転移性肺腫瘍

転移性肺腫瘍の手術方針

食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、乳がん、甲状腺がん、子宮がん、前立腺がん、腎がん、膀胱がん、喉頭がん、骨肉腫等ありとあらゆる種類の肺転移を対象にしている。少なくとも原発病巣が治っていることが条件。胸腔鏡下手術を原則とする。

以上の条件を満たせば、低侵襲な胸腔鏡手術を行う。以上の条件を満たさない場合は最小限度の開胸、肺切除とする。

転移性肺腫瘍CT画像
転移性肺腫瘍CT画像