患者さんを紹介してくださる先生方へ

血液内科は、急性・慢性白血病、悪性リンパ腫・多発性骨髄腫といった血液腫瘍、再生不良性貧血・溶血性貧血などの貧血症、特発性血小板減少性紫斑病などの血小板減少症、多血症・骨髄線維症などの骨髄増殖性腫瘍、そして血友病などの凝固異常症といった血液疾患の診療を行なっております。

  • 血算やγ-グロブリンの検査値異常
  • 遷延するリンパ節腫脹や脾腫を伴う不明熱
  • 急速に進行する出血傾向

など、血液疾患が疑われる患者さんがいらっしゃいましたら、どうぞ当科外来にご相談ください。

当科では、病理や臨床病理の先生方や検査機関と連携し、血液腫瘍においては最新の技術を駆使して診断に力を入れています。特に悪性リンパ腫は様々なタイプの病型に分類され疾患ごとに治療のスタンスが異なります。適切な診断をしたうえで、適切な治療を心がけております。
また、骨髄増殖性腫瘍(真性多血症、本態性血小板血症、骨髄線維症)については、近年その原因となる遺伝子異常が報告され、当科では臨床研究という形でこの遺伝子異常を血液検査で調べることが可能で、研究・治療とも特に力を入れている分野でもあります。

実際の治療は、治療方法とその効果、合併症、副作用について患者さんやご家族の方にわかりやすく十分お話しさせて頂いた上で決定していきます。血液内科診療は日進月歩です。急性前骨髄球性白血病に対するレチノイン酸や亜ヒ酸、フィラデルフィア染色体を持つ白血病に対するイマチニブやダサチニブ、B細胞性腫瘍に対するリツキシマブといったいわゆる分子標的治療による治療成績の向上もあり、今までの治療法の概念が急速に変化している領域もあります。治療の選択肢もますます増えてきており、その中から患者さんに適した最善の治療を選択すべく、国内外の最新の文献・報告で示されたエビデンスを参照し、現時点で最も安全で有効だと思われる治療法を提供させて頂いております。また、難治性疾患の治療法の一つに造血幹細胞移植がありますが、当科では骨髄移植、末梢血幹細胞移植に加え、臍帯血移植も行なっており、あらゆる移植医療を提供することが可能です。血液疾患の診断から移植を含めたすべての治療まで一貫して当科で診させていただいております。血液疾患というと難治性で、ご紹介いただいたあとの経過を心配される先生方もいらっしゃるかと思いますが、治療法も治療成績も日々進歩しております。病気の完治を目指せる患者さんには完治を目指した治療を、現時点で完治は難しいと思われる疾患・病態の患者さんにはQOLを重視した治療をと患者さんごとに最善の治療を提供してまいります。