胃底腺型胃癌について

順天堂大学医学部 消化器内科 上山浩也 医師、順天堂大学大学院医学研究科 人体病理病態学 八尾隆史 教授らのグループは、2010年に胃底腺型胃癌(主細胞優位型)、gastric adenocarcinoma of fundic-gland type (chief cell predominant type)を新しいタイプの胃がんとして世界で初めて提唱しました。現在までに様々な「胃底腺型胃癌」に関する臨床病理学的、分子生物学的な論文報告、学会発表、講演活動などを行っており、現在も様々な研究や活動が進行しています。

<胃底腺型胃癌に関する診療依頼>

・治療前
胃底腺型胃癌と診断された患者様、胃底腺型胃癌かどうか確定診断できない病変などの相談
→消化器内科 上山浩也医師の外来へご紹介ください (水AM、金PM)

・治療後
この病変は胃底腺型胃癌? 胃底腺粘膜型胃癌? 病理診断があっているかどうか、追加外科切除の適応などの相談
→当施設のセカンドオピニオン外来を御活用ください。上山浩也医師が対応します。

胃底腺型胃癌とは?

第15版胃癌取扱い規約では「胃底腺型腺癌」という名称で特殊型の一つとして新たに追加され、2019年にはWHO分類第5版にもGastric adenocarcinoma of fundic-gland typeという名称で新たに掲載されました。また、胃底腺型胃癌はヘリコバクターピロリ感染が関連しない胃がん、ピロリ未感染胃癌の一つでもあり、今後も注目されるべき特殊な胃がんです。
胃底腺型胃癌は組織学的に胃底腺型腺癌と胃底腺粘膜型腺癌の2つに分類されます。自施設での解析により胃底腺型腺癌、胃底腺粘膜型腺癌の各臨床病理学的、分子生物学的特徴は明らかになりつつありますが、詳細な組織学的な分類作成を含め更なる研究が必要であり、自施設を中心に様々な研究を進めています。また、近年問題となっているのが、内視鏡治療後の追加外科切除適応です。この問題に関しても、リンパ節転移率と予後に関する多施設共同研究が必要であり、今後、多施設共同研究を立ち上げる予定です。
近年、胃底腺型胃癌の疾患概念は普及しつつありますが、依然として内視鏡診断、病理診断が困難である胃がんの一つとして認識されており、専門施設での診断と治療が勧められます。当施設には、胃底腺型胃癌 専門内視鏡医(上山浩也医師)、専門病理医(八尾隆史教授)が在籍しておりますので、胃底腺型胃癌の診療に関しては、是非、当院へご紹介くださいますようお願い申し上げます。


<胃底腺型胃癌を提唱した最初の論文>

  1. Ueyama H, Yao T, Nakashima Y et al:Gastric adenocarcinoma of fundic gland type (chief cell predominant type) proposal for a new entity of gastric adenocarcinoma. Am J Surg Pathol 34;609-619,2010

<胃底腺型胃癌を理解するのに推奨される論文や書籍>

  1. 上山浩也 他.『早期胃癌2018』9.特殊な組織型を呈する早期胃癌 4)胃底腺型胃癌 胃と腸. 2018; 53 (5): 753-767. 
  2. 上部・下部消化管 内視鏡診断㊙ノート2 4.胃底腺型胃癌 医学書院 85-105 2018.
  3. Ueyama H, Matsumoto K, Nagahara A, et al: Gastric adenocarcinoma of the fundic gland type (chief cell predominant type). Endoscopy 46:153-157, 2014
  4. 上山浩也 他.胃底腺型胃癌の臨床的特徴 拡大内視鏡所見を中心に-胃底腺型胃癌のNBI併用拡大内視鏡診断.胃と腸 2015 ; 50(12) : 1533-1547.
  5. 上山浩也,八尾隆史.消化管I-上部消化管- 胃底腺型胃癌.病理と臨床.34:9,946-953,2016

胃底腺型胃癌の内視鏡画像

白色調・隆起型(典型例):a 通常白色光観察 b NBI併用拡大観察
発赤調・隆起型:c 通常白色光観察 d NBI併用拡大観察
白色調・平坦/陥凹型: e 通常白色光観察 f NBI併用拡大観察
発赤調・平坦/陥凹型:g 通常白色光観察 h NBI併用拡大観察
上山浩也 他.『早期胃癌2018』9.特殊な組織型を呈する早期胃癌 4)胃底腺型胃癌 胃と腸. 2018; 53 (5): 753-767.

