断方法を大学病院の外来・入院診療だけでなく、広く一般病院の医療の場でも活用していただけるよう、普及に努めたいと考えております。
当院では、心臓血管外科チームとの連携を大切にしており、定期的な内科外科合同カンファレンスの開催はもちろんですが、緊急を要する症例についても密接な連携をとることで速やかな治療を行える体制を確立しています。また、重症心不全に対する治療も積極的に行う方針とし、多職種を巻き込んだハートチームを確立することで、患者教育を含めた心臓リハビリテーションプログラム、デバイスを用いた先進心不全治療や心臓移植、緩和ケアプログラムなどを推進することで、治療レベルの向上や入院期間の短縮をはかってきました。今後、患者層の超高齢化も予想されることから、これまで以上にハートチームの重要性が増してくることが予想されますので、低侵襲高度医療から緩和ケアに至るまで、キメの細かい医療の提供を行うことで、患者さんに優しい医療を目指して参りたいと考えております。また大学病院の使命として、一般病院では行うことができないような診断・治療法を開発・実践していくことも重要です。このような観点から、心血管系に対する再生治療の実践や次世代の循環器疾患治療としての「抗老化治療」の臨床応用も行なって参りたいと思います。

おわりに

循環器内科の領域では、疾患別に様々なデバイスを用いた特殊な診断・治療が発達してきました。そのため、多くの大学病院の循環器内科では、冠動脈疾患治療を中心としたグループや不整脈治療を中心としたグループ、心不全や画像診断を専門とするグループ、さらには特殊な先進医療を行うグループなどに分かれて診療・研究にあたっていることが少なくありません。このようにグループ別に診療を行うことは、ある分野のエキスパートを育成するためには有効ですが、全人的な医療や患者さんの立場に立った診療を実践するためには、障壁となりかねません。また研究面においても、それぞれのグループが別々に活動しているようでは、世界に発信できるような新たな知見の発見は困難であろうと考えます。そこで、それぞれのグループが診療・研究に対して「一流を目指す情熱」を持つこと、グループ間の交流を図るようなカンファレンスの機会を多く与えることによって、それぞれのグループの診療・研究をポジティブに評価し合い、互いに協力し合えるようにすること、さらにそのような「協力体制」を、医学部生やコメディカルを巻き込んだ大きなうねりとすることによって、「診療・研究に対する情熱」が教室全体に広がっていくような教室を目指していきたいと思います。また、活気のある教室を築き運営していくためには、私自身の「医療に対する信念や情熱」を教室員に伝えていくこと、それぞれの教室員の長所を見いだし、彼ら自身が情熱と誇りを持って仕事ができるような環境を整えることが重要であると考えます。さらに、すべての教室員が互いの能力を認め合い、私自身も教室員から多くのことを学んでいけるような循環器内科教室を創っていきたいと思います。
私は、「心血管系の老化と再生」の研究を留学中に開始しましたが、全く評価されることなく帰国したため、医学研究や医療に対する情熱を一時失いかけたことがありました。しかし、地域の関連病院の臨床の現場に戻って、当時「ステント治療が冠動脈疾患の予後を改善しない」などの現実を実感することによって、根本的な循環器疾患治療の開発に向けた情熱を取り戻すことができました。現在、日本の医療の現場では、経済的・社会的背景とも相まって、人間関係が希薄で医学研究や医療に対する情熱を失いかけている医師が増加しているように感じます。そこで、包括的な教育や先進的な医療、革新的な研究を行っていくことによって、多くの学生や研修医、シニア医師が有機的に集う魅力的な循環器内科教室を確立し、地域医療や先進医療、基礎研究などを含めて、自分で進むべき道をしっかり見極め、熱い志を持って邁進できる医師を育成していきたいと考えております。

順天堂大学大学院医学研究科 循環器内科
南野 徹

南野 徹