大学院研究について

呼吸管理(睡眠時無呼吸症候群、呼吸不全、呼吸生理)グループ研究テーマ

呼吸管理グループは小さな研究グループですが、学内の他学講座や学外施設との共同研究も積極的に行っています。また日々の患者診療に直結する分野であることから、より広く深い専門性を習得することを目的として、外部専門施設へ医局員を派遣し、積極的に学会にも参加し、診療スキルの向上を目指しながらの研究活動を行っています。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群に関与する病態として、肥満や骨格に影響による上気道の解剖学的な要因に加えて、上気道開大障害、覚醒閾値の低下、呼吸調節の不安定性(高ループゲイン)が知られています。また体重変化を伴わなくても加齢自体が閉塞性睡眠時無呼吸症候群の重症度を増悪させることも示唆されています。最近の臨床研究では、閉塞性睡眠時無呼吸症候群への長期的な標準治療である経鼻的持続陽圧呼吸が、呼吸調節の不安定性を改善し、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の自然経過にプラスの影響を生じ、重症度を軽減し得ることを報告しました。また閉塞性睡眠時無呼吸症候群を代表とする睡眠関連呼吸障害には、閉塞性睡眠時無呼吸症候群以外にも中枢性睡眠時無呼吸症候群や睡眠関連低換気症候群が含まれており、経皮二酸化炭素測定併用の終夜睡眠ポリグラフィー検査や換気応答検査を施行し、ひろく睡眠関連呼吸障害の評価を行っています。他大学との共同研究も継続中です。これまでの臨床研究では、閉塞型睡眠時無呼吸症候群を合併した慢性閉塞性肺疾患患者の終夜ポリソムノグラフィーの特徴の検討、核医学画像解析を用いた閉塞型睡眠時無呼吸症候群の治療前後における脳血流の変化なども研究してきています。これまでの基礎研研究では、睡眠時無呼吸症候群のモデル動物を用いて、睡眠時無呼吸症候群の認知症への影響、心血管系への影響を研究し、論文報告をしています。呼吸管理については、前向き研究としての実施は難しですが、先天性、後天性の様々な呼吸管理を必要とする慢性呼吸不全患者への診療のなかで直面している、呼吸管理の成人移行について、体制の確立を研究テーマとして取り組んでいます。

主たる研究成果

  • Ai Sugiyama, Satomi Shiota, et. al.The role of long-term Continuous Positive Airway Pressure in the progression of Obstructive Sleep Apnea: A longitudinal cohort study J Sleep Res. 2021
  • Naoko Sata, Ayako Inoshita, Shoko Suda, Satomi Shiota, et. al. Clinical, polysomnographic, and cephalometric features of obstructive sleep apnea with AHI over 100. Sleep Breath. 2020
  • Motoo Yamauchi, Hideaki Nakayama, Satomi Shiota, et al. Potential patient screening for late-onset Pompe disease in suspected sleep apnea: a rationale and study design for a Prospective Multicenter Observational Cohort Study in Japan (PSSAP-J Study). Sleep Breath. 2020
  • Sugiyama AI, Shiota S, et al. Sleep-related breathing disorders associated with the characteristics of underlying congenital rare diseases of Moebius syndrome and Poland syndrome. Respirol Case Rep. 2020
  • Yamaguchi Y, Shiota S, et.al. Polysomnographic features of low arousal threshold in overlap syndrome involving obstructive sleep apnea and chronic obstructive pulmonary disease. Sleep Breath. 2019
  • Takahashi K, et. al. Chronic intermittent hypoxia-mediated renal sympathetic nerve activation in hypertension and cardiovascular disease. Sci Rep. 2018
  • Shiota S, et. al. Effect of continuous positive airway pressure on regional cerebral blood flow during wakefulness in obstructive sleep apnea. Sleep Breath. 2014 
  • Shiota S, et. al. Chronic intermittent hypoxia/reoxygenation facilitate amyloid-β generation in mice. J Alzheimers Dis. J Alzheimers Dis. 2013