CAR-T療法「キムリア」

CAR-T療法とは

キメラ抗原受容体T細胞療法はCAR-T療法と呼ばれ、患者さん自身の免疫細胞であるT細胞に遺伝子改変を行い、白血病細胞やリンパ腫細胞への攻撃力を高める治療法であり、「がん遺伝子治療」です。患者さんの血液からT細胞を取り出し、人工的に遺伝子を導入し、CARと呼ばれる特殊なたんぱく質を発現できるT細胞(CAR-T細胞)を作ります。CARは、腫瘍細胞表面に発現している抗原を特異的に認識することができ、CARを発現したCAR-T細胞は、体の中で腫瘍抗原を認識して活性化し、増殖します。活性化したCAR-T細胞は腫瘍細胞を強力に攻撃することができます。

キムリアとは

キムリアは、B細胞性白血病や悪性リンパ腫の細胞表面に発現している「CD19」と呼ばれる抗原を特異的に認識することができるCAR-T療法です。このCARが遺伝子導入されたキムリアはB細胞(白血病やリンパ腫細胞)を強力に攻撃することができます。このCAR-T細胞を体外で増やして患者さんの体内に戻せるように製造された製品がキムリアです。キムリアは治療の手立てのない再発難治性の白血病に9割もの寛解を得ることができる有望な治療です。

キムリア投与対象となる患者さん

  • CD19陽性B細胞性急性リンパ芽球性白血病
    キムリア投与時に25歳以下であり、以下のいずれかの場合であって、CD19抗原を標的としたCAR-T療法の治療歴がない患者さんは、キムリアで治療ができます。
    • 初発の患者で標準的な化学療法を2回以上施行したが寛解が得られない場合
    • 再発の患者では化学療法を1回以上施行したが寛解が得られない場合
    • 同種造血幹細胞移植の適応とならない又は同種造血幹細胞移植後に再発した場合
  • びまん性大細胞型B細胞リンパ腫
    以下のいずれかの場合であって、CD19抗原を標的としたCAR-T療法の治療歴がない、かつ、自家造血幹細胞移植の適応とならない又は自家造血幹細胞移植後に再発した患者さんはキムリアで治療ができます。
    • 初発の場合は化学療法を2回以上、再発の患者では再発後に化学療法を1回以上施行し、化学療法により完全奏効が得られなかった又は完全奏効が得られたが再発した場合
    • 濾胞性リンパ腫が形質転換した場合、通算2回以上の化学療法を施行し、形質転換後には化学療法を1回以上施行したが、形質転換後の化学療法により完全奏効が得られなかった又は完全奏効が得られたが再発した場合

キムリア治療の流れ

順天堂大学医学部附属順天堂医院は、「CAR-T(キムリア)療法」の提供可能施設として、2020年2月に施設認定されております。
CAR-T療法は、リンパ球採取(アフェレーシス)、ブリッジング治療、リンパ球除去療法、CAR-T(キムリア)輸注などの下記プロセスを患者さんごとに行います。

私たちから患者さんへのメッセージ

順天堂大学血液内科では、がん免疫療法であるCAR-T療法にとても力を入れております。2020年2月に施設認定された後には、既に多くの患者さんの治療を行ってまいりました。診療だけでなく、研究でも、遺伝子細胞療法で有名なベイラー医科大学Center for Cell and Gene Therapyに留学していた経験を生かし、より良いCART療法の実現を目指した活発な研究を行なっております。キムリアの治療を希望されている方は、まずはお気軽にご相談ください。 また、以下の関連リンクも是非参考にしてください。

関連リンク



主任教授 安藤美樹
血液内科/細胞療法・輸血学 担当教授 安藤純