研修カリキュラム

当センターにおける研修カリキュラム
(内視鏡技術認定医・エキスパート育成カリキュラム)

他学から研修を希望される場合は、産婦人科経験年数や取得資格により下記の3パターンがあります。

G:グループ

パターン1:専門医取得前の場合(内視鏡技術認定習得を目標)
→他グループのローテーションも入るため3年間以上は必要

パターン2:専門医・学位取得後の場合(内視鏡技術認定習得を目標)

パターン3:内視鏡技術認定取得後の場合(アドバンスコースとして)

内視鏡技術認定医取得後の場合は比較的短期の研修が可能ですが、内視鏡技術認定医の取得を目標とする 場合は2年以上の研修が必要となります。また希望によっては生殖医療研修との併用も可能です。

2つの専門グループによる腹腔鏡手術の研修システムの違い

LC:腹腔鏡下卵巣嚢胞摘出術
LM:腹腔鏡下子宮筋腫核出術
DIE:深部子宮内膜症
Tubectomy:卵管摘出術
SO:不足樹摘出術
TLH:子宮全摘術
LSC:仙骨腟固定術

当センターでは、専門グループにより2つの異なる研修システムを設置しています。
生殖内分泌グループは機能温存術から摘出術まで幅広く行いますが、悪性腫瘍グループは摘出術にを中心に行い、子宮悪性腫瘍の手術の習得を目指します。