診療実績

診療実績

臨床検査医学科の診療業務は、臨床検査部との協力のもと、臨床検査の質の維持・向上を行うための全般的業務と、個々の患者さんの検査所見の判読や臨床的妥当性の管理とに大別されます。このような業務を行う医師を臨床検査専門医と呼びます。
(臨床検査専門医については日本臨床検査専門医会を参照してください。)

臨床検査全般に関わる診療業務

  • 臨床検査部の管理・運営
  • 臨床検査の精度管理、基準範囲などの適切性の検証、効率的利用の推進
  • 臨床検査に関する臨床医からのコンサルティング業務
  • 院内感染制御のための感染症情報などの収集や提供

個別検査の判読・管理

以下の臨床検査については臨床検査医学科担当医師による判読や臨床的妥当性確認を経て結果を臨床医に報告しています。

  • 病的末梢血液像、骨髄像
  • 血液細胞抗原解析検査(LLA検査)
  • 遺伝子検査(血液細胞核酸増幅同定検査:RT-PCR法)
  • 血液培養、髄液の培養・塗抹陽性時の緊急報告

業務実績

臨床検査医による判定・レポートを付加された検査実績は以下の通りです。

パニック値件数
骨髄検査件数
白血球・リンパ腫解析検査件数
血液培養数と2セット採取率の月別推移