患者さんへのご挨拶

センター長 北出真理


女性低侵襲外科・リプロダクションセンター センター長
北出 真理
(産婦人科学講座 教授)

 当院において、2017年1月より`女性低侵襲外科・リプロダクションセンター'が設立されました。このセンターは、腹腔鏡手術などの低侵襲外科治療と生殖補助医療(ART)などの不妊治療を合わせた、国内初の女性総合診療センターになります。
 低侵襲外科とは内視鏡を用いて行う低侵襲な手術療法(腹腔鏡手術や子宮鏡手術など)を指しますが、体への負担が少なく早期に仕事復帰できるというメリットがあり、仕事や子供を持つ女性にも人気の高い手術となっています。私達はこれらの手術を、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫、骨盤臓器脱、子宮がんなど、女性特有の疾患に対して幅広く行っております。
 一方、リプロダクション(reproduction)とは生殖(妊娠・出産)を指す言葉ですが、当院のC棟に新しく設立されたリプロダクション部門にはクリーンな採卵・胚移植室、培養室、採精室、リカバリールームが完備され、最先端の生殖補助医療(ART)を行っております。
 是非多くの方に受診して頂ければ幸いです。