胃底腺型胃癌の病理組織画像

上記の白色調・隆起型(典型例)

上山浩也 他.『早期胃癌2018』9.特殊な組織型を呈する早期胃癌 4)胃底腺型胃癌 胃と腸. 2018; 53 (5): 753-767.

受賞

  1. 日本消化器関連学会機構 JDDW2018 若手奨励賞 2018年
    研究課題名:胃底腺粘膜型胃癌の組織学的分類と臨床病理学的特徴

研究助成

  1. 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2020年-
    研究課題名:胃底腺型胃癌の発癌機構の解明 (20K08393)
  2. Takeda Japan Medical Affairs Funded Research Grant 2018年
    研究課題名:胃底腺型胃癌の病態解明
  3. EAファーマ株式会社 奨学寄附2018年
    研究課題名:胃底腺型胃癌の組織学的分類と発癌・進展機構の解明
  4. 科学研究費助成事業 若手研究(B) 2015-2017年
    研究課題名:胃底腺型胃癌の発癌機序の解明 (15K19060)
  5. 日本イーライリリー株式会社 Lilly Grant Office 教育・研究助成 2015年
    研究課題名:胃底腺型胃癌における形質発現と遺伝子異常

論文・執筆

  1. Ueyama H, Yao T, Nakashima Y et al:Gastric adenocarcinoma of fundic gland type (chief cell predominant type) proposal for a new entity of gastric adenocarcinoma. Am J Surg Pathol 34;609-619,2010
  2. 八尾隆史,上山浩也,九嶋亮治,他:新しいタイプの胃癌-胃底腺型胃癌-臨床病理学的特徴と発育進展様式および悪性度.胃と腸 45;1192-1202,2010
  3. Ueyama H, Matsumoto K, Nagahara A, et al: Gastric adenocarcinoma of the fundic gland type (chief cell predominant type). Endoscopy 46:153-157, 2014
  4. 上山 浩也, 八尾 隆史, 渡辺 純夫.拡大内視鏡-極限に挑む. 胃・十二指腸 胃炎と鑑別困難な胃癌 胃底腺型胃癌(内視鏡と病理). 日本メディカルセンター. 73-79, 2014
  5. 上山浩也, 八尾隆史,日高康廣,野村亮介. 胃底腺型胃癌.臨床消化器内科.29:6,747-751,2014
  6. 八尾 隆史, 上山 浩也, 上尾 哲也, 日高 康博, 野村 亮介.【Helicobacter pylori陰性胃癌】 Helicobacter pylori陰性の胃底腺粘膜関連腫瘍 胃底腺型胃癌と胃底腺ポリープの腫瘍化(解説/特集).胃と腸 (0536-2180)49巻6号 Page874-880(2014.05)
  7. 上山浩也,八尾隆史,渡辺純夫.胃炎と鑑別困難な胃癌 胃底腺型胃癌(内視鏡と病理).拡大内視鏡 日本メディカルセンター, 東京, 2014 : 73-79.
  8. 上山浩也,八尾隆史,松本健史ほか.胃底腺型胃癌の臨床的特徴 拡大内視鏡所見を中心に-胃底腺型胃癌のNBI併用拡大内視鏡診断.胃と腸 2015 ; 50(12) : 1533-1547.
  9. 上山 浩也, 松本 健史, 永原章仁,八尾 隆史, 渡辺 純夫.手技の解説 胃底腺型胃癌の診断のコツ.Gastroenterol Endosc.58:6,1169-1177,2016
  10. 上山浩也,八尾隆史.消化管I-上部消化管- 胃底腺型胃癌.病理と臨床.34:9,946-953,2016
  11. 上山 浩也, 八尾 隆史, 渡辺 純夫.胃疾患アトラス 隆起を呈する病変 上皮性・腫瘍性 胃底腺型胃癌 消化器内視鏡28:8,1194-95,2016
  12. 上山 浩也, 八尾 隆史, 渡辺 純夫.胃疾患アトラス 陥凹を呈する病変 上皮性・腫瘍性 胃底腺型胃癌(平坦/陥凹型) 消化器内視鏡28:8,1302-03,2016
  13. 上山 浩也, 渡辺 純夫.ピロリ菌陰性時代の上部消化管内視鏡胃疾患アトラス ピロリ菌未感染胃癌(胃底腺型胃癌)文光堂142-145,2016
