関節リウマチ

関節リウマチは、内科(膠原病・リウマチ内科)と協力しながら、リウマトレックスをはじめとする抗リウマチ療法で進行を防止しつつ、運動療法、装具療法等によって全身、局所の最善の状態を得ることに努めています。近年の著しい抗リウマチ剤の進歩によって、従来は不可能とされていたリウマチの進行防止が可能となってきています。これらの方法でリウマチの活動性をコントロールしながら、進行した少数の関節に対しては、人工関節手術、滑膜切除術、腱移行術等で治療しています。