診療体制について

《産科診療部門》

当院では無痛分娩を含めた、あらゆる妊娠・分娩に対応した管理・体制を行っております。年間総分娩数は900件以上と都内でも有数の数を扱っており、また母体搬送も積極的に受け入れるよう体制を策定しております。本年度より24時間体制での無痛分娩を行っており、産科麻酔科医が産科病棟に常駐しているため、緊急帝王切開術への迅速な対応も可能です。さらに、当院では内科診療科が充実していることから、高血圧・糖尿病・甲状腺疾患などの内科疾患合併症妊娠の管理も多く行っています。最近では、メンタルヘルス外来と称して、周産期における様々な妊婦様のメンタルケアも行えるようになりました。精査超音波外来では日本超音波学会認定の超音波専門医が、胎内診断およびその胎内管理を積極的に行っています。病棟スタッフは全員助産師で構成されており、病棟業務のみならず、母親学級、助産師外来、母乳などのケアを行う育ママ外来も担当しています。

《新生児診療部門》

早産児の管理では後遺症なき生存を目指し、胎児発育に類似した成長の維持のため生後早期より経腸栄養と経静脈栄養を併用するearly aggressive nutritionを導入し効果をあげています。また早期からの理学療法による介入、退院後にはBayley式発達検査等による発達評価を行い、栄養管理や感染制御に関する臨床研究も継続しています。一方、先天性心疾患に対しては専門的な超音波診断、新生児期からの血管カテーテル検査やカテーテル治療、手術症例の周術期管理を行っており、気管支鏡検査による呼吸器疾患の診断も的確に行っています。