  14. 上山 浩也, 八尾 隆史.【ピロリ菌陰性者にみられる胃疾患の診かた-胃癌を中心に】 H.pylori未感染胃癌(胃底腺型胃癌)(解説/特集).臨床消化器内科 (0911-601X)32巻11号 Page1487-1496(2017.09)
  15. 上山 浩也,八尾 隆史.消化器癌の拡大内視鏡診断 胃底腺型胃癌の拡大内視鏡診断.臨床消化器内科.32:13,1701-1711,2017
  16. 津山 翔,上山 浩也, 八尾 隆史【ピロリ除菌時代の胃癌の診断・治療】 胃底腺型胃癌の病理学的特徴(解説/特集) 消化器・肝臓内科 (2432-3446)2巻1号 Page28-35(2017.07)
  17. 八尾 隆史,津山 翔,上山 浩也.【変わりゆく早期胃癌のスペクトラム-H.pylori未感染・現感染・除菌後は違う!】 胃底腺型胃癌と胃底腺粘膜型胃癌(解説/特集) 消化器内視鏡 (0915-3217)30巻1号 Page69-72(2018.01)
  18. 上山浩也、八尾隆史、松本健史、池田厚、谷田貝昴、小森寛之、赤澤陽一、竹田努、松本紘平、北條麻理子、永原章仁.『早期胃癌2018』9.特殊な組織型を呈する早期胃癌 4)胃底腺型胃癌 胃と腸. 2018; 53 (5): 753-767.
  19. 上部・下部消化管 内視鏡診断㊙ノート2 4.胃底腺型胃癌 医学書院 85-105 2018.
  20. 上山浩也、八尾隆史、永原章仁.胃底腺型胃癌 基礎と臨床 臨床消化器内科,2019;34(13):1631-1640
  21. 上山浩也、八尾隆史、永原章仁.胃底腺型胃癌 別冊 日本臨床 消化管症候群,2019;9:241-246
  22. 池田厚、上山浩也、谷田貝昂ほか.発赤調・隆起型の胃底腺粘膜型胃癌の1例 臨床消化器内科,2019;34(5):563-568
  23. 上山浩也、八尾隆史、鈴木信之ほか.胃底腺型胃癌 消化器内視鏡,2020;32(1):88-93
  24. Hidaka Y, Mitomi H, Saito T, et al:Alteration in the Wnt/B-catenin signaling pathway in gastric neoplasias of fundic gland (chief cell predominant) type.Hum Pathol 44;2438-2448,2013
  25. Nomura R, Saito T, Yao T, et al. GNAS mutation as an alternative mechanism of activation of the Wnt / β-catenin signaling pathway in gastric adenocarcinoma of the fundic gland type. Hum Pathol 2014 ; 45 : 2488-2496.
  26. 村上敬,三富弘之,八尾隆史ほか.胃底腺型胃癌の発育進展様式と発癌機序.胃と腸 2015 ; 50(12) : 1559-1565.
  27. Lee SY, Saito T, Mitomi H, et al. Mutation spectrum in the Wnt /β-catenin signaling pathway in gastric fundic gland-associated neoplasms /polyps. Virchows Arch 467:27-38, 2015
  28. Murakami T, Mitomi H, Yao T, et al. Epigenetic regulation of Wnt/b-catenin signal-associated genes in gastric neoplasia of the fundic gland (chief cell-predominant) type. Pathol Int. 2017; 67(3):147-155.
  29. Tajima Y, Murakami T, Saito T et al. Distinct Involvement of the Sonic Hedgehog Signaling Pathway in Gastric Adenocarcinoma of Fundic Gland Type and Conventional Gastric Adenocarcinoma. Digestion. 2017;96(2):81-91.

