末原 義之(平成12年卒)

留学報告(Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, New York, NY, USA)

私はMemorial Sloan-Kettering Cancer Center(MSKCC)に2010年から2013年まで留学していました。MSKCCは、アメリカのニューヨーク州のニューヨーク市のマンハッタンのアッパーイーストというところにあります。がん治療・研究に関しては、毎年全米No1 or 2にランキングされる病院・研究施設です。その中のDepartment of PathologyでDr. Ladanyiの研究室に博士研究員として(独立行政法人日本学術振興会海外特別研究員の身分による派遣)勤務しました。研究の内容は各種癌及び肉腫を中心とした様々な癌について、遺伝子タンパク質発現解析やその発見に基づいた新規分子標的治療の研究をしました。

その成果としてさまざまな発見をしましたが、特に肺癌の新規治療ターゲットの同定と新規薬剤の第2相臨床試験に成功したことはがんを患い新しい治療を待ち望んでいる患者さん達にとってとても有意義な仕事になったと自負しております。その他肉腫における遺伝子タンパク質よりの多面的アプローチによりいくつかの肉腫の悪性度などにかんする機能を解明することにも成功しました。詳細の内容につきましては、論文を参照いただければと思い割愛させて頂きます。
最後に私の留学を快く許可して頂きました金子和夫主任教授、黒澤尚前主任教授、教室の先生方、同門会の先生方に御礼申し上げます。

業績

  1. Suehara Y, Arcila M, Wang L, Hasanovic A, Ang D, Ito T, Kimura Y, Drilon A, Guha U, Rusch V, Kris MG, Zakowski MF, Rizvi N, Khanin R, Ladanyi M; Identification of KIF5B-RET and GOPC-ROS1 fusions in lung adenocarcinomas through a comprehensive mRNA-based screen for tyrosine kinase fusions. (Clin Cancer Res. 2012 )
  2. Suehara Y, Kohsaka S, Kubota D, Mukaihara K, Akaike K, Mineki R, Fujimura T , Kaneko K, Ladanyi M, Saito T, Kondo T. Proteomic technologies to develop biomarkers and functional analyses for bone and soft tissue tumors(Journal of Proteomics  & Bioinformatics 2013)
  3. Drilon A, Wang L, Hasanovic A, Suehara Y, Lipson D, Stephens P, Ross J, Miller V, Ginsberg M, Zakowski MF, Kris MG, Ladanyi M, Rizvi N: Response to Cabozantinib in Patients with RET Fusion-Positive Lung Adenocarcinomas (Cancer Discovery. 2013)
  4. Kastenhuber ER, Huse JT, Berman SH, Pedraza A, Zhang J, Suehara Y, Viale A, Cavatore M, Heguy A, Szerlip N, Ladanyi M, Brennan CW: Quantitative assessment of intragenic receptor tyrosine kinase deletions in primary glioblastomas: their prevalence and molecular correlates.(Acta Neuropathologica 2014)
  5. 第51回日本癌治療学会学術集会 最優秀演題賞 2013年10月
    「肺腺癌新規チロシンキナーゼ融合遺伝子の探索とRET融合遺伝子のXL184第II相臨床試験」
  6. 日本癌治療学会より2014 American Society of Clinical Oncologyへの派遣依頼

(2014年1月現在)