順天堂大学医学部附属順天堂医院麻酔科専門研修プログラム

1. 専門医制度の理念と専門医の使命

①麻酔科専門医制度の理念

麻酔科専門医制度は、周術期の患者の生体管理を中心としながら、救急医療や集中治療における生体管理、種々の疾病および手術を起因とする疼痛・緩和医療などの領域において、患者の命を守り、安全で快適な医療を提供できる麻酔科専門医を育成することで、国民の健康・福祉の増進に貢献する。

②麻酔科専門医の使命

稲田英一教授

麻酔科学とは、人間が生存し続けるために必要な呼吸器・循環器等の諸条件を整え、生体の侵襲行為である手術が可能なように管理する生体管理医学である。麻酔科専門医は、国民が安心して手術を受けられるように、手術中の麻酔管理のみならず、術前・術中・術後の患者の全身状態を良好に維持・管理するために細心の注意を払って診療を行う、患者の安全の最後の砦となる全身管理のスペシャリストである。同時に、関連分野である集中治療や緩和医療、ペインクリニック、救急医療の分野でも、生体管理学の知識と患者の全身管理の技能を生かし、国民のニーズに応じた高度医療を安全に提供する役割を担う。

2.専門研修プログラムの概要と特徴

本研修プログラムでは、専攻医が整備指針に定められた麻酔科研修の到達目標を達成できる専攻医教育を提供し。十分な知識・技術・態度を備えた麻酔科専門医を育成する。
本専門研修プログラムの概要と特徴を以下に述べる。

