入局をご検討いただいている先生方へ:
順天堂大学膠原病内科学講座ってどんな医局?

当科は1969年に日本で初めて「膠原病内科」を標榜し開講いたしました。 以来、この領域における本邦のフロントランナーとして多数の人材を輩出しながらリウマチ・膠原病の専門的な診察や研究に従事し続けております。 現在33名の日本リウマチ学会専門医、25名のリウマチ指導医、20名の総合内科専門医を含む58名の医局員が所属しており、加えて国内外を問わず臨床研修、 研究活動を希望なさる留学生の受け入れも積極的に行っております。以下に当科の強み、おススメするポイントについて列挙いたします;

医局員全員による親身な指導

医局員全員による親身な指導

当科では、知識や技術はもとより患者さんを全人的にサポートできる医師を育成していくことを目標としています。病棟診療においてはグループ制をとっており、専門研修においては経験豊富な専門医であるグループ長をはじめ、グループ員全員が親身に指導を行っております。さらに充実した卒後教育の一環として、同様に経験豊かな医局員によるクルズスも随時行われており、効率の良いスキルアップにつながっています。 また、学術面においても臨床、基礎を問わず多彩な研究を行っており、 これらの活動に参加することで臨床に卓越し、なおかつ学術的キャリアを積んだ膠原病内科医を育成することを目指しています。

豊富な症例数、多くの疾患が経験できる

当科では年間約600名の入院患者さんの加療にあたっており、外来においては月平均5500名に迫る患者さんの診療を継続的に行っております(実績の詳細はこのリンク https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/kogen/about/results/の通り)。 外来で拝見している患者さんの疾患内訳は以下の通りです:

外来で拝見している患者さんの疾患内訳

ご覧になります通り、当科では代表的な膠原病である関節リウマチはもちろん、それ以外の様々なバリエーションにとんだ膠原病を豊富に経験することが可能です。これは膠原病・リウマチ性疾患を診療している様々な病院の中においても特筆に値する当科の特徴です。 当科は特定機能病院である順天堂医院の難病診療の一翼を担う診療科として、全国からお出でになる様々な症状をお持ちの患者さんの診療にあたっております。他科で診断をつけることが困難な患者さんを診療する際には、膠原病のみならず様々な疾患を横断的に鑑別しなければならない場面も多々あり、まさにジェネラリストとしての対応力が培われます。また、当科の診療部門の一つである血漿交換療法室においても、 消化器内科、脳神経内科、腎臓内科、皮膚科、形成外科など院内ほぼすべての診療科の患者さんを間近で経験することが可能です。

本邦の膠原病リウマチ学における本学の位置づけ

当院は入院、外来ともに全身性自己免疫性疾患の診療経験において全国有数の診療レベルを維持しております。学術的には日本リウマチ学会、日本アフェレシス学会をはじめとした様々な学会の歴代大会長を当医局医師が務めており、関連各学会の年次学術大会への参加も医局として精力的に取り組んでおります。中でも日本リウマチ学会総会・学術集会には20本前後と数多くの演題発表を継続的に行っており、若手医師の学会発表には指導医が抄録作成からポスター・スライド作成まで直接手厚い指導を行っています。 さらに、当医局の医師はこれまでに発行された関節リウマチ診療ガイドライン、全身性エリテマトーデス診療ガイドライン、血管炎症候群の診療ガイドライン、膠原病に伴う間質性肺疾患診断・治療指針、リウマチ診療のための関節エコー評価ガイドラインを始めとして、現在作成がなされている強直性脊椎炎に代表される脊椎関節炎診療ガイドラインやアフェレシスガイドラインなど各分野における診療ガイドライン作成にも大きく貢献をしており、当科は本邦における膠原病診療のまさに最前線、橋頭堡として確かな位置を占めております。

多彩な研究内容、支援体制

多彩な研究内容、支援体制

日常臨床に即したClinical Questionから自己免疫疾患の深淵に迫らんとする基礎研究まで、当科では以下のような様々な研究を継続的に行っております。 指導医による的確なアドバイスや免疫学教室との有機的な連携よる手厚い支援体制により、皆さんの研究目標の確実な実現をバックアップします。 現在当科において行っている研究内容は以下の通りです:

