井関教授

英文原著

  1. Iseki M, Okuno S, Tanabe Y, Mitsuhata H, Miyazaki T: Methicillin-resistant Staphylococcus aureus sepsis resulting from infection in paravertebral muscle after continuous epidural infusion for pain control in a patient with herpes zoster. Anesth Analg; 87: 116-118,1998.
  2. Ogawa T, Suzuki H, Shirotani M, Oseto K, Masuda Y, Okamoto K, Kawachi S, Iseki M, Tanabe Y, Miyazaki T: A randomized clinical trial of Sarpogrelate hydrochloride for neuropathic pain in patients with post-herpetic neuralgia and reflex dystrophy. The Pain Clinic; 11: 125-132,1998.
  3. Iseki M, Mitsuhata H, Tanabe Y, Miyazaki T: Idiopathic trigeminal neuralgia associated with a severe atypical facial pain exacerbated by hydrocephalus. Anesthesiology; 91: 1968, 1999.
  4. Iseki M, Hayashi K, Tominaga S, et al.: Transdiscal single-needle splanchnic nerve block is effective and safe for abdominal cancer pain. International symposium satellite of 9th congress of the pain clinic; 169-172, 2000.
  5. Iseki M, Hayashi K, Mitsuhata H, Miyazaki T: Peripheral nerve blocks with local anesthetics are effective for the treatment of idiopathic trigeminal neuralgia that is not alleviated with carbamazepine. The Pain Clinic; 14 153-157, 2002.
  6. Takano K, So M, Tatuzawa M, Iseki M, Suzuki T, Tomono K, Goto H, Miyazaki T.; Quantitative investigation of the effect of sensory nerve anesthesia with 9% lidocaine ointment on healthy by use of the neuroselective current perception threshold. J Pharm. Sci. Technol. Jpn; 62, 105-112, 2002.
  7. Iseki M, Sakamoto S, Shimizu E, Akiyama Y, Ishii K, Kida N, Miyazawa K, Tanabe Y, Miyazaki T.: Effectiveness of peripheral nerve blocks with 1% dibucaine for idiopathic trigeminal neuralgia not responsive to topical anesthetics at ordinary concentrations. PAIN RESERCH; 19: 17-21, 2004.
  8. Yamaguchi M, Kumano H, Yamauchi Y, Kadota Y, Iseki M: The development of a Japanese version of the short-form McGill Pain Questionnaire. JSPC14: 9-14, 2007.
  9. Iseki M, Morita Y, Ifuku M, Komatsu S. Efficacy of limited-duration spinal cord stimulation for subacute postherpetic neuralgia.Ann Acad Med Singapore.38: 1104-1106, 2009.
  10. Taketa Y, Niikura K, Kobayashi Y, Furuya M, Shimizu T, Narita M, Imai S, Kuzumaki N, Maitani Y, Yamazaki M, Inada E, Iseki M, Suzuki T, Narita M. Direct Evidence for the Ongoing Brain Activation by Enhanced Dynorphinergic System in the Spinal Cord under Inflammatory Noxious Stimuli. ANESTHESIOLOGY.112: 418-431, 2010.
  11. Niikura K, Furuya M, Narita M, Torigoe K, Kobayashi Y, Takemura Y, Yamazaki M, Horiuchi H, Enomoto T, Iseki M, Kinoshita H, Tomiyasu S, Imai S, Kuzumaki N, Suzuki T, Narita M.: Enhancement of glutamatergic transmission in the cingulate cortex in response to mild noxious stimuli under a neuropathic pain-like state. Synapse. 65: 424-32, 2011.
  12. Ifuku M, Iseki M, Hidaka I, Morita Y, Komatsu S, Inada E :Replacement of gabapentin with pregabalin in postherpetic neuralgia therapy.Pain Med.12:1112-6, 2011.
  13. Enomoto T, Yamashita A, Torigoe K, Horiuchi H, Hirayama S, Nakahara K, Yanase M, Sakai H, Ikegami D, Nagase H, Suzuki T, Iseki M, Inada E, Narita M. :Effects of mirtazapine on sleep disturbance under neuropathic pain-like state. Synapse. 2012;66(6):483-8.
  14. Morita Y, Iseki M, Ifuku M, Komatsu S, Okuda Y, Yonezawa I, Dohi T, Inada E. :Risk factors for persistent pain and disability in acute to subacute sciatica causedby lumbar disk herniation after epidural injections. Juntendo Medical Journal 58:231-237, 2012.
  15. Takada T, Yamashita A, Date A, Yanase M, Suhara Y, Hamada A, Sakai H, Ikegami D, Iseki M, Inada E, Narita M.: Changes in the circadian rhythm of mRNA expression for μ-opioid receptors in the periaqueductal grey under a neuropathic pain-like state. Synapse.67:216-223, 2013.
  16. Ifuku M, Iseki M, Hasegawa R, et al. The efficacy of lumbar sympathetic nerve block for neurogenic intermittent claudication in lum- bar spinal stenosis. Indian J Pain. 27:159-164,2013.
  17. Tsuji M, Yasuda T, Kaneto H, Matsuoka TA, Hirose T, Kawamori R, Iseki M, Shimomura I, Shibata M. Painful diabetic neuropathy in Japanese diabetic patients is common but underrecognized. Pain Res Treat. 2013; 2013: http://dx.doi.org/10.1155/2013/318352
  18. Odo M, Koh K, Takada T, Yamashita A, Narita M, Kuzumaki N, Ikegami D, Sakai H, Iseki M, Inada E, Narita M: Changes in the circadian rhythm of mRNA expression for µ-opioid receptors in the periaqueductal gray under a neuropathic pain-like state.Synaps.67:216-223, 2013.
  19. Koh K, Hamada A, Hamada Y, Yanase M, Sakaki M, Someya K, Narita M, Kuzumaki N, Ikegami D, Sakai H, Iseki M, Inada E, Narita M. Possible involvement of activated locus coeruleus-noradrenergic neurons in pain-related sleep disorders. Neurosci Lett. 589:200-206, 2014.
  20. Tsukada R, Iseki M. : Update on Yokukansan: The Latest Clinical Findings for Yokukansan Based on Its Pharmacological Effects: Yokukansan Update. Juntendo Igaku.60:552-558, 2014.
  21. Hang Liu, Takuji Yamaguchi, Kenji Ryotokuji, Satoru Otani2, Hiroyuki Kobayashi, Masako Iseki, Eichi Inada: The impact of chronic social stress on emotional behavior in mice and the therapeutic effect of peripheral mild-heat stimulation. Health, 7, 1294-1305, 2015.
  22. Ushida T, Shibata M, Kitahara M, Yabuki S, Sumitani M, Murakami T, Iseki M, Hosoi M, Shiokawa H, Tetsunaga T, Nishie H, Fukui S, Kawasaki M, Inoue S, Nishihara M, Aono S, Ikemoto T, Kawai T, Arai YC.The Effect of Guidance regarding Home Exercise and ADL on Adolescent Females Suffering from Adverse Effects after HPV Vaccination in Japanese Multidisciplinary Pain Centers. Pain Res Manag. 2016; 3689352.
  23. Hori N, Narita M, Yamashita A, Horiuchi H, Hamada Y, Kondo T, Watanabe M, Igarashi K, Kawata M, Shibasaki M, Yamazaki M, Kuzumaki N, Inada E, Ochiya T, Iseki M, Mori T, Narita M. Changes in the expression of IL-6-Mediated MicroRNAs in the dorsal root ganglion under neuropathic pain in mice.Synapse.: 70:317-324, 2016.
  24. Yamaguchi K, Kumakura S, Someya A, Iseki M, Inada E, Nagaoka I.: Anti inflammatory actions of gabapentin and pregabalin on the substance P induced mitogen activated protein kinase activation in U373 MG human glioblastoma astrocytoma cells. Mol Med Rep. 16: 6109-6115, 2017.
  25. Sugiyama Y, Iida H, Amaya F, Matsuo K, Matsuoka Y, Kojima K, Matsuno F, Hamaguchi T, Iseki M, Yamaguchi K, Takahashi Y, Hara A, Sugasawa Y, Kawamata M, Tanaka S, Inagaki Y, Otsuki A, Yamazaki M, Ito H.:Prevalence of chronic postsurgical pain after thoracotomy and total knee arthroplasty: a retrospective multicenter study in Japan (Japanese Study Group of Subacute Postoperative Pain). J Anesth.32 434-438,2018.
  26. Ishikawa R. Iseki M, Koga R, Inada E.: Investigation of the Correlation between Postherpetic Itch and Neuropathic Pain over Time. Pain Res Manag. https://doi.org/10.1155/2018/9305126,2018.

