センターのアピールポイント

センターのアピールポイント

女性低侵襲外科部門

  • 低侵襲性:
    術後回復が早く、からだに易しい美容的な手術を提供しております。
  • 安全性:
    鏡視下手術特有の合併症をできる限り回避できる様、定期的なカンファレンスを行い、安全な手術と周術期管理を行う為の体制を整えております。
  • 教育に特化:
    歴史ある腹腔鏡教育システムにより若手医師の指導を行い、安全かつ確実な手術手技の習熟を図っております(毎年1-2名の技術認定医を育成していますが、その総数は全国一となりました)。
  • 他科との連携:
    稀発部位子宮内膜症・骨盤臓器脱の治療や 術者の教育において、大腸肛門外科、消化器低侵襲外科、泌尿器科等と連携をとりながら、最先端の医療を行っております。

リプロダクション部門

リプロダクション部門では、1号館5階に新しく採卵・胚移植室、培養室、採精室を完備し、体外受精により不妊症に悩む患者さんに安定し、安心できる不妊治療を提供しております。検査結果と年齢、卵巣機能、患者様の妊娠に対する希望をふまえて、話し合ったのちに治療方針を決定しております。
また子宮筋腫などにより不妊治療のみで妊娠に至らない場合には、低侵襲手術により根本的な不妊原因を除去する事も検討致します。
さらに反復着床不全・不育症に対する外来や不妊の原因・治療に関してご説明する専門外来も設けております。