腰部脊柱管狭窄症

高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症には、運動療法、リハビリ、コルセット、薬剤、点滴注射等で、まずは対処し、多くの方々で症状寛快を得ています。
これらの方法でも腰痛や歩行障害の軽快が得られない方々には、椎弓切除術(場合によってはそれに脊椎固定術を追加)によって治療しています。