低侵襲外科研修について

呼吸器系の低侵襲外科研修は呼吸器外科学研修の一環(一部)です。呼吸器外科領域では主に胸腔鏡を用いた手術が低侵襲外科の領域にはいりますが、現在ほとんどの手術で胸腔鏡を使用しています。従って低侵襲外科のみを別枠として研修するものではありません。

まず開胸下の呼吸器外科手術が完全にできること。その後、ここの実力に応じた教育プログラムを用意しています。
症例数が多く、疾患がバラエティに富んでいるので、早期に実践的実力がつきます。