患者さんを紹介してくださる先生方へ

順天堂医院では、乳幼児から老年まで、あらゆる年齢層の患者さんの救急疾患の診療を各科24時間体制で行っています。地域医療連携室のみならず、専任医を「病・診連携」、「病・病連携」の窓口としてご利用頂ければ幸甚です。
救急搬送された患者さんや順天堂医院の外来に通院中の患者さんで、救急治療を必要と判断された方の初期診療に、救急専任医が各科の担当医と共に当たります。このほか、救急専任医は各診療科の医師、放射線部、臨床検査部、看護部、事務部(医事課入退院係と地域医療連携室)等の院内各部署の教職員と連携をとり、救急患者様の入院、他院への転送などにも積極的に関与しています。先生方にはこれからも救急科を利用して頂きたく、ご案内申しあげます。
しかしながら、本院は二次救急医療機関となりますので、患者さんの緊急度、重症度により、三次救急医療機関(救命救急センター)に搬送されることもありますので、予めご承知おきください。