診療科概要

当教室は、1969年5月に当時虎の門病院呼吸器科部長であった本間日臣教授が初代教授として、日本で初めて開設した日本で最も古い歴史を有する呼吸器内科専門教室です。その後、池本秀雄教授、吉良枝郎教授へと引き継がれ、1996年9月には現客員教授である福地義之助教授が主任教授として赴任し、また、2005年8月からは現教授である髙橋和久教授が主任教授として教室の運営にあたっております。

対象としている疾患は、呼吸器感染症(かぜ症候群、急性気管支炎、肺炎、誤嚥性肺炎、肺化膿症、肺結核等)、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)、アレルギー・免疫疾患(気管支喘息、好酸球関連肺疾患、膠原病合併肺疾患、サルコイドーシス等)、間質性肺疾患(間質性肺炎「肺線維症」、過敏性肺臓炎、塵肺等)、肺腫瘍(原発性肺がん、転移性肺がん、肺良性腫瘍、中皮腫等)、気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎、肺リンパ脈管筋腫症(LAM)、肺循環障害(肺血栓塞栓症、肺高血圧症、肺水腫等)、胸膜疾患(胸水、気胸等)、縦隔疾患(縦隔腫瘍等)、結核後遺症、慢性呼吸不全(在宅酸素療法等)、睡眠時無呼吸症候群、慢性咳嗽等多岐にわたります。

呼吸器専門医教育、育成、研究にも力を入れており、学内のカンファレンス(外科、病理、放射線科)、学内共同臨床研究(膠原病と間質性肺炎、肺がん化学療法臨床試験、嚥下障害の研究、呼吸リハビリテーション等)、他施設との臨床検討会でも指導的立場にあります。診断、治療では、外科、放射線科や各診療科との連携がスムーズに行われています。