  • 1)豊富で充実した関連研修病院群
    順天堂医院を責任基幹施設とし、専門研修連携施設Aとして順天堂大学医学部附属浦安病院、専門研修連携施設Bとして、順天堂大学医学部附属静岡病院、同練馬病院、同江東高齢者医療センター、奈良県立医科大学付属病院、東京医科歯科大学医学部附属病院、横浜市立大学附属病院、横浜市立大学附属市民総合医療センター、明石医療センター、成育医療研究センター、心臓病センター榊原病院、東京都立墨東病院、東京都立豊島病院、がん・感染症センター東京都立駒込病院、東京都保健医療公社豊島病院、江東病院、上尾中央総合病院、越谷市立病院、静岡県立こども病院、聖路加国際病院、埼玉県立小児医療センターを含む。これらの施設において、整備指針に定められた麻酔科研修カリキュラムに基づく教育とトレーニングを提供し、専攻生が十分な知識と技術、そして判断力を備えた麻酔科専門医となるよう育成する。
  • 2)全診療科における十分な手術症例数とさらなる拡張性
    手術室
    本プログラムの手術麻酔に関する臨床トレーニングにおける特徴は、心臓血管外科、小児外科、産科、脳神経外科、呼吸器外科などの専門医取得にあたって必要な必須症例を十分に経験できるだけでなく、麻酔科全般におけるトレーニングを広く受けられることである。心臓血管外科、小児外科、脳神経外科、呼吸器外科などの症例数は全国の大学附属病院の中でもいずれもトップクラスにあり、先進的な医療を多く行っている。心臓血管外科や小児外科の症例数は、国公立の循環器病センターや、小児病院と匹敵するような症例数を実施している。順天堂大学附属病院群における麻酔科管理症例だけでも年間2万件を超えており、麻酔科学および全般的な麻酔管理を学ぶ条件が整っている。
    手術室
    2017年に順天堂医院新病棟が完成した際にはメインの手術室は現在の15室から21室に増加し、さらに手術症例数が増加することが確実である。心臓外科が主として使用するハイブリッド手術室や、術中MRI検査も行うことができる脳神経外科用ハイブリッド手術室も新設される。新しく開設するリプロダクションセンターには帝王切開を中心として行う産科専用手術室1室および採卵室、無痛分娩を行う陣痛分娩室Labor, delivery, recovery (LDR)も設置される。さらに広い分野における麻酔科研修を効率よく実施できる体制が整う予定である。
  • 3)経験豊かな教育陣とサブスペシャリティ領域のトレーニングの充実
    本プログラムの手術麻酔以外の特徴は、麻酔科関連領域および麻酔科サブスペシャリティ領域の研修の充実である。心臓手術は林田真和教授、小児麻酔は西村欣也教授を中心とした指導体制の下にトレーニングが実施される。産科麻酔は、角倉弘行教授を中心に産科麻酔チームを形成し、帝王切開の麻酔はもちろん、無痛分娩に対しても365日24時間対応している。
    トレーニング
    呼吸器外科では、高度な手術が多く実施されているが、川越いづみ准教授を中心に一側肺換気、気管支ファイバー技術などのトレーニングが行われている。ペインクリニックでは井関雅子教授を中心に豊富な症例を基に幅広い臨床トレーニングを行っている。順天堂医院におけるペインクリニックの症例数は全国有数である。平成25年度の初診者は800名を超え、透視下ブロックは約530件、超音波ガイド下神経ブロックを含む非透視下ブロック総数は1万3千件を超えている。
    トレーニング
    また、脊髄刺激電極植え込みなどの先進的な医療を行うほか、漢方なども取り入れている。研究成果は国外でも高い評価を得ている。また、希望すれば緩和ケアのトレーニングも受けることができる。2017年に集中治療室は集中治療医学会の認定施設となる。佐藤大三教授や三高千恵子特任教授を中心に、集中治療のトレーニングが行われる。
    トレーニング
    小児の複雑心臓手術や小児集中治療については、成育医療研究センターなどの関連研修施設で受けることができる。集中治療は、順天堂医院のほか、横浜市立大学附属病院、横浜市立大学附属市民総合医療センターや、奈良県立医科大学付属病院を含む関連研修施設での研修が可能である。 ペインクリニック、集中治療などの麻酔科のサブスペシャリティ領域での専門医資格を取得することも可能である。サブスペシャリティを学ぶことにより、麻酔科全般の知識や技量も広く、深くなる。専門研修連携施設では、専門的に培った能力を、広く一般的に応用するような研修を目指している。それにより、異なった術式への対応や、システムへ対応できる柔軟な能力を身につけることができる。
  • 4)Scientific mindをもった麻酔科専門医の養成
    受賞
    本プログラムではscientific mindをもった麻酔科専門医の養成も目指している。生涯教育のためには、論文や教科書を読みこなし正しく評価するための科学的な視点が必要である。豊富な臨床例を基にした臨床論文のほか、基礎研究室における基礎研究、またそれらの橋渡しとなるtranslational researchのトレーニングも充実している。
    麻酔科専門医となるための臨床的なトレーニングに加え、医学博士の学位を取得するためのプログラムも備えており、両者を同時に取得することも可能とするようなシステムとなっている。順天堂大学の基礎医学教室だけでなく、星薬科大学薬理学教室などのほか、国内留学として他大学や他県の研究所で基礎研究の指導を受けることができる。論文はインパクトファクターの高い国際誌にも掲載されている。
  • 5)地域医療への貢献
    順天堂静岡病院は東海地区においてへき地医療を担っています。そのほか、静岡こども病院、榊原病院など地方の重要な病院との連携も組んでいる。
  • 6)国際的視野をもった麻酔科専門医の養成、ECFMG取得大学院コースの設置
    学会
    本プログラムでは国際的な視野を得るための機会も豊富にある。また、大学院に進学し、しかも法人からの給与を得ながらUSMLE, ECFMGに合格・資格取得するコースも準備されている。海外における学会発表のほか、希望者は研修終了後に海外留学も可能である。現在1名が留学中であり、2017年度には1名がカナダに臨床留学に、2018年度は1名が米国に研究留学をする予定である。大学院ECFMG取得コースの場合には、在学中に半年程度の短期留学も認められている。
  • 7)法人の麻酔科医の重要性についての理解と女性麻酔科医が働きやすい環境
    麻酔科医の仕事の重要性とハードさについては法人も理解しており、さまざまな優遇処置もとられている。大学院生に対しても給与が支払われる。女性麻酔科医に対しては、産休、育休などの確保、当直など夜間勤務の免除・軽減などを行っているほか、非常勤医としての勤務など産休・育休後の復帰が容易となるような勤務体制もとっている。
  • 8)個人の求めるキャリアパスに応じた対応
    以上をまとめると、scientific mindをもった麻酔科専門医となるだけでなく、さらにペインクリニックや集中治療などのサブスペシャリティの専門医資格を得たり、学位を取得したり、海外留学をしたりするなど、各人の求めるキャリアパスに応じた教育やトレーニングを提供することが本プログラムの大きな特徴である。

麻酔科専門研修プログラム全般に共通する研修内容の特徴などは別途資料麻酔科専攻医研修マニュアルに記載した。

3.専門研修プログラムの運営方針

  • 1)責任基幹施設である本施設における研修は1~4年とし、専門研修連携施設AおよびBにおける研修は合計で1~3年とする。
  • 2)目標症例数はローテーションする診療科の麻酔(長時間手術1~2例のものから、短時間手術4~6例/日)や、ペインクリニックや集中治療のローテーション期間にも影響されるが、順天堂医院においては年間300~400例とする。
  • 3)麻酔科専門医取得に必要な症例数は本施設ですべて提供できる。個々の麻酔法や麻酔に対する考え方などは施設や外科系診療科の方針により異なる場合がある。必須症例を満たすだけでなく、幅広い麻酔科研修を受けられるよう専門研修連携施設とのローテーションを行う。順天堂大学附属病院における麻酔科管理症例は年間2万件を超えており、十分な麻酔経験を積むことができる。
  • 4)順天堂医院および専門研修連携施設Aにおけるローテーションは1年単位を基本とするが、個人の希望や施設の事情によっては6か月のローテーションも受け入れる。専門研修連携施設Bにおける研修は原則として6か月を基本単位とし、個人の希望および研修内容により6か月ごとの延長を行う。
  • 5)本プログラムに学ぶすべての専攻生が、経験目標として提示されている特殊麻酔症例数のトレーニングを受けられるようにローテーションを構築する。個人のトレーニングの実施状況や目標到達状況に応じた教育とトレーニングが受けられるよう、順天堂医院および専門研修連携施設A・Bが強い連携を持ってローテーションプログラムを定期的に検討し、改善に取り組むとともに、専攻生の希望と到達目標の達成度に合ったローテーションプログラムを組む。
  • 6)臨床および基礎研究を行い、国内・国際学会での発表や、論文作成ができるように指導する。
  • 7)ペインクリニック、緩和ケア、集中治療などのサブスペシャリティのトレーニングを提供する。希望者にはそれぞれの領域における専門医取得ができるようにトレーニングを実施する。
  • 8)研修期間終了後は、他の領域を含む専門医資格や学位に応じて大学・病院スタッフとして採用する道が開けている。

