腫瘍外来

婦人科腫瘍外来

対象疾患

婦人科悪性腫瘍
  子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、外陰がん、腟がん、絨毛がんなど

婦人科良性腫瘍
  子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣腫瘍など

当院の悪性腫瘍の治療の特徴

  • 年間約200件の開腹もしくは腹腔鏡による婦人科がん手術を、婦人科腫瘍専門医、腹腔鏡技術認定医のもとに行い、安全かつ確実な根治性の高い医療を提供できるように努めます。
  • 遺伝相談外来と連携し、遺伝性婦人科腫瘍のスクリーニング、手術(腹腔鏡下予防的卵巣卵管切除術:RRSO)、フォローアップを行っています。
  • 毎月、放射線科医師や病理医とカンファレンスをおこない、質の高い医療を提供しています。
  • 婦人科医師、病棟看護師、薬剤師、緩和ケア専任医師、看護師と週1回多職種カンファレンスを行い、緩和ケアも行っています。
  • クリテニカルパスを導入し医療の効率化を図るとともに、心身両面からの手厚い診療を行っています。
  • 婦人科医師、病棟看護師、栄養士、薬剤師などの多職種で術後ケアプランを作成しております。

良性腫瘍治療の特徴

  • 頸部筋腫や巨大子宮筋腫などの治療困難例などに対しても、オクリュージョンカテーテル、尿管ステント、自己血貯血などを準備し、安全かつ確実な医療を提供することを目標としています。
  • 婦人科医師や放射線科とカンファレンスを行い十分な術前診断のもと、適切な治療法を提供しています。
  • クリニカルパスを導入し医療の効率化を図るとともに、心身両面からの手厚い診療(サポート)を行っています。

※基礎疾患を有する患者さん、他院で手術困難といわれているハイリスクの患者さんに対しても他科と連携し、必要に応じて合同カンファレンスを行い、可能な限り対応しています。

悪性腫瘍治療の特徴

  • 当科の悪性腫瘍に対する治療は、主にがん治療ガイドラインに則り、腫瘍の種類と進行期に応じて、手術(開腹、腹腔鏡下手術)、化学療法、放射線治療を中心とした集学的治療をおこなっています。また、遺伝相談外来と連携して遺伝性婦人科腫瘍に関する治療や定期検診も行っています。
  • JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)、JGOG(婦人科悪性腫瘍研究機構)の参加施設であり様々な研究活動(多施設共同臨床試験)を行っています。

腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術への取り組み

腹腔鏡手術の切開創
  • 腹腔鏡下子宮体癌手術(2011年から保険診療で開始しております)
  • 腹腔鏡下子宮頸癌手術(2018年4月から保険診療で開始しております)腹腔鏡下予防的卵巣卵管切除術(自費診療となります)
  • 適応があれば積極的に低侵襲治療に取り組んでいます。
  • 適応に関しては外来でご相談ください。また、ロボット支援下腹腔鏡下手術も行っております。

妊孕能温存手術(妊娠できる可能性を残す手術)

卵巣癌、子宮体癌、子宮頸癌についておこなっています。詳しくは外来でご相談ください。

化学療法

基本的には入院せずに外来で化学療法を行っております。入院での化学療法も可能です。

コルポスコピー外来

  • 火曜・木曜の午後(予約制)
  • 子宮頸部細胞診異常の精査・経過観察・手術の計画
  • HPVタイピングを併用した検診
  • 子宮頸部焼灼術を用いた積極的な治療介入

リンパ浮腫とは

放射線治療や手術治療によるリンパ節郭清によってリンパ管が閉塞した結果、起こる浮腫のことをいいます。今回のリンパ浮腫は、婦人科悪性腫瘍の患者さんに対して骨盤リンパ節郭清や傍大動脈リンパ節郭清を行った結果、合併症として起こった下腿リンパ浮腫のことを指します。

リンパ浮腫への治療

リンパ浮腫の病気分類
  • リンパ浮腫外来を設置し、予防のためのマッサージ指導や早期治療介入をおこなっています。
  • 悪性腫瘍手術術後のリンパ浮腫の重症化を予防するため、リンパ管機能評価を他施設と今後共同研究をおこなう予定です。
  • 子宮体癌のリンパ節転移予測診断マーカーを用いた術中迅速検査の開発をすすめています。