和文原著

  1. 津本雅子(旧姓)、藤瀬久美子、山岡久泰:ブピバカイン脊椎麻酔によりアナフィラキシー様反応を来した一症例. 日赤医学38: 179-180, 1887.
  2. 津本雅子、荒井俊之、野田淳子:小児Jackson-Rees回路における熱湿交換器Humid-Ventのガス交換に及ぼす影響と保湿効果. 臨床麻酔11: 539-540, 1987.
  3. 津本雅子、河本健、杉山博:結節性動脈周囲炎に対する鍼治療. 関西電力病院医学雑誌20: 9-11,1988.
  4. 津本雅子、河本健:Shy-Dragerの麻酔経験. 関西電力病院医学雑誌20: 13-15,1988.
  5. 井関雅子、弘田博子、野田久代、宮崎東洋:上下腹神経叢ブロック -効果不十分であった2例-. 慢性疼痛13: 41-44.1994.
  6. 井関雅子、奥野滋子、本山慶昌、三上久美子、河内卓、小山隆彦、内田健夫、野田久代、宮崎東洋:持続くも下モルヒネ投与による在宅管理となった1例. 在宅癌治療4: 29-34, 1994.
  7. 井関雅子、宮崎東洋:在宅がん性疼痛管理. -開業医に対するアンケート調査-. ペインクリニック15: 342-347, 1994.
  8. 田邊豊、奥野滋子、井関雅子、宮崎東洋:右上肢反射性交感神経性異栄養症患者に積極的な運動療法が有効であった1例. ペインクリニック16: 565-568, 1995.
  9. 井関雅子、内田千和、中村憲子、所司慎太郎、西村欣也、宮崎東洋、井上久:強直性脊椎炎由来の末梢関節炎に起因した下肢反射性交感神経性ジストロフィーの1症例. ペインクリニック17: 577-580, 1996.
  10. 田邊豊、井関雅子、半澤浩一、宮崎東洋、白井誠、新保松雄.反射性交感神経性ジストロフィに対する運動療法の経験. ペインクリニック17: 181-187, 1996.
  11. 井関雅子、宮崎東洋:在宅癌性疼痛管理の現状 -実施施設に対するアンケート調査-. ペインクリニック17: 33-38 1996.
  12. 蕨謙吾、井関雅子、菊地利浩、田邊豊、宮崎東洋:胸部大動脈瘤(Stanford A型)が疑われた星状神経節ブロック後縦隔血腫の1症例. ペインクリニック18: 116-118, 1997.
  13. 井関雅子、宮崎東洋:経椎間板的上下腹神経叢ブロックの手技と除痛効果. ペインクリニック18: 197-204, 1997.
  14. 田邉豊、岩本聡子、本山慶昌、井関雅子、宮崎東洋、新井一:硬膜外カテーテル自然抜去数日後に生じた歩行障害により判明した膿胸後リンパ腫. ペインクリニック18: 945ー948, 1997.
  15. 井関雅子、金井優典、内田千和、安部通、田邉豊、宮崎東洋:硬膜外カテーテルを1年間にわたり留置し得た1症例. ペインクリニック7: 993-994, 1997.
  16. 井関雅子、岩本聡子、金井優典、安部通、田邉豊、宮崎東洋:神経ブロック無効の変形性脊椎症に対する低周波治療器スーパートップラーVCF-464の効果. ペインクリニック6: 855-857, 1997.
  17. 井関雅子、宮崎東洋:治療困難な慢性会陰部痛の診かた -ペインクリニックの立場から-. ペインクリニック18: 1041-1048, 1997.
  18. 弘田博子、井関雅子、安部通、田邉豊、奥野滋子、宮崎東洋:ディスポーザブル携帯型持続注入器(シリンジ型およびバルーン型)の流量精度の検討. ペインクリニック19: 397-401, 1998
  19. 澤田宣子、宮崎東洋、井関雅子、田邉豊、本山慶昌、番場伸明:頚椎疾患として加療されていたPancoast tumorの3例. ペインクリニック19: 424-428, 1998.
  20. 井関雅子、野村まなみ、柳佳世、澤田宣子、田邉豊、宮崎東洋、鳥海栄子、吉野清高:リドカインクリームの塗布治療が奏功した遷延性術後痛の2症例。ペインクリニック19: 1173-1177, 1998.
  21. 井関雅子、宮崎東洋.:癌患者のQOL向上のための神経ブロックを主体とした疼痛緩和治療. ペインクリニック20: 491-496, 1999.
  22. 田邉豊、丸山智康、奥野滋子、井関雅子、弘田博子、宮崎東洋:電撃傷により左上肢のDeafferentation painおよび両下肢のCRPS type Ⅰを生じた症例. ペインクリニック20: 217-220, 1999.
  23. 番場伸明、田邉豊、井関雅子、宮崎東洋:CRPSに対する運動療法の有効性:第2報. ペインクリニック20別冊: S17-21,1999.
  24. 井関雅子、陳哲明、田中愛子、田邉豊、宮崎東洋:卵巣チョコレート嚢胞に対する経膣的エタノール固定術によりアルコール性神経炎を生じた1症例.ペインクリニック20: 1025-1028,1999
  25. 山口敬介、田邉豊、井関雅子、陳哲明、宮崎東洋:皮膚移植後の左手関節部痛の1症例. ペインクリニック20: 1216-1219, 1999.
  26. 田邉豊、田中愛子、吉川晶子、井関雅子、宮崎東洋、山川卓也:ウイルスの重複感染が疑われた4回再発した顔面神経麻痺の2症例. ペインクリニック21: 241-245, 2000.
  27. 野村まなみ、井関雅子、田邉豊、澤田宣子、宮崎東洋:硬膜外ブロック無効の腰椎椎間板ヘルニアに対する選択的神経根ブロックの効果. ペインクリニック21: 411-416, 2000.
  28. 田邉豊、遠田正治、弘田博子、柳佳世、井関雅子、宮崎東洋:ディスポーザブル持続注入器(シリンジ型とバネ式)の流量精度の検討. ペインクリニック21: 1052-1053, 2000.
  29. 井関雅子、光畑裕正、宮崎東洋、鳥海栄子、吉野清高:10%リドカインクリームの反復塗布による帯状疱疹の亜急性期痛と帯状疱疹後神経痛の改善. 麻酔49: 1204-1209, 2000.
  30. 田邉豊、井関雅子、宮崎東洋、田井重行:心因的要因が発症契機となった胸郭出口症候群. ペインクリニック22: 1422-1427, 2001.
  31. 井関雅子、宮崎東洋:神経ブロックが奏効した下肢血行障害. ペインクリニック23: 790-797, 2002.
  32. 田邊豊、宮澤一治、井関雅子、光畑裕正、宮崎東洋:三叉神経痛と群発頭痛を合併したと思われる2症例. 日本疼痛学会17: 69-73, 2002.
  33. 井関雅子、宮崎東洋:薬剤誤注による意識障害の1症例. ペインクリック23: 1073-1074, 2002.
  34. 岡崎敦、井関雅子、宮崎東洋:抜歯後のCRPSと誤診した上顎がんの1症例. ペインクリック23: 1077-1078, 2002.
  35. 田邊豊、石井康多、秋山泰子、加藤里佳、井関雅子、宮崎東洋:トリガーポイント注射におけるロピバカインと塩酸ジブカイン配合薬の比較. ペインクリニック24: 423-424, 2003.
  36. 田邊豊、弘田博子、秋山泰子、石井康多、木田直俊、宮澤一治、井関雅子、宮崎東洋:CRPSタイプ1患者における心理テストの検討. 慢性疼痛22: 99-103. 2003.
  37. 井関雅子、田部田英之、木田直俊、田邊豊、宮崎東洋:慢性疼痛に対するオピオイドの使用経験. ペインクリニック25. 448-454, 2004.
  38. 浅井剛、井関雅子、山口聖子、谷裕一郎、長根亜紀子、井澤里香、宮崎東洋、新井平伊:フェンタニルパッチ高用量貼付中に精神症状が出現した悪性軟部腫瘍患者の1症例.精神治療学.19: 1003-1010, 2004.
  39. 秋山泰子、石井康多、清水英史、宮澤一治、田邊豊、井関雅子、宮崎東洋:神経ブロック療法と9%リドカイン軟膏塗布と運動療法の併用により改善を認めた乳がん術後右上肢帯状疱疹痛の1症例. ペインクリニック25: 828-829, 2004.
  40. 井関雅子、中尾晃、三浦邦久、田邊豊、宮崎東洋:CRPSに対する交感神経ブロック治療- 有効性と多様性について- ペインクリニック26: 930-937, 2005.
  41. 井関雅子、三浦邦久、山口聖子、谷裕一郎、宮崎東洋: がん性疼痛患者に対して緩和ケアチームのケアが奏効した症例. 治療学39: 95-98, 2005.
  42. 井関雅子、中尾晃、井澤里香、宮崎東洋:日本ペインクリニック学会認定施設を対象としたインフォームド・コンセントとリスクマネージメントに関するアンケート調査 -神経ブロック治療を中心として-. ペインクリニック26: 481-449, 2005.
  43. 赤澤年正、高山美紀、井澤里香、秋山泰子、宮澤一治、田邊豊、井関雅子、宮崎東洋:再発性脳腫瘍による三叉・舌咽神経痛に対して神経ブロックが奏効した1症例. ペインクリニック26: 1255-1257, 2005.
  44. 井澤里香、阪本一朗、井垣通人、鈴木敦、清水英史、木田直俊、田邊豊、井関雅子、宮崎東洋:家庭用熱医療機器試験品(PCH-SS)による蒸気温熱適用の慢性腰痛症に及ぼす効果. ペインクリニック26: 1128-1132, 2005.
  45. 宗村盛、高野賢児、立沢正臣、井関雅子、宮崎東洋、伊藤澄信:健常人におけるリポソーム化した4%リドカインクリームの神経選択的電流閾値を用いた近く神経麻酔効果の検討. 麻酔54: 1348-1355, 2005.
  46. 山崎一、秋山泰子、飯塚貴子、清水英史、田邊豊、井関雅子、宮崎東洋:下顎神経ブロック直後に開眼困難・四肢運動障害を呈した一症例. 慢性疼痛24: 97-99, 2005.
  47. 秋山泰子、木村光利、富士英清、田中規弘、佐藤広隆、清水英、木田直俊、井関雅子、宮崎東洋:オクチルフタリドと人工炭酸泉の併用入浴剤の慢性腰痛症に及ぼす効果.ペインクリニック27: 73-78, 2006.
