学会活動

平成26年(2014)1~12月

学会発表

  1. Akira Uchiyama, KenichiIkejima, Kumiko Arai, KazuyoshiKon, Kyoko Fukuhara, Tomonori Aoyama, Shunhei Yamashina, Sumio Watanabe. Glycine minimizes hepatic innate immune responses and autoimmunity caused by double-stranded RNA. 63th American Association of Study of Liver Disease.: November 9, 2014, Boston (USA).
  2. Aoyama T, Miyazaki A, Watanabe S, Spleen deficiency enhances liver fibrosis in mice. JDDW 2014 (第22回日本消化器関連学会週間).
  3. Aoyama T, Uchiyama A, Kon K, Yamashina S, Ikejima K, Watanabe S. Iron chelater, ICL670 prevents the developm
  4. ent of carbon tetrachloride-induced liver fibrosis in mice. Digestive Disease Week 2014 (DDW2014).
  5. Beppu K, Sakamoto N, Osada T, Matsumoto K, Shibuya T, Nagahara A, Ogihara T, Watanabe S. What is the optimal timing for resumption of antithrombotic therapy after endoscopic resection of colorectal tumors?. Digestive Disease Week 2014 (DDW2014).
  6. Daisuke Asaoka, Akihito Nagahara, Yuji Shimada, Taro Osada, Mariko Hojo, Sumio Watanabe. H. pylori infection is a risk factor of osteoporosis in Japan. 14. 5. 3 DDW (Digestive Disease Week) (シカゴ).
  7. Daisuke Asaoka, Akihito Nagahara, Yuji Shimada, Taro Osada, Mariko Hojo, Sumio Watanabe. The relationship between H. pylori infection and osteoporosis in Japan. 14. 9. 11 XXVIIth International Workshop on Helicobacter & Microbiota in Inflammation & Cancer (Rome).
  8. Eisuke Nakadera, Shunhei Yamashina, Yoshihiro Inami, Kousuke Izumi, Tomonori Aoyama, Akira Uchiyama, Kazuyoshi Kon, Kenichi Ikejima, Sumio Watanabe. Hepatic steatosis impairs acidification of autolysosomes via suppression of vacuolar ATPase subunit in lysosomes.米国肝臓学会AASLD,米国・ボストン,2014年11月10日.
  9. Hojo M, Nagahara A, Sasaki H, Shimada Y, Asaoka D, Ueyama H, Matsumoto K, Osada T, Watanabe S. Did the new guideline cause a change in endoscopic mucosal biopsy? 14. 5. 15 第87回日本消化器内視鏡学会総会(福岡).
  10. Ikejima K, Arai K, Uchiyama A, Kon K, Yamashina S, Watanabe S. Ursolic adid ameliorates murine cholangitis induced by double-stranded RNA. The international liver congress 2014 (EASL2014).
  11. Ikejima K, Takashima S, Arai K, Kon K, Yamashina S, Watanabe S. Dietary supplementation of glycine ameliorates diabetic steatohepatitis in KK-Ay mice through immune-metabolic regulation. Digestive Disease Week 2014 (DDW2014).
  12. Ito T, Nagahara A, Osada T, Kato J, Ueyama H, Saito H, Watanabe S. EFFICACY OF RECOMBINANT HUMAN SOLUBLE THROMBOMODULIN IN PATIENTS WITH SEPSIS AND DISSEMINATED INTRAVASCULAR COAGULATION IN THE GASTROENTEROLOGY FIELD. United european gastroenterology week 2014, Vienna, Austria, 2014. 10. 18-22.
  13. Izumi K, Nagahara A, Fukushima H, Shimada Y, Higashihara Y, Serizawa N, KatoJ, Osada T, YaoT, Watanabe S. Pancreatoblastoma in an Adult: Case Report Digestive Disease Week 2015, Washington DC.
  14. Kon K, Ikejima K, Arai K, Morinaga M, Kusama H, Uchiyama A, Aoyama T, Yamashina S, Watanabe S. Suppression of endoplasmic reticulum stress by chemical chaperon inhibits carcinogenesis in steatohepatitis-related HCC model mice. International Society for Biomedical Research on Alcoholism 2014 (ISBRA 2014), Jun 21, 2014, Bellevue (USA).
