研究テーマ

順天堂大学医学部附属順天堂医院は、「順天堂大学医学部」に附属する医療機関であり、患者さんの診療を行うと同時に、医学に関する研究・教育機関としての役割を有しています。当科では、通常の医療業務と並行して、整形外科およびスポーツ医学に関する研究活動を通して医学の発展と患者さんへのより良い医療の提供に寄与しています。

当科で実施中の臨床研究

平成27年度より岡田保典客員教授を招聘し、寄付講座「運動器・腫瘍性疾患病態学講座」を主宰しております。変形性膝関節症に対する外科的治療に加え、関節軟骨の細胞外マトリックス分解や再生に関する基礎研究および初期から中期の膝関節OAの診断や治療法に関する臨床研究を展開するとともに、肺がんや骨軟部腫瘍などの悪性腫瘍における増殖・進展に関わる基礎研究推進と臨床応用を目指しています。