  48. 天保英明、仙道由香、谷裕一郎、山口聖子、井関雅子、新井平伊: 緩和ケア医療における否認の問題 -3症例を通じて-. 心身医46: 155-159. 2006.
  49. 山口聖子、井関雅子、他:大学病院における医師と看護師の緩和医療に対する意識調査. 順天堂大学医療看護学部医療看護研究 第2巻1号: 82-88,2006.
  50. 田邊豊、木村信康、木田直俊、中尾晃、宮澤一治、井関雅子、宮崎東洋:電極の逆行性挿入による脊髄電気刺激法が有効であった難治性下肢痛. 麻酔55: 732-734, 2006.
  51. 田邊豊、秋山泰子、中尾晃、井関雅子、宮崎東洋:異なる種類の局所麻酔薬が星状神経節ブロックによる徴候の出現時間に及ぼす影響. ペインクリニック27: 611-618, 2006.
  52. 田中純哉、田邊豊、木田直俊、井関雅子、弘田博子、宮崎東洋:リン酸コデイン当与により薬物乱用頭痛が疑われた難治性頭痛. ペインクリニック27: 894-897, 2006.
  53. 秋山泰子、井関雅子、井澤里香、石井康多、宮崎東洋、山口聖子、谷裕一郎:モルヒネ製剤からフェンタニル貼付剤(デユロテップパッチ)へのオピオイドローテーションにおける検討. 麻酔:56, 317-323,2007.
  54. 井関雅子、中村吉孝、木村信康、木田直俊、立沢正臣、見田真名美:慢性難治性疼痛に対するオピオイドの有用性の検討 -当科におけるオピオイド使用の取り組み-.ペインクリニック.28, 355-365,2007.
  55. 中尾晃、井垣通人、刀寛将、大橋一男、田中孝典、井関雅子、宮崎東洋.家庭用温熱医療機器試験品(PCH=SSR)の肩凝り、頚の凝り、腰痛症状に対する治療効果.ペインクリニック29:367-371,2008.
  56. 田島圭子、井関雅子、稲田英一、宮崎東洋:帯状疱疹痛に対する早期神経ブロックの有用性と予後因子の検討.麻酔.58:153-159,2009.
  57. 中尾晃、森田善仁、井関雅子:亜急性期の帯状疱疹痛に対しPain Visionを用いて評価した1症例.ペインクリニック.30:529-531,2009.
  58. 井福正貴、井関雅子:後頭部通における天柱ブロックの有効性とその評価.日本頭痛学会誌.36:244-247,2010.
  59. 森田善仁、井福正貴、小松修治、檜高育宏、土肥徳秀、井関雅子:痛みによる睡眠障害質問票の開発のための前研究.慢性疼痛29:41-46,2010.
  60. 宮崎東洋、並木昭義、小川節郎、北島敏光、増田豊、巌康秀、内田英二、井関雅子、的場元弘、橋爪隆弘:がん疼痛に対するHFT-290の第III相臨床試験 -用量換算検証試験-.臨床医薬26:649-660,2010.
  61. 内田英二、宮崎東洋、並木昭義、小川節郎、北島敏光、増田豊、巌康秀、井関雅子、的場元弘、橋爪隆弘、鈴木克巳:フェンタニルクエン酸塩含有経皮吸収型製剤(HFT-290)のがん疼痛患者における薬物動態の検討 臨床医薬26:335-351,2010.
  62. 宮崎東洋、並木昭義、小川節郎、北島敏光、増田豊、巌康秀、内田英二、井関雅子、的場元弘、橋爪隆弘:がん疼痛に対する1日1回貼付のフェンタニルクエン酸塩経皮吸収製剤の第II相臨床試験.がんと化学療法.37:1747-1752,2010.
  63. 井福正貴、井関雅子、木田直俊、中村俊康、森田善仁:神経縫合術により脊髄電気刺激における刺激感覚脱失現象が改善したCRPS type IIの症例. ペインクリニック. 31:1665-1669, 2010.
  64. 井福正貴、井関雅子、稲田英一、他:上肢の複合性局所疼痛症候群の治療の満足度.ペインクリニック学会誌.18:9-14,2011.
  65. 高橋良佳、井福正貴、榎本達也、弘田博子、井関雅子:腰椎手術後に再び腰椎疾患に罹患した患者に対する神経ブロック療法の検討.ペインクリニック.33:1585-1589,2012.
  66. 小川節郎、井関雅子、菊地臣一:わが国における慢性疼痛および神経障害性疼痛に関する大規模実態調査. 臨床整形外科. 47:565-574, 2012.
  67. 森田善仁、井関雅子、井福正貴、小松修治、檜高育宏、土肥徳秀、稲田英一.疼痛関連睡眠障害質問票Pain Sleep 20の開発. 麻酔.61:130-137, 2012.
  68. 平野 敦子, 井関 雅子, 森田 善仁, 井福 正貴, 小松 修治, 稲田 英一: 初診時問診票から得られる痛みと睡眠障害との関係について. 日本ペインクリニック学会誌.20: 87-92,2013.
  69. 森田善仁 原厚子 山口敬介 山本宗孝 大石英則 井関 雅子 稲田英一: 超音波ガイド下頸動脈洞神経ブロックを用いて管理した二期的頸動脈ステント留置術の1症例. 麻酔.62:613-618, 2013.
  70. 小松 修治, 井関 雅子, 森田 善仁, 井福 正貴, 稲田 英一: 坐骨神経痛の治療中に悪性腸腰筋症候群と診断された1症例. 麻酔.62: 863-866, 2013.
  71. 井福 正貴, 井関 雅子, 長谷川 理恵, 榎本 達也, 林 督人, 斉藤 理恵, 稲田 英一: 従来法と抵抗消失法での腰部神経根ブロックにより生じた神経穿刺後痛の比較. ペインクリニック. 34: 393-398, 2013.
  72. 齋藤理恵,木村 信康, 井関 雅子, 増田 豊, 宮崎 東洋:第1仙骨神経(S1)の走行と後仙骨孔の位置についての検討 S1神経根ブロックの1指標として.ペインクリニック.35:1201-1207, 2014.
  73. 小松 修治, 井関 雅子, 森田 善仁, 井福 正貴, 込山 悦子, 飯田 秀雄, 紺田 衣里, 池田 志斈, 稲田 英一:ペインクリニックにおける急性・亜急性帯状疱疹患者の実態および治療への期待度調査-皮膚科単独治療群との比較-. ペインクリニック35:489-496, 2014.
  74. 小川節郎,内田英二,紺野慎一 ,井関雅子 , 山口重樹,肥後成人,南秀尚,大川宏司,大高邦章: HFT-290の非がん性慢性疼痛を対象とした長期投与試験. 臨床医薬.30:11271-1143,2014.
  75. 小川節郎,内田英二,紺野慎一 ,井関雅子 , 山口重樹,肥後成人,南秀尚,大川宏司,大高邦章: HFT-290の帯状疱疹後神経痛、慢性腰痛および変形性関節症を対象としたランダム化二重盲検試験.臨床医薬.30:1111-1126,2014.
  76. 杉田萌,長谷川理恵,会田記章,勝田陽介,齋藤理恵,高橋良佳,榎本達也,井関雅子. Limited duration-SCSの効果が一時的であり運動療法の継続が有効であったCRPS様帯状疱疹痛の1症例. 慢性疼痛.33:153-157, 2014.
  77. 長谷川理恵,井関雅子,半澤浩一,森田善仁,田部田英之,榎本達也,齋藤理恵,高橋良佳,山口敬介,米澤郁穂,稲田英一: 腰部神経根症のpainDETECT Questionnaireによる病態分類と神経根ブロックの短期有効性の検討. 日本ペインクリニック学会誌.22:27-32, 2015.
  78. 井関雅子:慢性痛の心理アセスメント 私の診療現場から 家事労働と家庭生活の主婦ストレスに対する支持的カウンセリングの有用性 腰椎術後慢性会陰部臀部痛の1症例.ペインクリニック.36:87-95,2015.
  79. 齋藤理恵 井関雅子 長谷川理恵 榎本 達也 高橋 良佳 山口 敬介 稲田 英一:帯状疱疹関連痛は早期から神経障害痛要素が多いことが予想された「神経障害性疼痛スクリーニング質問票」による検討.ペインクリニック.36: 647-653,2015.
  80. 大石理江子 石川理恵 高橋良佳 古賀理恵 半澤浩一 井関雅子:心理的要因がVisual Analog Scale と痛み度の値に与える影響について.ペインクリニック.36:1341-1356, 2015.
  81. 石川理恵 井関雅子 古賀理恵:頭痛の急性増悪で小脳腫瘍が見つかった1例.ペインクリニック.37:639-644,2016.
  82. 高橋良佳 河合愛子 菊池暢子、千葉聡子、井関雅子:3DCTが病態把握に有用であった2症例.ペインクリニック.37:490-501, 2016.
  83. 石川理恵 井関雅子 古賀理恵 山口敬介 稲田英一:急性期から疼痛専門医による治療を受けた帯状疱疹痛患者の神経障害性疼痛にみられる要素の検討.PAIN RESEARCH 3:156-165, 2016.
  84. 榎本達也 杉田萌 勝田陽介 保利直助 洪景都 斎藤理恵 長谷川理恵 高橋良佳 菅澤佑介 山口敬介 井関雅子 稲田英一.慢性痛患者の特性は抗うつ薬デュロキセチンの治療効果を予測できるか?麻酔.65:1005-1008, 2016.
  85. 菊池暢子 中村亮太 陳鉄明 井関雅子 河合愛子 玉川隆生 高橋良佳 千葉聡子: 胸部帯状疱疹に水痘-帯状疱疹ウィルスによる脊髄炎を合併した1症例. ペインクリニック.10:1303-1306, 2016.
  86. 河合愛子 篠原仁 玉川隆生 千葉聡子 菊池暢子 原厚子 井関雅子:ペインクリニックで発見した腰仙椎の神経鞘腫2症例.:ペインクリニック.38:1327-1339, 2017.
  87. 菊池暢子 井関雅子 千葉聡子 原厚子 山口敬介:脊髄終糸線維脂肪腫に起因すると考えられた足趾のしびれと疼痛の1症例.日本臨床麻酔学会誌.744-747, 2018.
  88. 石井智子 千葉聡子 玉川隆生 河合愛子 濱岡早枝子 井関雅子.:特発性脳脊髄液漏出症に対し症状軽快のために3回の自家血硬膜外注入療法を要した症例. ペインクリニック.39:9.1201-1204,2018.
  89. 工藤治 菅澤祐介 井関雅子 玉川隆生 千葉聡子 林田真和:悪心・嘔吐対策のドロペリドールとせん妄・不穏に対するハロペリドールの投与により術後悪性症候群を呈した1症例.麻酔.67:647-650,2018.

