肝・胆・膵外科|順天堂医院 当科では主に成人の肝臓、胆道、膵臓の悪性疾患(肝臓がん、胆管がん、胆嚢がん、膵がん、十二指腸乳頭部がん、その他)や膵内分泌腫瘍や胆石症などの肝胆膵良性疾患や脾疾患の外科治療を行っています。 診療受付時間 外来担当医表 休診情報

メスの力で難治癌と闘う。

 私たちが専門とする、肝臓・胆道・膵臓の病気は、治療が難しいとされています。病気の悪性度が高い場合が多いこと、そして、手術自体が技術的に難しいためです。そんな難治癌に対し、我々は 外科医としてメスの力で闘う、ということを目標として掲げ、診療を行っています。

 抗癌剤の進歩によって、一昔前まで手の出せなかった進行癌でも、拡大手術を行うことで根治を目指すことが可能となってきました。全身治療が強化されたからこそ、手術の出番が増えてきたのです。私たちは、外科医としてそのニーズに対応できるよう、技術向上を目指して日々研鑽を積んでいます。
 また、良性、悪性度の低い疾患に対しては、積極的に低侵襲手術を行っています。ロボットを用いた膵臓手術を保険診療で行える日本でも数少ない施設のうちのひとつです。

 疾患に応じて、最適なタイミングで最適な治療が行えるよう、他科とも連携し、順天堂医院の総合力で診療いたします。

肝・胆・膵外科
トピックス