センター概要

地域拠点型認知症疾患医療センター

区市町村における地域連携型認知症疾患医療センターの業務と、二次保健医療圏の拠点となる認知症疾患医療センターとしての役割を担います。

地域連携のイメージ図

[図を拡大表示する]

(東京都資料から抜粋)

事業内容の紹介

(1)医療相談

認知症に関する専門知識を有する相談員(看護師、精神保健福祉士等)が、ご本人やご家族、医療・福祉・介護関係者の方からのご相談に対応します。

(2)鑑別診断・初期対応

認知症アウトリーチチームと協働し、専門の医師が認知症の診断を行い、初期対応について検討します。

(3)身体合併症、周辺症状への対応

認知症の人の身体合併症および周辺症状の治療に対応する他、地域の認知症に関する専門医療機関や一般病院等と連携を図り、受け入れ体制を整えます。

(4)地域連携の推進

地域の医療機関や地域包括支援センター、保健所・保健センター、かかりつけ医、家族介護者の会等と連携を図るため、認知症の人の支援に携わる関係者のネットワークづくりを推進します。

(5)認知症疾患医療・介護連携協議会の開催

医師会など地域の保健医療関係者、地域包括支援センターなどの介護保険関係者、区市町村、保健所・保健センター等の関係機関、家族介護者の会との連携を図るため、二次保健医療圏の関係機関が集まる認知症疾患医療・介護連携協議会を開催し、地域において効果的に機能するネットワークづくりに向けた検討を行っていきます。

(6)地域の医療従事者等向けの研修会開催

地域のかかりつけ医、一般病院の医療従事者、地域包括支援センターの職員などの地域の医療従事者向けに、認知症対応力の向上を図るための研修等を行います。

(7)認知症アウトリーチチームの設置等

医師、看護師、精神保健福祉士等で構成される認知症アウトリーチチームを配置し、区市町村が配置する認知症支援コーディネーターや認知症地域支援推進員等からの依頼に応じて、認知症の疑いのある人を訪問し、アセスメント等を実施することにより、早期の診断につなげ、状態に応じて適切な医療・介護サービスに結びつける等の取組を行います。

認知症疾患医療センター窓口