英文総説

  1. Miyazaki T, Tanabe Y, Iseki M,: Treatment and recent topics of postherpetic neuralgia. JMAJ48: 505-510, 2005.

和文総説

  1. 井関雅子、宮崎東洋:メシル酸ジヒドロエルゴタミン(ジヒデルゴット). ). ペインクリニック.14: 301-302, 1993.
  2. 井関雅子、宮崎東洋:メシル酸ジヒドロエルゴタミン(ジヒデルゴット). ペインクリニック14: 301-302, 1993.
  3. 井関雅子、宮崎東洋:経椎間板上下腹神経叢ブロック. ペインクリニック14: 741-745, 1993.
  4. 井関雅子:がん性疼痛管理における神経ブロックの有用性はなんですか. 治療75: 1391-1392, 1993.
  5. 井関雅子、宮崎東洋:癌性疼痛管理 -ペインクリニックの立場より-. 順天堂医学42: 327-336, 1996.
  6. 井関雅子、宮崎東洋:アルプロスタジルアルファデックス(注射用プロスタグランデイン). ペインクリニック17: 933-935, 1993.
  7. 井関雅子、宮崎東洋:塩酸クロミプラミン(アナフラニール). ペインクリニック18: 1151-1153, 1997.
  8. 井関雅子、宮崎東洋:顔面痛. 臨床と薬物治療: 16, 886-889, 1997.
  9. 井関雅子、宮崎東洋:5HT2-like受容体作動薬・スマトリプタンによる痛みの治療. ペインクリニック:19 1136-1143,1998.
  10. 井関雅子、宮崎東洋:頭痛治療薬の副作用. ペインクリニック20; 367-374, 1999.
  11. 宮崎東洋、番場伸明、田邉豊、井関雅子、光畑裕正:痛みの診断に関する機器 -Current Perception Thresholdを中心に-. ペインクリニック20別冊: S81-86, 1999.
  12. 井関雅子、宮崎東洋:上下腹神経叢ブロック. ペインクリニック20別冊: S269-274, 1999.
  13. 井関雅子、宮崎東洋:薬物療法の副作用と対策.ペインクリニック別冊21: S207-217, 2000.
  14. 堅島しのぶ、井関雅子、宮崎東洋:ミソプロストール(サイトテック).ペインクリニック21: 909-911, 2000.
  15. 井関雅子、宮崎東洋:単純X-Pから得られる情報. ペインクリニック 22: 835-844, 2001.
  16. 井関雅子、宮崎東洋:ニューロメーター. 医工学治療13: 49-52, 2001.
  17. 井関雅子、宮崎東洋:神経ブロック療法-局所麻酔薬による三叉神経末梢枝の反復ブロック. ペインクリニック22: 1060-1065, 2001.
  18. 井関雅子、宮崎東洋:最新がん患者のマネージメント -痛みの神経ブロック療法:交感神経ブロック. 看護技術48: 112-114, 2002.
  19. 柳佳世、井関雅子、宮崎東洋:猪苓湯. ペインクリニック23: 1553-1555, 2002.
  20. 井関雅子、山口聖子、浅井清剛、宮崎東洋:モルヒネの副作用対策 -呼吸抑制、掻痒感、口渇. 総合臨床52: 2428-2432, 2003.
  21. 井関雅子、宮崎東洋:幻肢痛の薬物療法. ペインクリニック25: 299-308, 2004.
  22. 井関雅子、宮崎東洋: 癌性疼痛と神経ブロック.直腸癌術後の局所再発による癌性疼痛に対する上下腹神経叢ブロック. LISA11: 378-384, 2004.
  23. 井関雅子、宮崎東洋:ペインクリニック医が携わる肩・上肢痛の治療. 医学のあゆみ211: 500-504, 2004.
  24. 井関雅子、宮崎東洋:幻肢痛について. -症例とQ&Aで学がんの痛みの対応-. 今日の治療12: 99-101, 2004.
  25. 井関雅子:フルルビプロフェンアキセチル. ペインクリニック別冊26: S223-232, 2005.
  26. 井関雅子、宮崎東洋:ペインクリニックで扱う疾患:診断と治療 -頭痛、顔面痛、口腔痛. カレントセラピー23: 24-29, 2005.
  27. 井関雅子、宮崎東洋:痛みに関連するステロイド薬. ペインクリニック26: 1685-1694, 2005.
  28. 白浜美緒、井関雅子、宮崎東洋:アンドロン酸ナトリウム(フォサマック).ペインクリニック26: 1421-1423, 2005.
  29. 井関雅子、三浦邦久、中尾晃、宮崎東洋:がん性疼痛の薬物療法 -オピオイドの副作用とその対策-. ペインクリニック27:101-111, 2006.
  30. 井関雅子:知っておきたい頻用薬の上手な使い方.オピオイド鎮痛薬. 日本医事新報4294: 44-45, 2006.
  31. 井関雅子:未成年者を対象としたペインクリニックの治療. ペインクリニック27: 1110-1112, 2006.
  32. 井関雅子:緩和医療の最前線 2) 新しい鎮痛補助薬の有効性と今後の展望 -プレガバリンを中心に-. ペインクリニック27: 980-988, 2006.
  33. 井関雅子:がん性疼痛管理とオピオイドの使用.新医療11月号: 108-111, 2006.
  34. 三浦邦久、井関雅子、稲田英一、宮崎東洋:カマ(酸化マグネシウム) . ペインクリニック27: 1038-1040, 2006.
  35. 井関雅子:神経因性疼痛の治療:現状と未来(その2)癌性疼痛の評価法と治療計画. LISA13: 968-971, 2006.
  36. 井澤里香、井関雅子:III. 交感神経ブロック. 8. 局所静脈内交感神経ブロック. ペインクリニック27(別冊): S586-690, 2006.
  37. 井関雅子:III. 交感神経ブロック. 6. 上下腹神経叢ブロック. ペインクリニック27(別冊): S571-577, 2006.
  38. 井関雅子、中村吉孝、森田善仁:疼痛治療薬の臨床現状と今後の治療薬に期待すること. 日薬理誌128: 326-329, 2006.
  39. 秋山泰子、井関雅子:拮抗性麻薬を活用する(ドラッグセミナー).痛みと臨床7:72-77, 2007.
  40. 井関雅子:慢性疼痛に対するオピオイドの有用性.慢性疼痛26:113-118,2007.
  41. 井関雅子、井澤里香:緩和医療を考える -大学病院におけるかんわケアチーム活動のやりがいと苦労話.LISA 14: 252-254, 2007.
  42. 秋山泰子、井関雅子:側頭部の頭痛.特集 -片頭痛だけが頭痛じゃない.JIM.17: 484-487, 2007.
  43. 井関雅子:星状神経節ブロック活用に向けて -Narrative 治療としての星状神経節ブロック.ペインクリニック28: 506-513, 2007.
  44. 森田善仁、井関雅子:肩凝りに対するペインクリニックでの治療の現状.ペインクリニック28.188-198,2007.
  45. 井関雅子:がん性疼痛対策. 血液・腫瘍科.55: 259-265, 2007.
  46. 井関雅子:鎮痛薬の鎮痛効果を高める鎮痛補助薬.抗てんかん薬.緩和医療学.10:14-22, 2008.
  47. 井関雅子、井澤里香、三浦邦久、中尾晃:大学病院における緩和ケア -当院緩和ケアチームでの麻酔科ペインクリニック医の活動と今後の方向性-. ペインクリニック29:58-66,2008.
  48. 井関雅子:神経ブロック,ボツリヌストキシンによる頭痛治療.小児内科.40:817-819,2008.
  49. 森田善仁、井関雅子:求心路遮断痛の治療. -求心路遮断痛に対する神経ブロック療法の有効性の検討-.ペインクリニック29:S235-244, 2008.
  50. 武田泰子、井関雅子:慢性疼痛に対するオピオイドの有用性.総合臨床57.2553-2551,2008.
  51. 井関雅子: 医療係争事例から学ぶ27.坐骨神経痛の神経根ブロック経過中多臓器不全.日本医師会雑誌137:1472-1473,2008.
  52. 井関雅子、榎本達也、武田泰子:非がん性疼痛へのオピオイド投与の効果.月刊薬事.50,1971-1922, 2008.
  53. 井関雅子:鎮痛補助薬の適応と使用法.特集 -難治性疼痛患者への治療と対処-.麻酔.1359-1370, 2008.
  54. 井関雅子:知覚電流閾値測定装置 NeurometerTM. -特集:痛み診療に用いられる検査機器I.ペインクリニック29:1589-1598,2008.
  55. 有田英子、井関雅子、佐伯茂、加藤実、表圭一、小川節郎、並木昭義、花岡一雄:痛みの客観的測定法:Pain Vision.ペインクリニック.29:115-122,2008.