講演・学会発表

  1. 上山 浩也.胃底腺型胃癌の現状と課題 ~上部消化管疾患に対するネキシウムの有用性を含めて~ Next TV Symposium 2020年3月
  2. 上山 浩也.H.pylori未感染胃癌の現状と課題 第223回栃木県消化器病研究会 2020年2月
  3. 上山 浩也.H.pylori陰性胃癌の現状と課題 第28回東東京消化器疾患研究会 2020年2月
  4. 上山 浩也.内視鏡と病理の対比と胃底腺型胃癌について 中国OLYMPUS 主催 Train the trainer 南京 江蘇省中医院 2019年11月
  5. 上山 浩也.H.pylori未感染胃癌診断の現状と課題 新宿区消化器内視鏡研究会 2019年11月
  6. 上山 浩也.H.pylori未感染胃癌の現状 中国OLYMPUS 主催 Train the trainer 上海 崋山医院 2019年9月
  7. 上山 浩也.HP未感染胃癌の現状について 中国OLYMPUS 主催 Train the trainer 南京 江蘇省中医院 2019年6月
  8. 上山 浩也.H.pylori未感染胃癌の現状~上部消化管疾患に対するネキシウムの有用性を含めて~ 消化器疾患セミナー in Sapporo 2019年6月
  9. 上山 浩也.胃底腺型胃癌 中国浙江省杭州市 「中日消化器癌の臨床及び病理学診断」 2019年 学術会議 2019年3月
  10. 上山 浩也.胃底腺型胃癌 杭州市第一人民医院消化管早期癌学習班 杭州市第一人民医院 2019年3月
  11. Ueyama H, Yao T et al. A New Histopathological Classification of Gastric Adenocarcinoma of Fundic Gland Type and Clinicopathological Features of Gastric Adenocarcinoma of Fundic Gland Mucosal Type (a Multicenter Study of 80 Cases) UEGW 2018
  12. 上山 浩也.胃底腺粘膜型胃癌の組織学的分類と臨床病理学的特徴 JDDW 2018
  13. Ueyama H, Yao T et al. Comprehensive analysis using next generation sequencing of gastric adenocarcinoma of fundic gland type DDW 2018
  14. Ikeda A, Ueyama H, Yao T et al. Clinicopathological Features of Gastric Adenocarcinoma of the Fundic Gland Type According to Color and Morphological Classification UEGW 2018
  15.  
  16. 池田 厚、上山 浩也1、八尾 隆史ほか.色調・形態学的分類による胃底腺型胃癌の臨床病理学的特徴 JDDW 2018
  17. Ueyama H, Yao T et al. Gastric adenocarcinoma of fundic gland type: cancer genomic data UEGW 2017
  18. 上山 浩也.胃底腺型胃癌の内視鏡診断体系 JDDW 2017
  19. 上山 浩也,八尾 隆史,松本 健史ほか.胃底腺型胃癌の内視鏡診断体系.Gastroenterological Endoscopy (0387-1207)59巻Suppl.2 Page2127(2017.09)
  20. 上山 浩也.胃底腺型胃癌の現状と課題 第103回 日本消化器病学会総会 2017年4月
  21. 上山 浩也.胃底腺型胃癌の現状と課題 第 5 回 FIGHT-Japan 研究会 2017年2月
  22. Ueyama H, Yao T et al. Proposal for a New Aggressive Variant of Gastric Adenocarcinoma of Fundic Gland Type (a Multicenter Study of 50 Cases) UEGW 2016
  23. 上山 浩也.胃底腺型胃癌の高悪性度組織亜型・胃底腺粘膜型胃癌の臨床病理学的特徴 JDDW 2016
  24. Ueyama H, Yao T et al. Clinicopathological features of gastric adenocarcinoma of fundic gland mucosal type APDW 2016
  25. 松本 紘平,上山 浩也ほか.胃底腺型胃癌の一例.九州胃拡大内視鏡研究会2016年8月
  26. 上山 浩也.胃底腺型胃癌の臨床病理学的特徴 日本消化器内視鏡学会総会 2015
  27. Ueyama H, Yao T et al. Gastric Adenocarcinoma of the Fundic Gland Type (Chief Cell Predominant Type): Results from 70 Cases in a Multicenter Study UEGW 2015
  28. 上山 浩也.胃底腺型胃癌の臨床病理学的特徴 JDDW 2015
  29. 上山 浩也ほか.非典型的な内視鏡所見を呈した胃底腺型胃癌の一例.九州胃拡大内視鏡研究会2015年2月
  30. 上山 浩也ほか.胃底腺型胃癌のNBI併用拡大内視鏡を含む内視鏡診断体系.胃病態機能研究会2015年2月
  31. Ueyama H, Yao T et al. Establishment of Endoscopic Diagnosis for Gastric Adenocarcinoma of the Fundic Gland Type (Chief Cell Predominant Type) using a Magnifying Endoscopy with Narrow-Band Imaging UEGW 2014
  32. 上山 浩也.胃底腺型胃癌のNBI併用拡大内視鏡を含む内視鏡診断体系 日本消化器内視鏡学会総会 2014
  33. 上山 浩也ほか.胃底腺型胃癌の一例.九州胃拡大内視鏡研究会2012年2月
  34. 上山 浩也.胃底腺型胃癌9症例の検討 日本消化器内視鏡学会総会 2012年5月
  35. Ueyama H, Yao T et al. Gastric Adenocarcinoma of Fundic Gland Type (Chief Cell Predominant Type): Endoscopic and Clinicopathological Features UEGW 2012