診療科概要

虚血性心疾患をはじめ、弁膜症、血管の病気や先天性心疾患を手術的に治療するのが心臓血管外科です。当科では主として下記疾患を治療します。

  • 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞など)
  • 弁膜症
  • 大血管(大動脈瘤など)疾患・末梢血管(下肢動脈塞栓症など)疾患・静脈疾患
  • 先天性心疾患

当科の年間手術数は400件以上と、国内でも数多くの症例数を誇っております。特に最近では、心臓を拍動させたままでバイパス手術を行う、「心拍動下手術」や、人工弁を使用せずに、自分の弁を治す「弁形成術」を積極的に行っており、さらに複雑心奇形の根治術にも取り組み、良好な成績をおさめています。