  56. 井関雅子:鎮痛補助薬の最新ストラテジー.日本緩和医療薬学会誌.1:75-82, 2009.
  57. 井関雅子:難治世腰痛に対する集学的アプローチ -ペインクリニックの立場から-. 臨床整形外科.60:1333-1338, 2009.
  58. 井関雅子、井福正貴、森田善仁 他:神経ブロックと麻酔科医/神経ブロック治療に対するアンケート調査についての検討.日本臨床麻酔学会誌.P110-119, 2009.
  59. 竹内泰子、冨永さおり、村山哲史、柳原ゆき、原田好子、佐藤邦義、井関雅子、佐瀬一洋:患者のレスキュー自己管理に踏み出せない.月刊薬事.51:39-43,2009.
  60. 井関雅子、井福正貴:神経障害性疼痛 -神経ブロック治療-.Clinical Neuroscience.27: 564-567,2009.
  61. 井関雅子:痛みの臨床9.痛みの鎮痛補助薬.:日本医師会雑誌.138:964-965, 2009.
  62. 井関雅子、武田昌子:特集 -痛みと遺伝子多型:遺伝子多型と神経障害性疼痛.麻酔.58:1112-1129, 2009.
  63. 山口敬介、井関雅子:術後疼痛管理はいかに行うか? -脳外科手術のCotroversies.-LISA7:620-642,2009.
  64. 武田泰子、井関雅子:鎮痛補助薬による神経障害性疼痛の治療新事情 -抗うつ薬を中心に-.BRAIN MEDICAL.69-74,2009.
  65. 井関雅子、吉川晶子、弘田博子:痛みの評価 -主観的および客観的方法-.麻酔科学レクチャー.1:525-530,2009.
  66. 的場元弘、小川節郎、井関雅子:新しいフェンタニルクエン酸塩経皮吸収製剤の臨床的有用性.Pharma Medica.29:126-130,2010.
  67. 檜高育宏、井関雅子、稲田英一:帯状疱疹後神経痛 4)神経ブロック療法.皮膚科の臨床52:1732-1736,2010.
  68. 井福正貴、井関雅子:ペインクリニックにおける頭痛関連疾患への取り組み. ペインクリニック.31:427-435, 2010.
  69. 奥津輝男、井関雅子:病態別鎮痛法 転移性骨腫瘍による疼痛に対する鎮痛法. ペインクリニック別冊.31:167-178, 2010.
  70. 井関雅子、狩野博史、長谷川理恵、佐瀬一洋:リドカインクリーム・軟膏(院内製剤). ペインクリニック.32:1405-1408, 2010.
  71. 武田泰子、井関雅子:慢性関節リウマチ -緩解をめざす治療の新時代-.日本臨床68:455-459,3010.
  72. 井関雅子:非がん慢性の痛みへのオピオイド治療.ペインクリニック.31:S307-313,2010.
  73. 山口敬介、井関雅子:各科領域・疾患における診断と治療、予防のコツとポイント 睡眠障害を見逃さないために 麻酔科・ペインクリニック領域における睡眠障害. Progress in Medecine. 30:1583-1586, 2010.
  74. 榎本達也、高田朋彦、月山淑、鈴木勉、成田年、井関雅子:がん性疼痛に対する神経ブロックの役割.日本緩和医療薬学会. 3:67-72, 2010.
  75. 井関雅子:最近の潮流 非がん疼痛に対する診断と評価.東京都医師会雑誌.64:42-48, 2011.
  76. 檜高育宏、井関雅子、馬場喜弓:各施設の慢性疼痛に対するオピオイドの使用戦略 順天堂大学医学部附属順天堂医院 順天堂医院におけるオピオイド治療の考え方と現状. ペインクリニック. 32:356-366, 2011.
  77. 井関雅子、塚田里香、石井康多:がん疼痛と痛みの評価-4.痛みの性質 -マギル質問票と谷田部-Guilford性格検査-.麻酔. 60:1064-1072,2011.
  78. 井関雅子:痛みをモニターする-機器による痛みのモニター.1.電流知覚閾値測定器 -ニューロメーター-.ペインクリニック.32:1007-1015,2011.
  79. 井関雅子:X線透視下神経ブロック 脳神経・交感神経に関連して. 上下腹神経叢ブロック. ペインクリニック.32:67-76, 2011.
  80. 井関雅子:神経ブロックを極める -脳神経および交感神経に関連して- 7.上下腹神経叢ブロック-.ペインクリニック.32:S181-187, 2011.
  81. 井関雅子:神経ブロックを極める -脳神経および交感神経に関連して- 6.下腸間膜動脈神経叢ブロック-.ペインクリニック.32: S167-S172, 2011.
  82. 榎本達也、井関雅子:神経ブロックによる治療法 神経ブロックの適応疾患(悪性疾患).麻酔科学テクチャー. 2:634-639, 2011.
  83. 井関雅子:トラマドール塩酸塩製剤.日病薬誌.47:767-771,2011.
  84. 井関雅子:痛みの評価 -痛みそのものの評価法-.Practice of Pain Management.2:19-24,2011.
  85. 奥津輝男、井関雅子:がん疼痛ガイドラインの分かりやすい解説とマイルール 特定の原因による痛みの治療 がんによる会陰部の痛みをどう緩和するか? 緩和ケア.21:106-109, 2011.
  86. 山口敬介、井関雅子:がん疼痛ガイドラインの分かりやすい解説とマイルール 特定の原因による痛みの治療 膵臓がんによる痛みをどう緩和するか? 緩和ケア.21:99-102, 2011.
  87. 瀧川千鶴子、井関雅子、池永昌之:がん疼痛ガイドラインの分かりやすい解説とマイルール 特定の原因による痛みの治療 神経障害性疼痛に対して、どの鎮痛補助薬をどう選ぶか? 緩和ケア. 21:82-94, 2011.
  88. 長谷川理恵、井関雅子:リウマチ性疾患の痛みをやさしく教えます. 難治性疼痛治療におけるオピオイド鎮痛薬の有用性. 分子リウマチ治療. 5:11-15, 2011.
  89. 井関雅子、半田敦子、若林彩子:やさしく学べる最新緩和医療Q&A. 症状への対策 痛み 鎮痛補助薬. がん治療レクチャー. 2:518-523, 2011.
  90. 井関雅子:痛みの薬物療法の進歩 鎮痛薬 最近の進歩. JIM. 21:1005-1007, 2011.
  91. 山口敬介、井関雅子、奥野滋子、稲田英一:緩和ケアの今・これから.がん性疼痛管理. 順天堂医学. 57:594-601, 2011.
  92. 井福正貴 井関雅子:痛み、しびれの治療 硬膜外脊髄刺激療法.脊椎脊髄ジャーナル.24:411-414, 2011.
  93. 井関雅子、稲田英一:チーム医療において麻酔科医がペインスペシャリストとして果たす役割.Anesthesia 21 Century. 13: 18-21, Anesthesia 21 Century. 2011.
  94. 井関雅子:オピオイドを取り巻く新しい話題 実際の投与に際して オピオイド鎮痛薬の副作用と対策. ペインクリニック. 33:別冊秋 S319-S328, 2012.
  95. 高田 朋彦、尾堂 公彦、洪 景都、井関雅子、稲田 英一、成田 年:非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDMs)に関する正しい知識.《話題のトピックス》 NSAIDs製剤の新しい作用とその活用. Modern Physician.32:1383-1385, 2012.
  96. 洪 景都、榎本達也、高田朋彦、尾堂公彦、井関雅子、稲田 英一、成田 年:非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に関する正しい知識. 《知っておきたいNSAIDsの正しい知識》 わが国で用いられているNSAIsの分類と特徴. Modern Physician.32: 1314-1319, 2012.
  97. 山口敬介、井関雅子、長谷川理恵、井福正貴、小松修治、森田善仁、齋藤理恵、三世敏彦、榎本達也:骨転移痛に対する神経ブロック療法. ペインクリニック.33:1361-1369, 2012.
  98. 井福正貴、井関雅子:CRPSの診断・治療ガイド. CRPSに対する交感神経節ブロック. Orthopedics. 25:52-56, 2012.
  99. 榎本達也、井関雅子:緩和ケア最前線《症状緩和の実際》 麻酔科医が担う緩和ケア. Modern Physician. 32:1095-1099, 2012.
  100. 長谷川理恵、井関雅子:ニューロモデュレーション技術の進展と疼痛治療への応用.心要な検査と併用療法.ニューロモデュレーション治療に併用が有効な神経ブロック治療. ペインクリニック.33別冊:S199-207, 2012.
  101. 井関雅子:オピオイドを理解する. 臨床からみたオピオイドの歴史. Locomotive Pain Frontier. 21: 42-23, 2012.