  15. Kon K, Ikejima K, Kusama H, Morinaga M, Arai K, Uchiyama A, Aoyama T, Yamashina S, Watanabe S. L-carnitine improves high-fat diet-induced steatohepatitis through insulin sensitization and regulation of lipid metabolism. 63th American Association of Study of Liver Disease.: November 9, 2014, Boston (USA).
  16. Kon K, Ikejima K, Uchiyama A, Aoyama T, Arai K, Morinaga M, Yamashina S and Watanabe S. The chemical chaperon 4-phenylbutyrate prevents epigenetic alterations and carcinogenesis in NASH-HCC model mice. 49th Annual Meeting of The European Association for the Study of the Liver. (EASL) 2014. 4. 10: London (United Kingdom).
  17. Matsumoto K, Matsumoto K, Nagahara A, Nakagawa Y, Ueyama H, Shimada Y, Asaoka D, Hojo M, Watanabe S. DEVELOPMENT OF PROPOFOL SEDATION FOR THRAPEUTIC ENDOSCOPY UNDER DEEP SEDATION WITH SPONTANEOUS RESPIRATION. UEGW 2014, October 18-22, 2014, ACV, Vienna, Austria.
  18. Matsumoto K, Nagahara A, Sagawa E, Nakagawa Y, Matsumoto K, Ueyama H, Sakamoto N, Terai T, Watanabe S. Clinicopathological feature and risk factor of interval cancer. United european gastroenterology week 2014 Vienna, Austria, 2014. 10. 18-22.
  19. Nagahara A, Sasaki H, Asaoka D, Shimada Y, Hojo M, Watanabe S. Fourteen years annual change of eradication rate and unexamined (patients eho don't undergo diagnosis of eradication result) rate in Japan. XXVIIth International Workshop on Helicobacter & Microbiota in Inflammation & Cancer (Rome).
  20. Nagahara A, Asaoka D, Hojo M, Sasaki H, Shimada Y, Ueyama H, Matsumoto K, Watanabe S. Symptoms don't reflect mucosal healing in patient with reflux esophagitis during maintenance therapy. United european gastroenterology week 2014 Vienna, Austria, 2014. 10. 18-22.
  21. Nomura O, Osada T, Sakamoto N, Shibuya T, Ishikawa D, Nagahara A, Ogihara T, Arakawa A, Watanabe S. Predictive ability of relapse in patients with resolved ulcerative colitis using autofluorescence imaging endoscopy. Digestive Disease Week 2014 (DDW 2014).
  22. Nomura O, Osada T, Shibuya T, Ishikawa D, Sakamoto N, Ritsuno H, Nagahara A, Ogihara T, Watanabe S. Cytapheresis as remission induction therapy in 154 ulcerative colitis patients: A five year experience. 9th congress of ECCO.
  23. Shimada Y, Nagahara A, Asaoka D, Hojo M, Watanabe S. Upper gastrointestinal mucosal injury and symptoms in elderly Patients Taking low-dose aspirin. United european gastroenterology week 2014 Vienna, Austria, 2014. 10. 18-22.
  24. Tomonori Aoyama, Akihisa Miyazaki, Sumio Watanabe. Spleen deficiency enhances liver fibrosis in mice. 第22回 JDDW,神戸,2014年10月23日.
  25. Tomonori Aoyama, Akira Uchiyama, Kazuyoshi Kon, Hironao Okubo, Shunhei Yamashina, Kenichi Ikejima, Shigehiro Kokubu, Akihisa Miyazaki, Sumio Watanabe. Spleen prevents the development of liver fibrosis by Kupffer cells deactivation through lipocalin-2 production in mice. 65th The Liver Meeting, Annual Meeting of the American Asociation for the study of Liver Dieases, Boston, USA, Nov. 8, 2014.
  26. Tomonori Aoyama, Akira Uchiyama, Kazuyoshi Kon, Shunhei Yamashina, Kenichi Ikejima, Sumio Watanabe. Iron chelater, ICL 670 prevents the development of carbon tetrachloride-induced liver fibrosis in mice. Digestive Disease Week, Chicago, USA, May. 3, 2014.
