入局・研修のご案内

教授挨拶

順天堂大学大学院医学研究科呼吸器内科学 教授 高橋 和久

高橋教授

呼吸器内科が最も大切にしていることは「教育」です。臨床と研究で社会に貢献し輝く人材を養成することを目標としています。一般的には、臨床、研究、教育が教室の3本柱と言われますが、当科では臨床、研究のまわりを教育が取り囲むイメージを大切にしています。なぜなら、臨床、研究ともに進化するためにはこれらを推進する人材が不可欠だからです。教育は、学生教育だけではありません。圧倒的な臨床力、研究力を持つ医師を養成できる教育力こそ、世の中が求める教室の使命と信じています。私は全力で教育力が備わった臨床と研究のプロフェッショナルを育てたいと考えています。呼吸器疾患は、肺がん、呼吸器感染症、慢性閉塞性肺疾患 (肺気腫、慢性気管支炎)、アレルギー・免疫疾患(気管支喘息、サルコイドーシス等)、間質性肺疾患、肺腫瘍、気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎、肺リンパ脈管筋腫症(LAM)、肺循環障害、胸膜疾患、結核後遺症、慢性呼吸不全、睡眠時無呼吸症候群、慢性咳嗽等多岐にわたります。その多くは難治性であり根治が困難な疾患ではあります。しかし逆の言い方をすれば、まだまだ診断も治療も不十分な領域であり、若者が努力をすることで世界をリードすることができるのです。研究の対象も山ほどあります。そうです。一番強調したいこと。それは君たちの力で難治性呼吸器疾患で苦しむ患者さんに笑顔をもたらすことができるということです。

順天堂大学呼吸器内科学講座は、1969年に日本で初めて開設された日本で最も古い歴史を有する呼吸器内科専門教室です。そのため、患者数は日本の大学病院のなかでも1,2位の数を誇り、多くの呼吸器疾患を経験することで比類のない臨床力をつけることができます。特に、肺がん、悪性胸膜中皮腫などの悪性腫瘍とLAMなどの希少呼吸器疾患は、症例数はもちろんのこと数多くの臨床試験、治験を行っており新しい治療法の開発に積極に関わっています。喘息症例も多く治験や気管支温熱療法などの先進的治療も行っています。専門領域ごとの指導者がおり、きめの細かい指導を受けることができます。大学院生も30名弱おり基礎研究で得たシーズを臨床の現場に導入すべく、学内外で質の高い研究を行っており、トップジャーナルの数多くの論文を発表しています。近年の日本呼吸器学会での発表数も日本一で、中でも英語発表数は圧倒的です。学外施設として、国立がん研究センター、癌研有明病院、東京大学、慶應義塾大学、理化学研究所などとの共同研究も盛んです。留学も多くの医局員が経験しています。希望があれば間違いなく留学が可能です。

後期研修医の多くは順天堂医院ならびに他の附属病院、関連施設で体系的な臨床トレーニングを積んだあと、ほとんど大学院に進学します。学位、専門医(呼吸器、アレルギー、感染症、がん薬物療法、気管支鏡、老年病専門医など)取得後、現在までに米国のハーバード大学をはじめ欧米の一流の施設に数多く留学をしています。

最後に当科の特徴を述べます。卒業大学関係なし、臨床と研究の垣根なし、皆教育大好き人間です。医局員の半分は順天堂大学以外の卒業生です。女性医師も25%います。私にとって医局員すべては大切な家族です。そしてその家族全員が役割を担っています。ひとりでも多くの若者が「家族」になってくれることを祈っています。がんばってください。