センター概要

センター長 産婦人科 教授 板倉 敦夫
副センター長 小児科 思春期科 先任准教授 東海林 宏道

周産期センターとは

出産は病気ではありません。新しい家族を迎えるとても大切なイベントです。しかし人生の中で最も病気になりやすいイベントでもあります。最近では生まれる前から赤ちゃんの病気を診断する技術も進み、持病をありながらも出産を希望される女性も増えてきました。こうした状況の中、それぞれの診療科で管理するのではなく、産科、麻酔科、小児科、小児外科、関連各科が、ご家族に最適なケアを提供するために連携して診療を行うのが、周産期センターです。

東京都の周産期医療の現状は

東京都の周産期認定施設は、総合14、地域14(令和4年1月現在)となっており、当院は地域周産期母子医療センターとして認定されています。周産期連携病院は12施設あり、都内で発生した母体・胎児・新生児の緊急事態に常時対応できるよう、ネットワークが確立されています。そのため、かかりつけでない妊婦さんも、当院に緊急搬送されることがあります。

周産期センターでは

母体や分娩の異常、胎児、新生児の異常に対して、産科麻酔科小児科小児外科、その他の関連各科の医師、看護スタッフ、臨床心理士が緊密な連携をとることによって、高度専門医療・救急医療を提供しています。妊娠高血圧症候群、前期破水、多胎妊娠、妊娠糖尿病、前置胎盤、さまざまな内科疾患、また早産児、胎児発育不全、そして先天性心疾患や横隔膜ヘルニアをはじめとする生まれながらの病気にも対応し、生まれる前の母体・胎児管理から出生後の新生児治療、管理が適切に繋げる体制で診療しています。分娩時の緊急事態に迅速に対応するために麻酔科医も常駐しているため、24時間体制での無痛分娩も提供しています。当院は日本周産期・新生児医学会の研修施設となっています。