センター長より患者さんへのご挨拶

認知症疾患医療センターは厚労省の新オレンジプランに基づき、認知症の人が住み慣れた地域で自分らしく生活する社会を目指して、2012年に設置されました。順天堂医院は、東京都から区中央部(文京区、中央区、千代田区、港区、台東区)における地域拠点型認知症疾患医療センターとして指定されています。高度な画像検査を使用した鑑別診断および研究、地域連携体制の構築、認知症スタッフへの教育、アウトリーチ活動、介護者支援など多岐にわたる活動を通して、認知症患者さんの治療および生活の向上、疾患の理解、啓発に寄与するよう努めてまいります。

The Medical Center for Dementia was launched to realize a dementia-friendly community based on the New Orange Plan by the Ministry of Health, Labour and Welfare in 2012. Juntendo University Hospital has been designated as the center for the Bunkyo, Chiyoda, Chuo, Minato, and Taito wards by the Tokyo Metropolitan Government. The center has multiple roles in differential diagnosis of dementia using high quality neuroimaging systems, dementia research, community collaboration, education of dementia medical staff, dementia outreach service, and caregiver support. We look forward to using this Center to improve dementia patients' lives, to further contribute to the understanding of dementia within the medical community, and to help spread awareness as well as reduce stigmas about dementia.

順天堂医院認知症疾患医療センター
センター長  本井 ゆみ子