  27. Ueyama H, Matsumoto K, Nagahara A, Nakagawa Y, Matsumoto K, Yao T, Watanabe S. Establishment of Endoscopic Diagnosis for Gastric Adenocarcinoma of the Fundic Gland Type (Chief Cell Predominant Type) using a Magnifying Endoscopy with Narrow-Band Imaging. United european gastroenterology week 2014, Vienna, Austria, 2014. 10. 18-22.
  28. Ueyama H, Matsumoto K, Nagahara A, Nakagawa Y, Matsumoto K, Yao T, Watanabe S. A morphological classification of white opaque substance within gastric neoplasia visualized by magnifying endoscopy with narrow-band imaging. United european gastroenterology week 2014, Vienna, Austria, 2014. 10. 18-22.
  29. Ueyama H, Matsumoto K, Nagahara A, Nakagawa Y, Matsumoto K, Yao T, Watanabe S. Establishment of Endoscopic Diagnosis for Gastric Adenocarcinoma of the Fundic Gland Type (Chief Cell Predominant Type)using a Magnifying Endoscopy with Narrow-Band Imaging. United european gastroenterology week 2014, Vienna, Austria, 2014. 10. 18-22.
  30. 相羽千絵子,浅岡大介,廣本貴史,大久保捷奇,竹田努,田島譲,斉藤紘昭,青山友則,稲見義宏,澁谷智義,長田太郎,永原章仁,渡辺純夫.蛋白漏出性胃腸症を合併した成人シェーンライン・ヘノッホ紫斑病の一例.日本消化器病学会関東支部第330回例会,東京,2014. 7. 26.
  31. 池嶋健一,新井久美子,内山明,今一義,山科俊平,渡辺純夫.Poly I: C 誘発自己免疫性胆管炎に対するウルソール酸の抑制作用.第25回The Meeting of Liver and Immunology,京都,2014. 9. 6.
  32. 石川大,長田太郎,渡辺純夫.Regulation of colonic inflammation by commensal flora in SAMP1/YitFc mice. 9th Congress of ECCOヨーロッパ炎症性腸疾患学会 ECCO発表,2014年2月21日.
  33. 板津智子,中嶋美香子,渡辺純夫.統合失調症における肝機能障害.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  34. 伊藤智康,崔仁煥,小森寛子,金澤亮,椎名秀一朗,渡辺純夫.胆管結石の内視鏡治療後膵炎予防における小切開EST+EPBDの有用性.第31回日本胆膵病態・生理研究会,コクヨホール,2014年6月14日.
  35. 伊藤智康,崔仁煥,渡辺純夫,大久保裕直,宮﨑招久.胆管結石による急性閉塞性化膿性胆管炎に対する緊急ERCPについての検討.JDDW 2014,神戸国際会議場,2014年10月24日.
  36. 伊藤智康,山科俊平,三浦匡央,泉健太郎,中寺英介,内山明,青山友則,今一義,鈴木聡子,池嶋健一,渡辺純夫.肝癌合併が食道静脈瘤の内視鏡治療に及ぼす影響についての検討.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014.11.27-28.
  37. 伊藤智康,崔仁煥,丸木実子,石井重登,小森寛子,金澤亮,椎名秀一朗,渡辺純夫.小切開EST+EPBD―高齢者胆管結石の内視鏡治療に伴う偶発症ゼロを目指して―.第100回日本消化器病学会総会,東京国際フォーラム,2014年4月25日.
  38. 金光芳生,玄田拓哉,村田礼人,廿楽裕徳,佐藤俊輔,成田諭隆,石川幸子,菊池哲,飯島克順.肝内SPIO取り込みのびまん性低下を認めた重症型アルコール性肝炎の2例.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014.11.27-28.
  39. 玄田拓哉.脳死肝移植待機症例から見たわが国の肝移植後グラフト機能不全の現状.JDDW 2014第22回日本消化器関連学会,神戸国際展示場・ポートピアホテル・神戸国際会議場,平26年10月26日.
