足の外科診

足の外科診の紹介 (外来診療:毎週水曜日 午後)

診察日は水曜日午後に、福島稔講師を中心に診療を行っています。内反足のほか、足の外科一般(外反母趾、足奇形、足外傷、スポーツ障害など)を診察しております。
内反足診は昭和50年より始まり、現在までに登録患者数は260例を超える程になっております。内反足は、以前は矯正ギプスにて矯正後、比較的早期(生後4から6ヵ月)に手術をしていましたが、最近では、矯正ギプス期間を出来るだけ長くとり、生後1年までみて残った変形に対して手術を施行しております。その他、足疾患の治療と予防に粘弾性衝撃吸収剤を使用したフットケアも行っています。

足の外科診 スタッフ紹介

非常勤講師  福島 稔

福島 稔
卒業大学順天堂大学医学部
卒年昭和41年
資格日本体育教会公認スポーツドクター
日本医師会健康スポーツ医
日本整形外科学会スポーツドクター
全日本学生トライアスロン連合 理事長
栃木県トライアスロン協会 副会長
日本陸連医事委員
順天堂大学陸上競技部チームドクター
栃木県医師会 常任理事
日本温泉療法医

助手  亀田 壮

亀田 壮
卒業大学順天堂大学医学部
卒年平成17年
専門足の外科、スポーツ医学