患者さんを紹介してくださる先生方へ

平素より貴重な患者さんを紹介いただきまして、まことにありがとうございます。

平成14年7月より順天堂医院では外科診療科を臓器別専門分野別に分け、診療を行っております。乳腺・一般外科ではこれまで、乳がんをはじめとした良性・悪性乳腺疾患、甲状腺・副甲状腺等の内分泌疾患、ヘルニア・下肢静脈瘤・頚部腫瘤等の体表の疾患を担当して参りました。
平成18年1月からは、より時代のニーズに合わせ、大学附属病院としては初めてとなる乳腺センターをオープンしました。それに伴い、乳腺・一般外科は更に、専門性を高めた乳腺科に科名および診療内容を変更いたしました。これまで一般外科で担当していた疾患は以下の科で担当させていただきます。

  • 甲状腺・副甲状腺疾患→耳鼻咽喉・頭頸科
  • 下肢静脈瘤→心臓・血管外科
  • 鼠径ヘルニア→大腸・肛門外科

頚部腫瘤や分類不能の疾患につきましては、これまでどおりに当科に紹介いただき、診療後適切な科を紹介申し上げます。

紹介いただいた先生方と密接な連絡をとり、Day surgeryをはじめとしたShort stay surgeryを推進しております。
クリティカルパスを導入し、入院日・手術日指定等患者さんのご都合に合わせて、安全で負担の少ない治療を行っていますので、外来診療医にお気軽にご相談いただきますようお願い申し上げます。