  40. 今一義,池嶋健一,渡辺純夫.肝発癌におけるPten発現の変化と性差の影響.第10回消化器病における性差医学・医療研究会,東京,2015.7.26.
  41. 佐々木仁,永原章仁,北條麻理子,嶋田裕慈,浅岡大介,渡辺純夫.順天堂大学におけるヘリコバクター・ピロリ1次・2次除菌の推移.第20回日本ヘリコバクター学会,東京,2014. 6. 28-29.
  42. 佐藤俊輔.AKRB1B10:C型肝炎における組織学的肝発癌予測バイオマーカー.JDDW 2014第22回日本消化器関連学会,神戸国際展示場・ポートピアホテル・神戸国際会議場,平26年10月23日.
  43. 佐藤俊輔.C型肝炎SVR後に発症した肝未分化肉腫の一例.日本消化器病学会東海支部第121回例会,第32回教育講演会,名古屋国際会議場2号館,平26年12月6日.
  44. 嶋田裕慈,稲見義宏,渡辺純夫,田中卓雄.CT Gastrographyにて指摘された前庭部隆起性病変の1例.第4回Virtual Endoscopy研究会,東京,2014. 8. 30.
  45. 嶋田裕慈,永原章仁,佐々木仁,浅岡大介,北條麻理子,渡辺純夫.当院におけるH. pylori一次・二次除菌率,および一次・二次除菌後判定未施行率の年次推移.第17回日本臨床腸内微生物学総会,東京,2014. 10. 4.
  46. 多田昌弘,佐々木仁,中江弘三郎,高嶋志在,松山秀二郎.NASHの経過中に白血病を発症した1例.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  47. 田中一平,内山明,亀井將人,冨嶋享,伊藤智康,松本紘平,小谷知弘,加藤順子,今一義,澁谷智義,山科俊平,鈴木聡子,池嶋健一,渡辺純夫.経頸静脈的肝生検にて診断しえた肝アミロイドーシスの1例.日本消化器病学会関東支部第332回例会,東京,2014. 7. 12. 13.
  48. 廿楽裕德.短期間のSorafenib投与が肝細胞癌縦隔リンパ節転移からの気管支湿潤,肺静脈腫瘍栓に有効であった1例.第11回日本肝がん分子標的治療研究会,海運クラブ3F,平26年1月31日.
  49. 廿楽裕德.RFA施行5年後に穿刺経路幡種性再発をきたした非B非C肝細胞癌の1例.第50回日本肝癌研究会,国立京都国際会館1階アネックスホール,平26年6月6日.
  50. 廿楽裕德.Mallory-Weiss裂創を伴った突発性食道粘膜下出血の一例.日本消化器病学会東海支部第121回例会,第32回教育講演会,名古屋国際会議場2号館,平26年12月6日.
  51. 野元勇佑,北村庸雄,岡村庸介,北沢尚子,荻原伸悟,須山正幸,竹村勇治,鈴木真由,川上智寛,中津洋一,西慎二郎,深見久美子,岩本志穂,須山正文.下垂体機能不全による非アルコール性脂肪性肝炎が急速に肝硬変に進展したと考えられる一例.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  52. 廣本貴史,北條麻理子,上山三鈴,佐々木仁,今一義,芹澤信子,大久保捷奇,柿原千絵子,竹田努,田島譲,斉藤紘昭,青山友則,浅岡大介,長田太郎,永原章仁,渡辺純夫.エンドキサンによって治癒した顆粒リンパ球増多症に合併した消化管多発潰瘍の一例.日本消化器病学会関東支部第331回例会,東京,2014. 7. 9. 20.
  53. 村田礼人,玄田拓哉,佐藤俊輔,森雅史,廿楽裕徳,成田諭隆,金光芳生,石川幸子,菊池哲,飯島克順,渡辺純夫.肝硬変合併脾動脈瘤破裂の2例.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  54. 山科俊平,泉光輔,稲見義宏,内山明,今一義,池嶋健一,渡辺純夫.ニコチンによる肝細胞オートファジー抑制と細胞障害.肝細胞研究会,東京医科歯科大学M & Dタワー,2014年6月27日.
