潰瘍性大腸炎に対する水素ガス吸入の研究(潰瘍性大腸炎に対する水素ガス吸入の無作為化二重盲検並行群間試験UMIN000042017)

トピックス

キリンホールディングス株式会社との共同研究を開始しました

潰瘍性大腸炎に対する便移植療法についてはこちら

食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の研究についてはこちら

【臨床研究参加者募集】

本臨床研究では、潰瘍性大腸炎の患者さんに水素ガスを吸入していただくことで、乱れた腸内細菌叢を正常化し、症状を改善することを目的としています。また、便や血液から腸内細菌叢や免疫などの体のはたらきを調べ、より優れた治療薬・治療法の開発につなげることを検討しています。ご協力いただける患者さんを募集しています。 臨床研究への参加にご興味のある方は、fmt@juntendo.ac.jpに問合せていただくか、消化器内科 石川、祓川の外来にて直接ご相談ください。

【対象者】

順天堂医院 消化器内科に通院中の方で年齢が20歳以上の潰瘍性大腸炎と診断された方を対象とします。ただし、その他の合併症や治療経過により、担当医師が不適切と判断した方は除きます。

担当医師 順天堂大学消化器内科     石川 大
     順天堂大学消化器内科     秡川 真由子

2021年2月9日