子宮鏡手術とは

手術までのスケジュール

腫瘍の縮小や術中の出血軽減、月経の回避を目的に、手術の2~3ヵ月前からお薬・注射などの術前治療が行われる場合があります。また手術の約1カ月前に術前検査(血液・尿検査、レントゲン検査、心電図)を行い、その後執刀医による手術方法の説明があります。

入院期間、費用

原則として入院期間は2泊3日(手術前日入院、術後翌日退院)です。ただし、病室の状況によっては手術の前々日の入院となる場合もあります。また、術後に出血や腹痛がある場合には退院がのびることもあります。入院と手術はすべて健康保険の適用されます(個室使用料は除きます)。手術の方法により費用は異なりますがおおよそ25~40万円で、保険本人はその2割、家族は3割の自己負担となります。

入院後のスケジュール

入院手術術後1日目
・問診、シャワー
・子宮の出口を広げる処置
・朝:浣腸、飲水
・麻酔:全身麻酔
朝:採血、食事開始
膀胱のチューブをはずし、歩行開始
昼食後退院予定