  55. 山科俊平,池嶋健一,渡辺純夫.生活習慣病と消化器疾患・病態生理学の新たな進展 喫煙による肝細胞オートファジー抑制を介した脂質代謝障害.第100回日本消化器病学会総会,東京国際フォーラム,2014年4月23日.
  56. 伊藤翔子,嶋田裕慈,芹澤信子,鈴木麻衣子,泉健太郎,福嶋浩文,松本紘平,長田太郎,永原章仁,渡辺純夫.潰瘍性大腸炎に合併した結節性紅斑,関節炎に対して顆粒球除去療法が著効した1例.日本消化器病学会関東支部第329回例会,東京,2014. 5. 10.
  57. 井草祐樹,大久保裕直,宮崎招久,町田理夫,児島邦明.切除不能進行癌による胃十二指腸狭窄に対する十二指腸ステント留置術の検討.JDDW 2014, 神戸,2014. 10. 23.
  58. 井草祐樹,大久保裕直,深田浩大,青山友則,宮崎招久,渡辺純夫.硬化性胆管炎類似の胆管像を呈した好酸球性胆管炎の一例.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  59. 稲見義宏,坂本直人,後藤真吾パブロ,立之英明, 上山浩也, 嶋田裕慈, 長田太郎,永原章仁,荻原達雄,渡辺純夫.大腸平坦型腫瘍に対する造影CT Colonographyの有用性について.第87回日本消化器内視鏡学会総会,福岡,5月.
  60. 稲見義宏,山科俊平,今一義,池嶋健一,渡辺純夫.肝脂肪化によるオートファジー機能障害と肝発癌.第1回肝臓と糖尿病・代謝研究会.
  61. 永原章仁,浅岡大介,北條麻理子,佐々木仁,嶋田裕慈,上山浩也,松本健史,渡辺純夫.逆流性食道炎維持療法での自覚症状と内視鏡治癒の関連性の検討.第87回日本内視鏡学会総会.
  62. 永原章仁,浅岡大介,北條麻理子,佐々木仁,嶋田裕慈,渡辺純夫.初発GERD,再発GERDにおけるPPI維持療法―継続治療,頓服治療―での症状改善効果の検討.第100回日本消化器病学会総会.
  63. 横川順子,池嶋健一,新井久美子,今一義,山科俊平,渡辺純夫.脂肪性肝炎の病態形成における制御性T細胞の関与.第50回日本肝臓学会総会.
  64. 横川順子,池嶋健一,新井久美子,今一義,山科俊平,渡辺純夫.脂肪性肝炎の病態形成における制御性T細胞の機能異常.第28回肝類洞壁細胞研究会学術集会,岡山,2014. 12. 13-14.
  65. 荻原伸悟,川上智寛,鈴木真由,竹村勇治,金澤亮,北沢尚子,岡村庸介,岩本志穂,山中晃一郎,北村庸雄,須山正文.慢性膵炎に対する膵管ステントの有用性. 第45回日本膵臓学会大会,2014年7月,北九州(福岡).
  66. 後藤真吾・パブロ,坂本直人,田島譲,福嶋浩文,村上敬,立之英明,上山浩也,佐々木仁,稲見義宏,松本健史,澁谷智義,長田太郎,永原章仁,三富弘之,荻原達雄,八尾隆史,渡辺純夫.大腸LST-GとLST-NGの粘膜筋板の配列及び粘膜下層の血管密度の差異.第87回日本消化器内視鏡学会総会,福岡,5月.
  67. 後藤真吾パブロ,坂本直人,立之英明,田島譲,福嶋浩文,村上敬,上山浩也,長田太郎,永原章仁,荻原達雄,八尾隆史,渡辺純夫.内視鏡的切除が困難であった2例の大腸粘膜内病変.JDDW 2014 (第22回日本消化器関連学会週間).
  68. 今一義,森永真紀,渡辺純夫.カルニチンによる脂肪性肝疾患の治療効果―高度脂肪肝マウスモデルを用いた検討―.第18回日本肝臓学会大会,第22回日本消化器関連学会週間シンポジウム4,2014年10月23日,神戸国際展示場他(兵庫県神戸市).
