研究

順天堂大学血液内科では、日々の診療で生まれる疑問をもとに、その疑問を解明するための研究を大切にしています。そして何より、より良い治療に繋げるための橋渡し研究(トランスレーショナルリサーチ)にとても力を入れています。研究対象としている疾患は白血病・悪性リンパ腫・骨髄異形成症候群・多発性骨髄腫・骨髄増殖性腫瘍など多岐にわたります。発症メカニズムの解明、新規ターゲットの同定、診断技術の改善、移植治療の向上を目指す研究、新規がん免疫療法の開発など、画期的な橋渡し研究を行い、その研究成果を治療へ還元することを念頭においた研究を積極的に展開しています。臨床系の研究室ならではの強みを生かし、基礎研究で得た知見を実際の治療開発につなげる橋渡し研究と、臨床検体を用いて得た結果を解析してより良い治療につなげる研究の双方を実践しています。

主な研究内容は,

  1. ウイルス関連リンパ腫における病態解明と新規治療法の開発
  2. 難治性血液腫瘍に対する新規がん免疫療法の研究開発
  3. 移植における免疫再構築の解析
  4. 骨髄増殖性腫瘍発症メカニズムの解明
  5. 血液疾患に対する遺伝子診断技術の開発とその臨床応用
  6. 慢性骨髄性白血病の早期診断法の確立と治癒を目指とした治療標的の探索
  7. 多発性骨髄腫の合併症に対する探索研究
  8. ALアミロイドーシスに対する新規治療の開発
など多岐に亘ります。国内外の多くの研究機関と提携しながら,研究成果を治療へ還元することを念頭においた実践的研究を展開しています。
詳しい内容はこちらをご覧ください。