  102. 井福正貴、井関雅子:治療の最前線(10):疼痛治療の最前線:神経ブロック治療のこれまでとこれから. Brain Medicine. 13-17, 2012.
  103. 高田朋彦、山下哲、洪 景都、尾堂 公彦、井関雅子、稲田英一、成田年. NSAIDsとアセトアミノフェンの基礎と臨床. NSAIDsの薬理 分類と特徴.ペインクリニック. 33:174-186, 2012.
  104. 武田泰子、井関雅子:臨床医のための正しいオピオイドの知識. オピオイドの使い方 がん性疼痛への適応. Modern Physician. 32:87-91, 2012.
  105. 井関雅子:慢性痛治療薬としてのフェンタニル経皮吸収剤.Anesthesia 21 Century. 14: 26-31, Anesthesia 21 Century. 2012.
  106. 井関雅子:「痛み」をきちんと対処する,「鎮痛薬」を正しく使う.よくある病棟での痛み/鎮痛薬の投与のポイント.腰痛.Expert Nurse. 29:65-69, 2013.
  107. 長谷川理恵 井関雅子:【整形外科関連疾患での慢性痛の痛み】治療法.オピオイド.ペインクリニック.34別冊:S221-231,2013.
  108. 尾堂公彦 洪景都 井関雅子:鎮痛補助薬に対するガイドライン活用時の留意点.薬剤.64:210702113,2013.
  109. 井関雅子 八戸すず 八戸敏史:肺癌における緩和医療と支持療法.がん疼痛に関する非薬物療法:神経ブロックを中心に.呼吸.923-928,2013.
  110. 榎本達也 井関雅子:各科領域・疾患における睡眠障害 疼痛患者における睡眠障害.日本臨床.春増刊5 :623-638, 2013.
  111. 榎本達也 井関雅子:各種超音波ガイド下神経ブロック 関節およびその周辺 腰椎椎間関節ブロック.ペインクリニック.34別冊:S455-459,2013.
  112. 井関雅子 井福正貴:腰痛治療最前線 腰痛に対する神経ブロック療法はどのように行うか.Modern Physician.34:319-322, 2014.
  113. 保利直助 榎本達也 井関雅子:新しい難治性慢性痛治療の使い方とピットフォール.フェンタニル経皮吸収剤.ペインクリニック.35: 303-313, 2014.
  114. 井関雅子:睡眠薬 鎮痛薬 利尿薬.ナースになじみの3つの「くすり」の使いこなしガイド.PART2. よくある病棟での痛みへの鎮痛薬の投与のポイント.腰痛.Expert Nurse. 30:71-76, 2014.
  115. 井関雅子:【痛みのマネジメントupdate 基礎知識から緩和ケアまで】痛みの診断・評価法−機器を用いる評価法.知覚・痛覚定量分析など.日本医師会雑誌.143別冊:S90−91,2014.
  116. 井関雅子:【痛みのマネジメントupdate 基礎知識から緩和ケアまで】痛みの治療法 薬物療法 局所麻酔薬リドカイン.日本医師会雑誌.143別冊:S167,2014.
  117. 井関雅子:【痛みのマネジメントupdate 基礎知識から緩和ケアまで】痛みの治療法 薬物療法 ステロイド性抗炎症薬 副腎皮質ホルモン.日本医師会雑誌.143別冊:S168,2014.
  118. 井関雅子,齋藤理恵,榎本達也,長谷川理恵,高橋良佳,田部田英之,塚田里香,吉川晶子,山口敬介,弘田博子:ペインクリニックにおける非がん性痛の治療 当科の現状を中心に. Journal of Neurosciences for Pain Research.16:6-14, 2014.
  119. 大石理江子 井関雅子:【あなたも名医!患者さんを苦しめる慢性痛にアタック!慢性痛の痛みとの上手な付き合い方】診断役立つテストはこれだ!痛み度、電流知覚閾値測定ほか.Jmed mook.33:146-151, 2014.
  120. 菅澤佑介,井関雅子:【ペインクリニック治療においておさえておくべき薬物相互作用】 非オピオイド鎮痛薬の薬物相互作用 アセトアミノフェンの薬物相互作用.ペインクリニック.35:S375-384, 2014.
  121. 長谷川理恵 井関雅子:【痛み治療の素朴な疑問に答えます2】 超音波ガイド下神経ブロックが「安全」というエビデンスはあるのですか? LISA:134-141,2015.
  122. 長谷川理恵 井関雅子:【痛み治療における合併症・副作用の予防とその対処II:薬物療法による副作用の予防とその対処】 頭痛治療薬による副作用とその対処.ペインクリニック.36:32-42,2015.
  123. 武田泰子 井関雅子:【痛み治療における合併症・副作用の予防とその対処II:薬物療法による副作用の予防とその対処】 抗うつ薬による副作用とその対処.ペインクリニック.36:43-50,2015.
  124. 高橋良佳 井関雅子:【痛み治療に関わるドラッグデリバリーシステム】オピオイド徐放剤.麻酔.64:1133-1140,2015.
  125. 齋藤理恵 井関雅子:三叉神経・自律神経頭痛の分類.ペインクリニック.36:S242-250, 2015.
  126. 井関雅子:抗痙攣薬.神経障害性疼痛の薬物療法ガイドラインと私の選択法.ペインクリニック.37:35-44, 2016. 井関雅子:痛みの評価と多角的治療.理学療法学.844-845, 2015.
  127. 井関雅子:女性の痛み(Overview).White.101-105, 2016.
  128. 井関雅子:疼痛緩和に関する卒後教育とペインクリニック専門医の育成.ペインクリニック.37:999-1007, 2016.
  129. 洪景都 井関雅子:硬膜外ブロックおよび神経根ブロックに伴う合併症.麻酔.7:678-685, 2016.
  130. 菊池暢子 井関雅子:帯状疱疹後神経痛.新薬と臨床.616-621,2016.
  131. 千葉聡子 井関雅子:手指のしびれが残ってしまった...たかが静脈確保、されど静脈確保. LISA. 138-142, 2016.
  132. 井関雅子:痛み治療の「いま」に迫る.メカニズムから評価・治療の最前線.鎮痛療法概説.診断と治療.104:1377-1381,2016.
  133. 篠原仁 井関雅子:【慢性腰痛の診断と治療update】 (Part4)臨床<治療> 保存療法 内服治療・オピオイド.Bone Joint Nerve.6:759-765,2016.
  134. 井関雅子 河合愛子【体性感覚-What's New】 疼痛治療の最前線 疼痛治療薬 最新のトレンド. Clincal Neuroscience. 2:219-222,2017.
  135. 高橋良佳 井関雅子:【腰痛】 腰部脊柱管狭窄症 問診と身体所見で診断を絞り込もう!.LISA. 24:174-179,2017.
  136. 山口敬介 井関雅子:遷延性術後痛の現状と問題点. 臨床麻酔.41:969-977, 2017.
  137. 井関雅子:【日本におけるオピオイド鎮痛薬の臨床と基礎研究の展望】 臨床におけるオピオイド鎮痛薬の現況 がん性疼痛に対するオピオイド鎮痛薬の現況 モルヒネ、オキシコドン、フェンタニル 特徴・使い方・注意点. ペインクリニック.S38:S12-22, 2017.
  138. 井関雅子 村上安壽子 千葉聡子 河合愛子 石井智子 濱岡早枝子 篠原仁 玉川隆生 菊池暢子 原厚子 笠原喩 松平浩 会田記章 北原エリ子: 非がん性慢性疼痛のチーム医療 順天堂大学順天堂医院の痛み診療 非がん疼痛領域におけるチーム医療の必要性. ペインクリニック.38:1069-1077,2017.
  139. 千葉聡子 井関雅子:【痛み治療の専門医(ペインクリニシャン)を目指して】 ペインクリニック専攻医の教育 大学でペインクリニック専門医を取得した立場から. ペインクリニック.39:27-35,2018.
  140. 井関雅子 川越いづみ 原厚子:遷延性術後痛の疫学とリスクファクター.麻酔.67:235-241,2018.
  141. 石井智子 井関雅子:【プライマリ・ケアでおさえておきたい 重要薬・頻用薬】鎮痛薬 神経障害性疼痛・三叉神経痛治療薬.Medicia.55:383-386, 2108.
  142. 井関雅子 村上安壽子 会田記章 北原エリ子:【ペインリハビリテーションの新潮流・新戦略】 ペインリハビリテーションの政策 痛みの"プライマリ・ケア"システム構築へ向けた課題と戦略.ペインクリニック.S280-284, 2018.
  143. 原厚子 川越いづみ 井関雅子:【術後慢性痛への挑戦】 心因的要素との関係 患者と,痛みと,向き合いながら. LISA.25:776-781,2018.
  144. 玉川隆生 井関雅子:【疼痛管理】 疼痛管理のための多角的評価.理学療法ジャーナル.52:609-617,2018.