  69. 今一義,森永真紀,渡辺純夫.脂肪肝モデルマウスに対するL-カルニチンの治療効果.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  70. 今一義,池嶋健一,渡辺純夫.脂肪性肝炎の病態形成における小胞体ストレスの役割.平成26年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会シンポジウム8,2014年10月4日,パシフィコ横浜(神奈川県横浜市).
  71. 今一義,池嶋健一,内山明,山科俊平,渡辺純夫.ストレプトゾトシン/高脂肪食による脂肪性肝炎由来肝発癌モデルの解析と化学シャペロンによる効果の検討. 第50回日本肝臓学会総会パネルディスカッション1,2014年5月29日,ホテルニューオータニ(東京都).
  72. 今一義,池嶋健一,森永真紀,青山友則,内山明,山科俊平,渡辺純夫.フェニル酪酸を用いたNASH肝癌モデルマウスに対する治療効果の検討.第4回肥満と消化器疾患研究会.
  73. 今一義,池嶋健一,草間ひろみ,森永真紀,青山友則,内山明,山科俊平,渡辺純夫.高血糖肝発癌モデルに対するフェニル酪酸の効果.第1回肝臓と糖尿病・代謝研究会.
  74. 佐藤寿史,山科俊平,福嶋浩文,伊藤智康,中寺英介,青山友則,内山明,今一義,鈴木聡子,池嶋健一,渡辺純夫.コクサッキーA4感染による心筋炎を来し重症肝障害を認めた一例.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  75. 坂本直人,長田太郎,渡辺純夫.超高齢者(85歳以上)に対する内視鏡どこまでするの下部消化管85歳以上超高齢者における大腸病変有病率10年の変遷大腸内視鏡検査からみた検討.第87回日本消化器内視鏡学会総会,福岡,5月.
  76. 三浦匡央,内山明,泉健太郎,伊藤智康,中寺英介,今一義,山科俊平,鈴木聡子,池嶋健一,小松則夫,桑鶴良平,渡辺純夫.真性多血症に合併した胃静脈瘤に対し部分的脾動脈塞栓術(PSE)が奏功した1例.第21回日本門脈圧亢進症学会総会,東京,2014年9月12日.
  77. 小熊一豪,福田充,佐藤雅,國分茂博.超高齢者の胃癌に有用であった十二指腸ステント留置の1例.第603回日本内科学会関東地方会,2014. 2. 8.
  78. 松本健史,永原章仁,上山浩也,中川裕太,田島譲,森本崇,松本紘平,佐々木仁,嶋田裕慈,浅岡大介,北條麻理子,渡辺純夫.H. pylori除菌後に消失したcrystalline plasma cell inclusionsと胃腺腫の1例.日本消化管学会,福島,2月15日.
  79. 松本健史,永原章仁,渡辺純夫.自発呼吸下における治療内視鏡での安全,簡便なプロポフォール使用法の検討.日本内視鏡学会総会.
  80. 松本健史,永原章仁,渡辺純夫.Consideration of Proper Follow-up Period from Interval Cancer and Non-interval Cancer. JDDW 2014 国際シンポジウム,10月25日.
  81. 松本健史,永原章仁,渡辺純夫.clinicopathological features and risk factors of interval cancer. UEGW 2014 ウイーン 口演.
  82. 松本紘平,上山浩也,松本健史,赤澤陽一,中川裕太,佐々木仁,嶋田裕慈,北條麻理子,永原章仁,八尾隆史,渡辺純夫.隆起型非混在乳頭腺癌の一例.第98回日本消化器内視鏡学会関東地方会,東京,2014. 6. 14-15.
  83. 松本紘平,上山浩也,松本健史,中川裕太,永原章仁,八尾隆史,渡辺純夫.隆起型非混在乳頭腺癌の1例.第11回九州胃拡大内視鏡研究会,2014年2月8日.
  84. 松本紘平,上山浩也,松本健史,中川裕太,永原章仁,八尾隆史,渡辺純夫.White opaque substance (WOS) 陽性の胃過形成性ポリープの1例.第10回日本消化管学会総会学術集会 2014年2月14日(金)〜15日(土)福島ビューホテル・コラッセふくしま・ホテル福島グリーンパレス.
