骨軟部腫瘍診

骨軟部腫瘍診の紹介 (外来診療:毎週月曜日 午後)

扱う疾患は、良性骨軟部腫瘍・腫瘍と類似した病変と、悪性骨軟部腫瘍(サルコーマ)、転移性骨腫瘍(がんの骨転移)です。

これらの骨軟部腫瘍の診断と治療は極めて特殊な能力と専門性が必要とされ、そのため整形外科疾患の中でも最も特殊な分野とされています。当診療グループは昭和42年より骨軟部腫瘍診として発足して現在までに45年以上の診断治療実績があります。診療治療は当院および順天堂大学医学部附属浦安病院で行っています。現在までの骨軟部腫瘍登録症例数(転移性骨腫瘍を除く)も5000例を越えています。

当院の診療は、主に高木辰哉・末原義之・窪田大介・赤池慶祐を中心に行い、順天堂大学医学部附属浦安病院の診療は大久保武人が行っています。順天堂大学医学部附属練馬病院でも月に数回の外来診療を高木辰哉が行っています。

2013年度の骨軟部腫瘍登録症例総数(当院のみ)は604例であり、内訳は良性骨軟部腫瘍375例、原発性悪性骨軟部腫瘍43例、転移性骨軟部腫瘍186例でした。
当グループの年間手術症例数は当院(当院の後方支援病院含む)約200例であり、順天堂大学医学部附属浦安病院の年間手術症例数約100例も加えると総数は約300例となります。

診断は人体病理病態学教室の齋藤剛准教授と密に連携をとり、最新の遺伝子診断を含めて診断を行っています。手術は適応をしっかりと見極め、とくに良性腫瘍には無駄な手術を行わないように、悪性腫瘍も低侵襲と患肢温存を心がけています。先進医療とし登録された「自家液体窒素処理骨移植術」等の治療も行っています。化学療法(抗がん剤治療)は主に悪性骨軟部腫瘍に対して行っています。

転移性腫瘍に対しては2011年より特に力を入れてとり組んでおり、緩和的な考えを取り入れながら、各診療科の主治医と連携し、患者さんが元気な時間を長くとれるように、痛みのコントロールや動作の指導・リスク管理を検討しながら治療しています。骨関連事象カンファレンス(SRE: Skeletal Related Eventsカンファレンス) を行い、各診療科(原発科)、リハビリテーション科、放射線科、緩和医療チーム、病棟看護師チーム、退院支援チーム、薬剤師チーム、医療ソーシャルワーカーなどと合同で患者さんの診断・治療・マネージメントを集学的・横断的に行っています。

治験・臨床試験としては、JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ:国立がん研究センターがん研究開発費指定研究班を中心とする共同研究グループ)の骨軟部腫瘍グループに登録施設に指定され、その複数の臨床試験に参加しています。
 また、トランスレーショナルな臨床として病理遺伝子学的診断や新規治療標的治療薬の開発・臨床応用などを海外・国内のがんセンター病院等と共同研究で行っています。

骨軟部腫瘍診 スタッフ紹介

順天堂(本郷) 整形外科

准教授  高木 辰哉

高木 辰哉
卒業大学順天堂大学医学部
卒年昭和63年
専門骨軟部腫瘍・転移性骨腫瘍の診断と治療
集学的治療(手術・化学療法・放射線治療)
留学1996年−1997年 メーヨークリック(アメリカ)
その他1992年−1995年 栃木県立がんセンター
2002年−2010年 静岡がんセンター
資格日本整形外科学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医

准教授  末原 義之

末原 義之
卒業大学順天堂大学医学部
卒年平成12年
専門骨軟部腫瘍・転移性骨腫瘍の診断と治療
基礎研究(プロテオミクス、分子標的治療)
留学2010年−2013年
メモリアルスローンケタリングキャンサーセンター(アメリカ)
(日本学術振興会 海外特別研究員派遣)
その他2004年−2008年 国立がん研究センター
資格日本整形外科学会専門医
Editorial Board Member, Journal of Orthopaedic Science (JOS)

非常勤助手  窪田 大介

窪田 大介
卒業大学東海大学医学部
卒年平成18年
専門骨軟部腫瘍
その他2009年-2013年 国立がん研究センター

非常勤助教  赤池 慶祐

赤池 慶祐
卒業大学山梨大学
卒年平成22年
専門骨軟部腫瘍
資格日本整形外科学会専門医

順天堂(本郷) 人体病理病態学

准教授  齋藤 剛(チーフ)

齋藤 剛
卒業大学九州大学医学部
卒年平成8年
専門骨軟部腫瘍病理、遺伝子診断、基礎研究
留学2002年-2006年
メモリアルスローンケタリングキャンサーセンター(アメリカ)
資格日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医