和文著書

  1. 井関雅子、宮崎東洋:顔面神経ブロック. ペインクリニシャンのためのキーワード100.小川節郎監, 真興交易株式会社, 東京, 57-60,2000.
  2. 井関雅子、宮崎東洋:リドカイン・リドカインテープ. ペインクリニシャンのためのキーワード100.小川節郎監, 真興交易株式会社, 東京, 83-84, 2000.
  3. 井関雅子、宮崎東洋:上下腹神経叢ブロック.透視下アプローチ法. 神経ブロック- 関連疾患の生理と手技 -. 宮崎東洋監, 真興交易株式会社, 東京, 337-342, 2000.
  4. 井関雅子、宮崎東洋:会陰部・肛門痛. 実地医家のための痛み読本. 小川節郎、宮崎東洋監, 永井書店, 大阪, 369-374, 2000.
  5. 宮崎東洋、井関雅子、光畑裕正:ペインクリニックからみたしびれ. 知っておきたいしびれの対処法-これで全てがわかる. 二見俊朗監, 真興交易株式会社, 東京, 149-160, 2000.
  6. 井関雅子、宮崎東洋:鎮痛剤(麻薬)で対応した症例. 麻酔科診療プラクテイス:癌性疼痛管理.削孟文監, 文光堂, 東京, 34-47, 2001.
  7. 井関雅子、宮崎東洋:皮膚吸収薬. ペインクリニックで用いる薬. 小川節郎監, 真興交易株式会社, 東京, 157-167, 2002.
  8. 井関雅子、宮崎東洋:NSAIDs. 麻酔科診療プラクテイス:ニューロパシックペインの今. 弓削孟文監, 文光堂, 東京, 100-103, 2002.
  9. 井関雅子、宮崎東洋:神経ブロック治療. ペインクリニシャンが関わる緩和医療:宮崎東洋編, 真興交易株式会社, 東京, 49-62, 2002.
  10. 井関雅子、宮崎東洋:ヒヤリ・ハットの経験-ペインクリニックから:釘宮豊城、宮崎東洋編, 真興交易株式会社, 東京, 104-112, 2002.
  11. 井関雅子:腕神経叢引き抜き損傷の治療.整形外科疾患に対するペインクリニック- 一歩踏み出した治療-. 小川節郎編. 真興交易株式会社, 東京, 153-163, 2003.
  12. 井関雅子:CRPSの治療. 整形外科疾患に対するペインクリニック- 一歩踏み出した治療--.小川節郎編. 真興交易株式会社, 東京, 164-173, 2003.
  13. 井関雅子 宮崎東洋:舌咽神経痛の診断. 痛みー基礎・診断・治療--. 花岡一雄編. 朝倉書店, 東京, 23-25, 2003.
  14. 井関雅子、宮崎東洋:上下腹神経叢ブロック. ペインクリニックに必要な局所解剖. 麻酔科診療プラクテイス:弓削孟文監, 文光堂, 東京, 222-225, 2003.
  15. 井関雅子、宮崎東洋:会陰部・肛門部の痛み. ペインマネジメント.後藤文夫、小川節郎、宮崎東洋監, 南江堂, 東京, 175-179, 2004.
  16. 井関雅子:腹腔神経叢ブロック・内臓神経ブロック. ペインクリニックと 東洋医学. 森本昌宏編, 真興交易医書出版, 東京, 122-123, 2004.
  17. 井関雅子:下腸間膜動脈神経ブロック. ペインクリニックと 東洋医学. 森本昌宏編, 真興交易医書出版, 東京, 124-125, 2004.
  18. 井関雅子:上下腹神経叢ブロック. ペインクリニックと 東洋医学. 森本昌宏編, 真興交易医書出版, 東京, 126-128, 2004.
  19. 井関雅子:複合的治療;鎮痛療法の適切な組み合わせ.これだけは知っておきたい術後管理. 麻酔科診療プラクテイス:稲田英一編, 文光堂, 東京, 50-51, 2004.
  20. 井関雅子:求心路遮断性疼痛.脊髄電気刺激療法.森本昌宏編, 克誠堂出版, 東京, 108-116, 2008.
  21. 井関雅子:薬物療法-オピオイド-.慢性疼痛の理解と医療連携.宮崎東洋編. 真興交易医師出版.東京,141-151,2008.
  22. 井関雅子:末梢性顔面神経麻痺.痛みの概念が変わった.新キーワード100+α.小川節郎編.真興交易,東京.p96-98,2008.
  23. 井関雅子:舌咽神経ブロック.痛みの概念が変わった.新キーワード100+α.小川節郎編.真興交易,東京.p99-99,2008.
  24. 井関雅子:Meige Syndrome.痛みの概念が変わった.新キーワード100+α.小川節郎編.真興交易,東京.p100-101,2008.
  25. 井関雅子:神経ブロック時の感染対策.痛み診療のコツと落とし穴.宮崎東洋編.中山書店.東京.P70,2007.
  26. 井関雅子:オピオイド鎮痛薬.頻用薬・常用薬-上手に使っていますか?日常診療でよく使う薬の使い方とそのポイント-.伊藤澄信編.日本医事新報社. 東京,180-184, 2009.
  27. 井関雅子:-腰背部の痛み.ペインクリニック-.運動器の痛み プライマリケア菊地臣一編.南江堂.東京.100-108.2009.
  28. 中村吉孝 井関雅子:腰神経叢ブロック.透視下神経ブロック.大瀬戸清茂編.医学書院.東京.298-231,2009.
  29. 田邉豊 井関雅子 宮崎東洋.:上下腹神経叢ブロック.透視下神経ブロック.大瀬戸清茂編.医学書院.東京.111-113,2009.
  30. 井関雅子:痛みのフィジカルアセスメント.レクチャー痛みについて知ろう.ナース専科.9:10-17,2009.
  31. 井関雅子:抗てんかん薬.神経障害性疼痛診療ガイドブック.小川節郎編 . 南山堂 東京.49-53, 2010.
  32. 山口敬介 井関雅子:膵臓がんなどによる上腹部の痛み.日本緩和医療学会編.がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン.2010年版.金原出版株式会社.東京.198-201, 2010.
  33. 秋山泰子 井関雅子:CRPS typeI II.難治性疼痛の薬物療法.樋口比登美編.南山堂.東京.5-7, 2010.
  34. 八戸すず 井関雅子:胸部の痛み.日本緩和医療学会編.がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン.2010年版.金原出版株式会社.東京.202-205,2010.
  35. 奥津輝男 井関雅子:直腸がんなどによる会陰部の痛み.日本緩和医療学会編.がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン.2010年版.金原出版株式会社.東京.206-219,2010.
  36. 井福正貴 井関雅子:頸椎椎間板ヘルニア.整形外科ペインクリニック.小川節郎編.克誠堂出版.東京.17-21,2010.
  37. 武田泰子 井関雅子:頸椎症性神経根症.整形外科ペインクリニック.小川節郎編.克誠堂出版.東京.22-27,2010.
  38. 井関雅子:頸椎症性脊髄症.整形外科ペインクリニック.小川節郎編.克誠堂出版.東京.28-31,2010.
  39. 森田善仁 井関雅子:頸部脊柱管狭窄症.整形外科ペインクリニック.小川節郎編.克誠堂出版.東京.32-36,2010.
  40. 山口敬介 井関雅子:オピオイドの副作用とその対処.癌性疼痛.克誠堂出版. 東京.123-137,2010.
  41. 井福正貴 井関雅子:糖尿病性ニューロパチー 薬剤性ニューロパチー.神経障害性疼痛. 真下節編.克誠堂出版.東京.117-123, 2011.
  42. 井関雅子 武田泰子 森田善仁:ペインクリニック・緩和医療関連薬の副作用. 麻酔科医がよく使用する薬の副作用.津崎晃一編. 克誠堂出版. 東京. 171-210, 2012.
  43. 八戸すず 井関雅子:ミオクローヌス. 支持点緩和薬物療法マスター. 江口研二編. メジカルビュー.東京. 149-150, 2011.
  44. 井関雅子 榎本達也 洪景都:疼痛治療における薬物療法の変遷と今後期待される治療薬. 実験薬理学-実践治療薬.日本薬理学会編. 金芳堂. 京都. 92-112, 2012.
  45. 榎本達也 井関雅子:緩和医医療(オピオイド使用時)における副作用の疫学データと発生機序・治療の現状. 副作用軽減化-新薬開発.技術情報協会. 293-294, 2012.
  46. 井関雅子:帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛の治療の流れ. 帯状疱疹Up-to-Date.稲田英一 他編. 診断と治療社. 東京.64-67, 2012.
  47. 塚田里香 井関雅子:アセトアミノフェンをどのように使用すればよいですか?.運動器の痛みをとる・やわらげる. 宗圓聡 他編.メジカルビュー.東京.102-116,2012.
  48. 井関雅子:初めてオピオイドを使用する時のポイントを教えて下さい. 運動器の痛みをとる・やわらげる. 宗圓聡 他編.メジカルビュー.東京.117-119,2012.
  49. 榎本達也 井関雅子:手術鎮痛の身体的評価法.手術後鎮痛の全て.川真田樹人編.文光堂.東京.50-51,2013.
  50. 長谷川理恵 井関雅子:手術鎮痛の心理的評価法.手術後鎮痛の全て川真田樹人編.文光堂.東京.52-58,2013.
  51. 山口啓介 井関雅子:知覚神経ブロック.誰でも理解できる緩和ケアの実践書. 花岡一雄編. 克誠堂出版.東京.2015, 190-199.
  52. 井関雅子:痛みの評価.メカニズムから読み解く痛みの臨床テキスト.小川節郎編.南江堂. 東京.2015.119-124.
  53. 山口敬介 井関雅子:本邦で慢性疼痛に使用可能なオピオイド鎮痛薬の種類と分類.慢性疼痛治療。現場で役立つオピオイド鎮痛薬の必須知識.細川豊史編.医療ジャーナル社.大阪.2015.37-43.
  54. 石川理恵 井関雅子:慢性痛では痛み以外の評価が重要.慢性疼痛診療ハンドブック.池本竜則編. 中外医学社.東京.27-42, 2016.
  55. 高橋良佳 井関雅子:慢性疼痛疾患.診断と治療のABC.田口敏彦編.最新医学社.2016.97-102.
  56. 井関雅子:JSPC神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン改訂第2版.日本ぺインクリニック学会神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン改訂版作成ワーキンググループ編.真興交易医書出版部.2016, 29-31.
  57. 井関雅子:痛みの集学的診療:痛みの教育コアカリキュラム.日本疼痛学会痛みの教育コアカリキュラム編集委員会.真興交易医書出版部.2016,75-78.
  58. 井関雅子:日本は慢性疼痛にどう挑戦していくのか.野口光一.柴田政彦.福井聖.監修 薬事日報社.2017,61-67.
  59. 井関雅子:痛み診療におけるオピオイド治療:ブプレノルフィン貼付剤の可能性. 真興交易医書出版部.2017,142-147.
  60. 濱岡早枝子. 井関雅子. 神経障害性疼痛の治療:医学のあゆみBOOKS. ペインクリニック診療38のエッセンス. 細川豊史編. 医歯薬出版株式会社. 2018. P27-35.