  85. 上山浩也,八尾隆史,渡辺純夫.胃底腺型胃癌のNBI併用拡大内視鏡を含む内視鏡診断体系.日本消化器内視鏡学会総会,福岡サンパレス シンポジウム10,上部消化管における拡大内視鏡診断,2014年5月17日.
  86. 深見久美子,北村庸雄,岩本志穂,岡村庸介,北沢尚子,荻原伸悟,須山正幸,竹村勇治,川上智寛,鈴木真由,野元勇佑,中津洋一,西慎二郎,須山正文.Inflammatory myofibroblastic tumorとの鑑別が困難であった肝腫瘤性病変の1例.第332回日本消化器病学会 関東支部例会,2014年12月,東京.
  87. 水井智和,別府加寿子,山科俊平,池嶋健一,渡辺純夫.肝硬変による高アンモニア血症に対するレボカルニチン製剤の使用経験.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  88. 青山友則,高田英克,大崎高伸,内山明,福原京子,栁沼礼子,今一義,山科俊平,鈴木聡子,池嶋健一,伴秀行,渡辺純夫.非アルコール性脂肪性肝疾患患者に対するインターネットによる積極的栄養指導を利用した食事療法の有用性.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  89. 青山友則,松本俊治,内山明,今一義,山科俊平,鈴木聡子,池嶋健一,八尾隆,桑鶴良平,渡辺純夫.IgG4関連疾患の関与が考えられた好酸球増多症候群による難治性重症型急性肝炎の1例.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  90. 青山友則,内山明,今一義,福原京子,栁沼礼子,山科俊平,鈴木聡子,池嶋健一,渡辺純夫.経口鉄キレート剤ICL670による肝線維化改善効果の検討.第50回 日本肝臓学会総会,東京,2014年5月29日.
  91. 石川大,松山秀二郎,中江弘三郎,高嶋志在,伊藤翔子,長田太郎,渡辺純夫.生物製剤無効例に対してのGMA後の生物製剤再導入の有効性.第87回日本消化器内視鏡学会総会,福岡,5月.
  92. 石川大,長田太郎,澁谷智義,坂本直人,野村収,永原章仁,荻原達雄,渡辺純夫.潰瘍性大腸炎の再燃予測からみた粘膜治癒について.第98回日本消化器内内視鏡学会 関東地方会,東京,2014. 6. 14-15.
  93. 川上智寛,岩本志穗,山中晃一郎,岡村庸介,北沢尚子,荻原伸悟,竹村勇治,金澤亮,鈴木真由,野元勇佑,北村庸雄,須山正文.当院におけるInfliximabを導入した潰瘍性大腸炎の治療経過の検討.第100回日本消化器病学会総会,2014年4月,東京.
  94. 川上智寛,北村庸雄,岩本志穗,岡村庸介,北沢尚子,竹村勇治,荻原伸悟,鈴木真由,野元勇佑,中津洋一,西慎二郎,深見久美子,須山正文.C型慢性肝炎におけるシメプレビルを用いた3剤併用療法.第21回 東葛C型肝炎研究会,2014年10月,船橋.
  95. 泉健太郎,芹澤信子,野村亮介,松本紘平,澁谷智義,坂本直人,長田太郎,鈴木聡子,八尾隆史,渡辺純夫.腸閉塞を契機に発見されたSLEに合併する小腸リンパ腫の1例.日本内科学会関東地方会604回.
  96. 泉健太郎,坂本直人,村上敬,澁谷智義,長田太郎,永原章仁,渡辺純夫.出血性大腸憩室症に対するバリウム充填の効果.第89回 日本消化器内視鏡学会総会,名古屋.
  97. 泉健太郎,山科俊平,三浦匡央,伊藤智康,中寺英介,青山友則,内山明,今一義,鈴木聡子,池嶋健一,渡辺純夫.傍食道静脈がEVL治療後の再発に与える影響.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  98. 浅岡大介,永原章仁,橋本崇,佐々木仁,嶋田裕慈,北條麻理子,渡辺純夫.Endoscopically suspected esophageal metaplasia (ESEM)のリスクファクターの検討.14. 2. 13 日本消化管学会(福島).
