子宮体がん(初期)

子宮体がんとは、子宮の内側にある子宮内膜が癌化した状態をいいますが発症年齢としては、50-60歳が最も多いとされています。不正出血や子宮内膜肥厚(超音波検査やMRIにより診断)がきっかけで発見される場合が多く、子宮内膜の組織診で確定診断されます。現在のところ、腹腔鏡手術はIa期という初期の子宮体がんだけに保険適用されています。

術式:腹腔鏡下子宮体がん手術

子宮全摘術(準広汎子宮全摘術)
骨盤リンパ節郭清術

子宮体がんにおける標準術式は、子宮と付属器の摘出に加えて、状況により骨盤リンパ節郭清を行います。