眼瞼下垂症の説明と治療・手術

眼瞼下垂症とは

物を見るときに、上まぶたが下垂していて黒目にかかることで上まぶたが開けづらくなる状態です。手術をするときには、眼瞼挙筋の機能を重視します。

先天性眼瞼下垂

生下時より認めます。ほとんどは、生まれつき眼瞼挙筋機能が不十分な場合です。
挙筋自体、もしくは挙筋を支配する神経に下垂の原因が考えられます。
たいてい、筋膜による吊り上げ術が適応となります。挙筋機能があると思われる場合は挙筋前転法を考慮します。

後天性眼瞼下垂

一般的に高齢者に多いです。目をよく擦ったり、長年コンタクトレンズを使用している場合に、挙筋腱膜が瞼板から外れて生じることが多いと考えられます。
挙筋前転法が適応となります。外傷・腫瘍などが原因となる場合もあります。

眼瞼下垂症の手術について

眼瞼下垂症の手術は大きく分けると以下のようになります。

皮膚切除

上まぶたの皮膚が弛緩していることで眼瞼下垂となっている場合は、皮膚を調整することで改善します。

挙筋前転法

眼瞼挙筋の腱膜が瞼板からはずれている場合、その機能が十分発揮できなくなります。
そのような場合に有効な手術方法が挙筋前転法です。皮膚が弛緩している場合は上まぶたの皮膚切除と組み合わせて行います。

筋膜による吊り上げ

眼瞼挙筋の腱膜が瞼板からはずれている場合、その機能が十分発揮できなくなります。
上まぶたを挙上するのに関係している筋肉には、眼瞼挙筋の他に前頭筋があります。
眼瞼挙筋の機能がほとんどなく、上眼瞼を開けられない場合に前頭筋の力を用いる手術方法があります。前腕の腱や大腿の筋膜を前頭筋と上まぶたの間に移植して、前頭筋の力を利用して上まぶたを挙上する方法です。

眼瞼下垂の手術のポイントについて図説します。

上眼瞼の模式図
上眼瞼の構造を模式図で示しました。

上眼瞼の模式図

挙筋収縮前

イメージ図:挙筋収縮前

挙筋が収縮すると瞼板を引き上げることで、上瞼板が開きます。ここでは挙筋の作用を図示しました。

挙筋収縮後

イメージ図:挙筋収縮後

眼瞼挙筋の力がきちんと瞼板に伝わっている場合は挙筋の収縮と共に皮膚も挙上されます。

(腱膜先端部は色を変えて強調しました)

挙筋収縮前
(瞼板から挙筋腱膜がはずれてしまっている)

イメージ図:挙筋収縮前(瞼板から挙筋腱膜がはずれてしまっている)

眼瞼挙筋腱膜が外れ、瞼板に挙筋の力が伝わらない場合は皮膚がうまく挙上されません

挙筋収縮後

イメージ図:挙筋収縮後

眼瞼挙筋は収縮するのだけれど、挙筋先端の腱膜部分が瞼板から外れていているために下垂がある場合は、眼瞼挙筋前転法が有効です。
この場合は挙筋腱膜を瞼板に縫合することで眼瞼下垂症の改善が得られます。

眼瞼挙筋の機能があまりない場合は、筋膜を移植して前頭筋の収縮を利用し上まぶたを挙上するようにする手術の適応となります。

右上眼瞼吊り上げ術前

イメージ図:右上眼瞼吊り上げ術前

右上眼瞼吊り上げ術後
(右の上眼瞼を眉毛の上の皮下に筋膜を介して吊り上げました)

イメージ図:右上眼瞼吊り上げ術後

吊り上げ前に比べて、前頭筋が頑張って上眼瞼を上方へ強く引かなくてすむようになるので眉毛が下がります。