虚血性心疾患

虚血性心疾患とは、心臓を栄養する血管(冠動脈)が細くなったりつまったりすることによって、心臓に十分な血液が供給されなくなることによって生じる病気です。原因としては、動脈硬化や冠動脈の痙攣、血栓等による塞栓等が挙げられます。治療として、内服治療、カテーテル治療、手術があります。虚血性心疾患に対する手術方法を以下に説明します。

冠動脈バイパス術

冠動脈が狭窄・閉塞すると心筋に血液が十分に供給されなくなり、狭心症や心筋梗塞をおこします。
その名の通り、狭いところには手をつけず、バイパス血管を作り、血流をよくする手術です。

カテーテル治療の説明
カテーテル治療
バイパス手術の説明図
バイパス手術
左内胸動脈の写真

バイパス血管は自分の体の血管を使用します。
内胸動脈(胸板の裏にある動脈)
右胃大網動脈(胃の周りの動脈)
橈骨動脈(手の動脈)
大伏在静脈(足の静脈)
下腹壁動脈(おなかの壁の動脈)

手の動脈採取の模様の写真
手の動脈採取の模様
橈骨動脈・左右内胸動脈・右胃大網動脈
橈骨動脈・左右内胸動脈・右胃大網動脈

心拍動下手術について

最近、冠動脈バイパス術を行う際に、心臓を停止させず(人工心肺は不要)心臓が拍動したまま、手術を行う方法が開発されました。
技術的に難しいため、一部の病院でのみ行われていますが、この手術には以下のような優れた点があります。

心拍動下手術の画像
  • 合併症が少ない
  • 心臓への負担が少ない
  • 全身への負担が少ない
  • 回復が早い

このため、当院では、なるべく多くの方にこの方法で手術をしたいと考えていますが、必ずしもみなさんに行うことが出来るわけではありません。

  • バイパス手術だけを行う方にしか出来ない
  • 冠動脈が心臓表面になければならない(血管が脂肪や筋肉の中に埋もれていると出来ない)
  • 冠動脈が性状不良(細い、動脈硬化が強い)場合には困難
  • 血圧や心拍がしっかりと維持出来なければならない

最終的には手術中の判断となります。

左室瘤切除術

心筋梗塞後に瘤のようになった部分を切除して心機能の改善や血栓症の発生を予防する手術

左室形成術

心筋梗塞後の拡大した心臓を縫い縮めて心機能を改善する手術

メイズ手術

心房細動を治す手術です。
心房を切り刻むことにより心臓細動の伝導を防ぐ。(もちろん縫い直します)
心房細動の期間、心房の大きさ、心臓の状態によって治療率は異なります。