体外受精に対する助成制度

体外受精を含む生殖補助医療は要件を満たす夫婦であれば、1周期最大30万円まで治療費の助成を受けることが可能です。上記見積もりのケース1の場合、体外受精の治療費のほとんどを助成金で支払うことができます。

例)東京都特定不妊治療費助成

東京都福祉保健局 東京都特定不妊治療費助成の概要ホームページ

採卵・体外受精・新鮮胚移植 20-30万円
採卵・体外受精・受精卵凍結・凍結融解胚移植 25-30万円

(その他、治療方法に応じて助成事業があります。)

助成は以下の回数を上限とします。
平成28年4月1日以降全ての方
初めてこの助成を受けた時の治療開始日時点で、

妻の年齢が39歳までの夫婦  通算6回まで(過去の助成を含めます。)
妻の年齢が40歳以上の夫婦  通算3回まで(過去の助成を含めます。)

次のすべての要件を満たすことが必要です。

  • 申請日現在、東京都内に住所があること。
  • 法律上の婚姻をしている夫婦であること。(事実婚は対象になりません。)
  • 申請日の前年の夫婦の合算の所得額が730万円未満であること。
  • 妻の年齢が43歳未満で治療を開始していること。

(助成を受けた回数が上限に満たない場合でも、43歳以上で開始した治療は全て助成の対象外となります。)
東京都申請書ダウンロード

助成を希望される方はお住まいの都道府県(政令指定都市又は中核市の場合は市)までご相談ください。東京都の助成事業とは別に、区市町村が実施する助成事業もあります。詳細は各自治体にお問い合わせください。