研修実施ローテーション例

以下に研修ローテーションの例を提示する。個人の事情・希望に応じて対応するため、バリエーションは多い。将来の専門分野を念頭に置いたプログラムを構成する。1年のローテ―ションを基本単位として表に示すが、前述のように6か月を単位とした研修も認める。学位取得のための大学院入学や、海外留学などをする場合には、研修期間は入学時や留学期間などにより変更する。また、順天堂医院や所属する専門研修連携施設で研修中でも、プログラム内の専門関連研修施設設等で週1日勤務することも可能である。

1)施設別

1年目 2年目 3年目 4年目
A 順天堂医院 順天堂医院 順天堂医院(ペインクリニック) 順天堂医院
B 順天堂医院 順天堂医院 順天堂医院(集中治療) 専門研修連携施設
C 順天堂医院 順天堂医院 専門研修連携施設(小児麻酔) 専門研修連携施設
D 順天堂医院 専門研修連携施設 専門研修連携施設 専門研修連携施設(集中治療)
E 順天堂浦安病院 順天堂浦安病院 順天堂浦安病院 順天堂医院(産科麻酔)
F 順天堂静岡病院 順天堂静岡病院 順天堂医院(心臓麻酔。胸部外科麻酔) 順天堂医院
G 順天堂練馬病院 順天堂医院 順天堂医院 順天堂練馬病院
H 順天堂医院 順天堂医院 順天堂高齢者医療センター 順天堂静岡病院
I 順天堂医院 専門研修連携施設 奈良県立医科大学付属病院 順天堂医院
J 順天堂医院 順天堂静岡病院 横浜市立大学付属病院(集中治療) 順天堂医院
K 順天堂医院 順天堂浦安病院 順天堂医院 成育医療研究センター・静岡県立こども病院
L 順天堂浦安病院 順天堂医院 心臓病センター榊原病院(心臓麻酔)・上尾中央病院 順天堂医院、埼玉県立小児医療センター
M 順天堂医院 順天堂医院 都立墨東病院・駒込病院 順天堂浦安病院
研修施設

2)順天堂医院における月別ローテーション例

基本的には24~30か月を基本としてローテーションを構成する。専門研修連携施設A・Bからのローテーションの場合には、心臓麻酔、小児麻酔、産科麻酔、脳神経外科麻酔、ペインクリニック、集中治療などの重点領域のトレーニングを集中的に実施する。
以下に順天堂医院で2年間研修する場合のローテーション例を示す。
ローテーションは原則1~2か月単位とする。2か月のローテーションの場合は、連続ではなく1か月ずつとする場合もある。1か月目は比較的簡単な手術、軽症例とし、2か月目にはより複雑な手術や重症例を担当するようにする。当直時には、すべての診療科の緊急手術に対応できることを目標としてトレーニングを行う。

プラン 6か月 6か月 6か月 6か月 6か月 6か月
A 婦人科、耳鼻科、眼科、泌尿器科、形成外科、低侵襲外科 整形外科、小児外科、肝胆膵外科、大腸肛門外科、産科 呼吸器外科、食道胃外科、心臓血管外科、肝胆膵外科、脳神経外科 小児外科(新生児を含む)、心臓血管外科、呼吸器外科 産科 集中治療
B 同上 同上 同上 同上 ペインクリニック 緩和ケア
C 同上 同上 同上 同上 集中治療 心臓血管外科
D 同上 同上 同上 同上 呼吸器外科 集中治療
E 同上 同上 同上 小児外科 心臓血管外科
ローテーション

4.研修施設の指導体制と前年度麻酔科管理症例数

本研修プログラム全体における前年度合計麻酔科管理症例数:23,700症例
本研修プログラム全体における総指導医数:31.2名

合計症例数
小児(6歳未満)の麻酔 2104症例
帝王切開術の麻酔 1104症例
心臓血管手術の麻酔(胸部大動脈手術を含む) 770症例
胸部外科手術の麻酔 727症例
脳神経外科手術の麻酔 889症例