  • (1)全身性エリテマトーデス(SLE)の病態の解明と新規治療の検討
    • SLEモデルマウスを用いたFcレセプターおよび自然免疫系の病因への関与の検討
    • SLEモデルマウスとヒトSLEにおけるTLR阻害治療効果の研究
    • ヒトSLEコホート研究(JUDE研究)からみた病態と予後に関する検討
    • ヒトSLEの病態と酸化ストレス反応の解析
    • SLEにおける新規自己抗体である抗AHNAK1抗体についての解析
    • 増殖性ループス腎炎と膜性ループス腎炎の発症機序における免疫学的違いの解析
    • 安定期全身性エリテマトーデス患者へのヒドロキシクロロキン追加投与効果の検討
  • (2)関節リウマチの炎症機序の解明と治療の検討
    • リウマチ性疾患におけるMucosal-associated invariant T(MAIT)細胞の機能解析
    • 生物学的製剤によるT細胞機能およびサイトカイン産生の変化に関する検討
    • リウマチ性疾患と腸内細菌叢の関連についての検討
    • 関節炎モデルラットを用いた血漿交換療法における効果の機序の解明
    • 関節炎モデルマウスを用いた自己免疫疾患の特異性を決める要因についての解析
  • (3)その他の膠原病の発症機序・病態の解明の検討
    • 原発性シェーグレン症候群における新規自己抗体である抗SSNA-1抗体産生機序の解明
    • 全身性強皮症における自己抗体と病態との関連の検討
    • 脊椎関節炎の遺伝要因と病態に関する解析
    • 膠原病の難治性病態に対する血漿交換の有用性およびmiRNAの関与についての検討
    • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染患者の末梢血単核球のサイトカイン産生メカニズムの解明、また膠原病の病態形成との関連性についての検討
    • 抗melanoma differentiation associated gene-5 (MDA5)抗体陽性間質性肺炎のモデルマウス創出および病態の解明

専門医、学位の取得とキャリアアップ

専門医、学位の取得とキャリアアップ

日本リウマチ学会指導医が数多く在籍する当科では、中堅医師においてはほぼ100%と高いリウマチ専門医取得率を誇ります。若手医師の皆さんがリウマチ専門医を取得するために必要な内科専門医試験、 J-OSLERへの症例登録につきましても、もちろん指導医ともども医局を挙げて手厚くフォロー、バックアップをいたします。 また、大学院への入学、研究へのチャレンジと学位の取得につきましても若手医師の皆さんの希望を最大限尊重しながら、 積極的に後押しをいたします。当科ではこれらの若手医師のキャリア形成を図ることを通じて、本邦のリウマチ学発展へ大きく貢献しています。

関節超音波

関節超音波

当科では日本リウマチ学会登録ソノグラファーが数多く在籍しております。毎週水曜日には関節超音波外来を設けて多くの患者さんに関節超音波検査を実施。 より実践的な研修を積むことが可能です。その数は年間1000件を超える程で、後期研修の先生方も「エコー/血漿交換ラウンド月間」を通じて積極的に技術の研鑽を積んでいます。

世界随一のアフェレシス症例数をもつ血漿交換療法室

世界随一のアフェレシス症例数をもつ血漿交換療法室

当科スタッフによる順天堂医院血漿交換療法室は、1984年にアフェレシス治療の専門部署として本邦においても一早く開設され、 以降累計75,000件におよぶ治療経験を積み重ねております。アフェレシスを施行する単独部署としては世界一の実績を誇っており、 やはりこの分野での臨床、研究においては学会の中でも主導的な役割を果たしています。血漿交換療法室においては、 入院、外来問わず消化器内科、脳神経内科、腎臓内科、皮膚科、形成外科など院内ほぼすべての診療科から年間1,500件~2,000件もの治療の依頼を間断なく頂いており、 ジェネラリストとして多彩な患者さんの診療に携わることができます。

風通しの良い医局、女性活躍

風通しの良い医局、女性活躍

順天堂の気風ともつながりますが、医局には学閥が全くといっていいほどありません。医局は順天堂大学をはじめ多くの大学出身者から形成されており (順天堂大学卒63%。他、旭川医科大学、金沢医科大学、杏林大学、埼玉医科大学、聖マリアンナ医科大学、東京医科大学、東京女子医科大学、 東邦大学、鳥取大学、獨協医科大学、日本大学、三重大学、山梨大学、和歌山県立医科大学など)、和気藹々とした仕事風景の中でも議論は闊達に行い、 締めるところは真面目に締める、といったような素晴らしい雰囲気が醸成されています。
女性医師は14名(24%)在籍しており、ご出産をなされた先生についても時短勤務をしながら常勤として膠原病・リウマチ診療に積極的に関わることができるなど、 確かなキャリア形成を図ることができるような体制づくりがなされております。

交通の便が大変よい

交通の便が大変よい
クリックすると別画面で表示されます

当医局は歴史ある文教の府である文京区本郷から御茶ノ水にかけて構えられており、丸の内、銀座、神田、秋葉原、新宿、池袋などTOKYOを満喫できる各スポットの至近に位置しております。 最寄り駅の御茶ノ水駅または本郷三丁目駅からは徒歩5分圏内であり、通勤、通学も楽々です。ご希望があれば職員用の駐車場も利用できます。

以上、当科のアピールポイントを列挙させていただきました。
まだまだ説明しきれない良い点も沢山ございます。入局説明会も同時にお聞き頂けますと幸甚です。
最後までお読みくださった先生方、ありがとうございます。ぜひ当科へのご入局をご検討ください。医局員一同いつでも大歓迎いたします。ともに膠原病・リウマチ内科学を発展させて参りましょう!

入局説明会は こちら をクリックしてください