報告その他

  1. 井関雅子、田中愛子、山口敬介、番場伸明、田邊豊、宮崎東洋:帯状疱疹後神経痛に対する10%リドカインクリームの除痛効果 - プラセボと比較して-(proceeding).日本麻酔・薬理学会誌12; 165-166, 2000.
  2. 田邉豊、井関雅子、宮崎東洋:帯状疱疹後痛とリドカインクリーム. 帯状疱疹の疼痛管理 -コンセンサスを求めて- ヘルペス感染症研究会:株式会社トーレラザール・マッキャン, 37-39, 1999.
  3. 藤野晋司、井関雅子、宮崎東洋:流量可変型デイスポーザブル注入ポンプを用いた腰椎椎間板ヘルニアの1例. 大研医器15, 1999.
  4. 井関雅子、吉川晶子、丸山智康、田中愛子、田邊豊、柳佳世、弘田博子、野田久代、光畑裕正、宮崎東洋:知覚障害を伴った術後痛の回復過程における神経学的評価 -電流知覚閾値を指標にして-(proceeding).日本麻酔・薬理学会誌12(2), 165-166, 2000.
  5. 井関雅子、宮崎東洋:帯状疱疹後神経痛の治療 -ペインクリニックにおける主な治療-. Post herpetic neuralgia, 治療の最前線:外用薬. 宮崎東洋監修, 日本臓器製薬, 東京, 2000.
  6. 井関雅子、宮崎東洋:睡眠障害の診断・治療 -ペインクリニック領域における睡眠障害とその治療について-. 医報フジ115, 42-46,2000.
  7. 井関雅子:慢性会陰部痛. 宮崎東洋監, 毎日ライフ, 東京, 36-40, 2001.
  8. 井関雅子:AOSRA(Asian and oceanic society of regional anesthesia and medicine)congress 印象記, ペインクリニック25;395-396,2004.
  9. 井関雅子:緩和医療でのステロイド薬の使い方:Cancer pain medical adviser.9: 1-4, 2006.
  10. 井関雅子:CRPS(複合性局所疼痛症状群).ドクターサロン.52:30-34,2008.
  11. 井関雅子:第1回日本緩和医療薬学会年会. 印象記. ペインクリニック29:129-131,2007.
  12. 座談会. 日本ペインクリニック学会第42回大会ふりかえって.ペインクリニック29:1315-1348,2008.
  13. 井関雅子:痛みの臨床. がんによる痛みとしびれ -がんによる神経障害性疼痛-. クリニシアン. 58:1386-1392, 2011.
  14. 座談会. がん疼痛治療の現状と今後の展望.ペインクリニック.31:1651-1656,2010.
  15. 座談会. 慢性疼痛診療の現状と展望. Pharma Medica. 30:159-166, 2012.
  16. 座談会. 慢性疼痛に対する薬物療法の新たな展開. 2: 6-15,2011.
  17. 座談会. 三叉神経痛. Practice of Pain Management.3: 6-16, 2012
  18. 座談会.井関雅子 成田年 服部政治:徹底理解!鎮痛補助薬.基礎・臨床に裏づけられた効果とその限界.鎮痛補助薬とは?その理解と意義.薬局.64:2047−2054, 2013.
  19. 座談会.井関雅子 平田幸一 和嶋浩一 福井聖:慢性頭痛.Practice of Pain Management.15:4-16, 2014.
  20. 座談会. 井関雅子 宮地良樹:Ask Specialist 専門医からのアドバイス「女性は痛みに強い」は正しいか?White.2016.4:166-171.
  21. ドクターサロン. 乾燥弱毒性水痘ワクチン.62: 2018, 277-283.

監修

  1. 江口研二、井関雅子:よくわかるがん緩和医療 -患者と医療者の必須エッセンス- 医療ジャーナル社.東京.2010年10月発行.
  2. 井関雅子:緩和ケア特集. プロフェッショナル -がんナーシング.1:106-139,2011.
  3. 稲田英一、林田眞和、井関雅子:帯状疱疹Up-to-Date. 診断と治療社. 東京.2012.
  4. 井関雅子編集:臨床に役立つ神経障害性疼痛の理解. 文光堂.2015.

訳本担当

  1. 井関雅子:エビデンスに基づく実践麻酔科学.第50章:硬膜穿刺後頭痛の最良の管理法は何か?. 稲田英一監訳. エルゼビア・ジャパン.333-337,2008.
  2. 井関雅子:エビデンスに基づく実践麻酔科学.第51章:どのような場合に硬膜外血液パッチは適応となるか?. 稲田英一監訳. エルゼビア・ジャパン.338-344,2008.
  3. 井関雅子:オピオイド乱用・依存を回避するために.第6章:オピオイド乱用を最小限に留めるための患者モニタリング.細川豊史 山口重樹監訳. 真興交易出版.東京.137-180,2013.
  4. 井関雅子・橋口さおり監訳.21世紀のオピオイド治療.メデイカル・サイエンス・インターナショナル. 2014.
  5. 井関雅子:痛みを知るために.フェルナンド・サーベロ著.花岡一雄監修.真興交易医書出版部2015.205-224.

学会、研究歴、実績など

学会役員(2019年 現在)

  • 日本麻酔科学会 理事
  • 日本ペインクリニック学会 理事
  • 日本疼痛学会 理事
  • 日本慢性疼痛学会 理事
  • 日本運動器疼痛学会 理事
  • members of the IASP Developing Countries Working Group

研究歴:文部科学省科学研究費

  1. 研究者:エピドラスコピーによるターゲット治療の確実性と安全性の検討と臨床応用. 平成14~16年度科学研究費補助金 基盤研究C-2研究課題番号14571466
  2. 代表研究者:非がん慢性痛に対するオピオイド治療の実態調査と適正使用マニュアル・教材開発. 基盤研究C. 研究課題番25460850. 平成25~27年
  3. 分担研究者:19年度文部科学省科学研究(萠芽研究)鎮痛薬感受性個人差の遺伝メカニズムの解明とそれに基づく新たな疼痛治療法の開発.研究責任者: 財団法人東京都医学総合研究所 依存性薬物プロジェクトプロジェクトリーダー(参事研究員) 池田和隆
  4. 分担研究者:平成24年度文部科学省科学研究(基盤B)神経障害性疼痛の発症と治療に関わる遺伝子多型の同定.研究責任者:財団法人東京都医学総合研究所 依存性薬物プロジェクトプロジェクトリーダー(参事研究員) 池田和隆

研究歴:厚生労働省科学研究費

分担研究者:厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業難治性慢性疼痛の実態と病態の解明に関する研究

  1. 分担研究者:平成23-24年度厚生労働省科学研究 -慢性の痛み対策研究事業-(0527第12号)班長:牛田享宏
  2. 分担研究者:平成23-24年度厚生労働省科学研究 -慢性の痛み対策研究事業-(0401第7号)班長:柴田政彦

学会/医師会 委員など

  1. International Association for the Study of Pain (IASP) Education Group Member 平成23年~25
  2. 厚生労働省 献血者の健康被害に係る判定基準委員(医薬食発第0305001号) 平成17年
  3. 日本医師会 がん対策推進委員会 緩和ケア 平成19年8月7日~3月31日 「日本医師会編:がん疼痛治療のエッセンス」編集担当 平成20年に発行
  4. 日本医師会 がん対策推進委員会 緩和ケア 平成20年4月1日~3月31日
  5. 日本緩和医療学会 疼痛ガイドライン作成委員 平成19年4月~現在 「日本緩和医療学会編:がん疼痛に対する薬物療法ガイドライン 2010」執筆 平成22年発行
  6. 日本緩和医療薬学会 教育委員アドバイザー 平成21年~現在
  7. 日本麻酔科学会 関連領域小委員会 委員長 平成8年~22年
  8. 日本麻酔科学会 学術集会企画専門部会 -ペインクリニック緩和点局所麻酔ワーキンググループ 平成23年~現在
  9. 東京麻酔専門医会学術委員 平成17年~現在
  10. 科学技術振興機構(JST)の知的活用推進ハイウエイ評価委員外部専門委員員.平成21年~26
  11. 日本ペインクリニック学会 神経障害性疼痛の治療ガイドライン作成ワーキンググループ委員 「神経障害性疼痛の治療ガイドライン」(第1版作成済)平成23年発行
  12. 日本ペインクリニック学会 非がん疼痛のオピオイド治療ガイドライン作成ワーキンググループ委員 「非がん疼痛のオピオイド鎮痛薬処方ガイドライン」(第1版作成済)平成24年発行
  13. 日本ペインクリニック学会 がん性痛に対するInterventional pain management ガイドライン作成ワーキンググループ委員(第1版作成中)
  14. 日本ペインクリニック学会 非がん性痛に対するInterventional pain management ガイドライン作成ワーキンググループ委員(第1版作成中)
  15. 日本ペインクリニック学会 治療指針作成委員 平成17年~現在 (第4版作成中)
  16. 日本ペインクリニック学会 広報委員 平成19年~現在
  17. 日本ペインクリニック学会 専門医試験委員 平成21年~現在
  18. 日本ペインクリニック学会 神経障害性疼痛の治療ガイドライン作成ワーキンググループ委員 「神経障害性疼痛の治療ガイドライン」(第2版作成済)作成委員 平成29年発行
  19. 日本ペインクリニック学会第52回大会 会長

当ペインクリニックへのビジティングフェロー受入実績

2010年9月~12月(4か月間)

  • Amporn Thongphut, MD
  • Department of Anesthesiology
  • Hatyai Hospital
  • 182 Rathakarn Road
  • Hatyai, Songkhla 90110, Thailand

2011年8月1日~10月31日(3か月間)

  • Panjai Inphum, MD
  • Division of anesthesiology, Khon Kaen hospital
  • Srijund Rd, Amphur muang
  • Khon Kaen 40000, Thailand

2011年12月(1か月間)

  • Yeon-Dong Kim, MD
  • Clinical Professor
  • Department of Anesthesiology and Pain Medicine
  • Wonkwang University School of Medicine
  • Wonkwang Medical Center
  • IksanCity, Jeonllabukdo, South Korea

2012年2月(2週間)

  • P. Vitayaburananont, MD
  • Pain Management Clinic,
  • Faculty of Medicine Siriraj hospital
  • Mahidol University Bangkok, Thailand