低侵襲手術の取り組み

EMR(Endoscopic Mucosal Resection: 内視鏡的粘膜切除術)
ESD(Endoscopic Submucosal Dissection: 内視鏡的粘膜下層剥離術)

内視鏡をみながら粘膜下層の深さで、病変部を含めて粘膜層を広く切除する方法です。食道・胃・大腸などの消化管の早期がんやポリープの治療で、以前は開腹手術を要した病気が、今では内視鏡で治療できるようになっています。特に胃がんは日本人にとても多いがんですので、みなさんは年に一回のバリウムや内視鏡検査による胃がん検診をお受けになっていると思います。以前は胃がんとわかるとすぐ手術で胃を切除していました。今では早期の状態の胃がんでは、お腹をあけなくても内視鏡により治療ができるようになってきました。がん細胞の種類が転移しにくいタイプで、粘膜の表面にしか病気がない場合は、胃のまわりのリンパ腺にがん細胞が転移していることはほぼありません。したがって、内視鏡によりがんに冒された粘膜のところだけはぎ取れば、胃を切除することなく胃がんの完全な治療ができるのです。食道や大腸にできたがんも早期であれば同様に内視鏡で取り除くことが可能です。しかし、胃など消化管の壁はとてもうすく、また壁のなかにはたくさんの血管が走っていますので、内視鏡による手術には、胃の壁に穴があく穿孔や出血などの危険があります。がん細胞を取り残さず、かつ安全に切除することはとても熟練を要する技術です。当院では、経験豊かな熟練した医師が専門的にこの手術を担当しています。また高度の診断、治療を可能にする高解像度のハイビジョン電子内視鏡システムと、出血などの手術の合併症を最小限に抑える最新型の電気手術装置を導入しており、より安全かつ確実な内視鏡手術ができるような設備が整っております。切除後は、人工的な潰瘍になりますので、まれに出血や穿孔などを起こす可能性があり、そのために原則として入院して行います。早期胃がん・大腸がんやポリープなどの治療は、根治的に治療できる病変の大きさには自ずと制限はありますが、病変部の拡がりと深さ、組織の顔つきによって、適応を厳密に決定していますので、担当医とよく御相談下さい。
いずれの治療も、きちんと病変組織が取りきれたのかを確認します。取ってきた組織の断端を顕微鏡で観察し、がんやポリープなどの組織が切り口に残っていないことを確認します。主な合併症は出血・穿孔(消化管に穴があく)・腹痛などがあります。
さて、実際の内視鏡による切除方法についてですが、1980年代より内視鏡的粘膜切除術(EMR)が始まり、その手技、機械は著しく進歩してきました。特にITナイフ、フレックスナイフ、フックナイフなどの処置具の登場は内視鏡治療に革命をもたらしました。内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は病変の周囲の粘膜を切開した後,粘膜下層を剥離し病変を切除する方法で病変を一括切除出来る確実な内視鏡治療です。当院では早期胃がん(胃腺腫も含む)の患者に対してESDを施行しています。

ラジオ波焼却術 (RFA: radiofrequency ablation)

肝臓がんによる死亡者数が、この25年間で3倍に増え、年間3万人を越え急激に増加しています。肝臓がんの95%はウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎)が原因です。特にC型肝炎ウイルス感染からの肝臓がんが75~80%を占めています。C型肝炎では、慢性肝炎から段階を経て徐々に肝硬変へ進行するのが特徴ですが、それに伴って肝臓がんの発生率が高くなります。即ち、C型肝炎ウイルスに感染し、慢性化することによって肝細胞の破壊が進み、肝硬変を経てがんが発生するのです。肝臓にできるがん(肝細胞がん)や他の臓器に発生したがんの肝臓への転移の治療としては、手術(肝切除術)、全身的化学療法、肝動脈塞栓療法(TAE)、抗がん剤の肝動脈注入療法・カテーテル埋め込み、エタノール注入療法(PEIT)など、いろいろありますが、最近特に効果の確実性と、患者さんの体への負担の少ないことで注目されているのが、経皮的ラジオ波焼灼治療(RFA)です。肝臓がんの治療法は、がんの大きさ、個数やその位置および肝臓の機能を考慮して決定しますが、既に進展した肝硬変やがんが多発している場合が多いため、外科的な手術よりもむしろ内科的な治療の役割が大きくなっています。経皮的ラジオ波焼灼治療(RFA)は皮膚の局所麻酔と点滴による鎮痛剤だけで、短時間で終了し、入院期間も比較的短期間で済みます。肝臓の腫瘍を超音波で位置を確認して、先端に電極を付けた専用の針を腫瘍内に刺入します。電極にラジオ波を通電すると、腫瘍を含めた一定の範囲が焼けた状態となります。直径3cm位までの腫瘍なら1回の治療で焼くことができます。短期間の入院期間で肝臓がんの完全壊死が達成できることから、患者さんのQOL(生活の質)を改善し高い生存率が期待できる治療法です。腫瘍の再発についてですが、この治療は局所的治療ですので、治療した部位以外のところに新たな腫瘍ができることは防げません。したがって治療後は定期的に超音波やCTで経過を見る必要があります。再発が見られてもまたRFAを繰り返すことができます。