  99. 浅岡大介,永原章仁,佐々木仁,嶋田裕慈,北條麻理子,渡辺純夫.本邦におけるH. pylori感染と骨粗鬆症の関連の検討.第20回日本ヘリコバクター学会,東京,2014. 6. 28-29.
  100. 浅岡大介,永原章仁,長田太郎,北條麻理子,渡辺純夫.消化器内科外来における骨粗鬆症のリスクファクターの検討.第100回日本消化器病学会,東京,4月.
  101. 浅岡大介,永原章仁,嶋田裕慈,北條麻理子,渡辺純夫.ラット慢性逆流性喉頭炎モデルにおける組織学的特徴.14. 10. 23 JDDW(神戸).
  102. 草間ひろみ,今一義,森永真紀,内山明,青山友則,山科俊平,鈴木聡子,池嶋健一,渡辺純夫.肝硬変症例のアルブミン低下に寄与する因子の検討.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  103. 大久保裕直,深田浩大,井草祐樹,宮崎招久,國分茂博.左側門脈圧亢進症に対して部分的脾動脈塞栓術が奏功した2例.第21回日本門脈圧亢進症学会総会,東京,2014. 9. 12.
  104. 大久保裕直,深田浩大,井草祐樹,宮崎招久,國分茂博,渡辺純夫.粉末シスプラチンを用いた肝動脈化学塞栓療法前におけるshort hydration法の認容性.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  105. 大久保裕直,中村香代子,大澤和彦,國分茂博.硬化型肝細胞癌の一切除例.日本超音波医学会関東甲信越地方会第26回学術集会,東京,2014. 10. 18.
  106. 大久保裕直,中村香代子,大澤和彦,國分茂博.気腫性胆管炎の一例.日本超音波医学会 関東甲信越地方会第26回学術集会,東京,2014. 10. 18.
  107. 大久保裕直,國分茂博,井草祐樹,宮崎招久,大森聡,渡野邉郁雄,児島邦明.第2世代ICGクリアランスメーターを用いたICG検査〜採血法との比較〜.第50回日本肝臓学会総会,東京,2014. 5. 29.
  108. 大久保裕直,國分茂博,深田浩大,井草祐樹,宮崎招久,大森聡,渡野邉郁雄,児島邦明.第2世代ICGクリアランスメーターを用いたICG負荷試験の有用性.JDDW 2014, 神戸,2014. 10. 23.
  109. 大塚瑠璃子,林量司,池谷仁美,中村雄二,浅野朗,大久保裕直,國分茂博.部分的脾動脈塞栓術により放射線治療が可能となった肛門管癌合併肝硬変の1例.第603回日本内科学会関東地方会,2014. 2. 8.
  110. 池嶋健一.肝臓病の最近の話題脂肪肝・脂肪性肝炎の病態.第54回日本臨床化学会年次学術集会,東京,2014年9月6日.
  111. 池嶋健一,高嶋志在,渡辺純夫.NAFLD/NASHにおける新知見と治療法の進歩 メタボリックシンドロームモデルKK-Ayマウスにおけるアミノ酸による免疫代謝調節.第100回日本消化器病学会総会,東京国際フォーラム,2014年4月23日.
  112. 池嶋健一,山科俊平,今一義,竹田和由.脂肪性肝炎の病態形成における自然免疫系の関与と免疫栄養的治療アプローチ.日本抗加齢医学会総会,大阪,2014年6月6日.
  113. 竹田努,青山友則,竹林佑人,廣本貴史,大久保捷奇,柿原千絵子,田島譲,斉藤紘昭,内山明,今一義,浅岡大介,山科俊平,鈴木聡子,池嶋健一,渡辺純夫.重篤な肝機能障害を合併した神経性食欲不振症の1例.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  114. 竹田努,村田一素,杉山真也,青木孝彦,由雄祥代,西田奈央,山極洋子,是永圭子,是永匡紹,今村雅俊,考藤達哉,正木尚彦,渡辺純夫,溝上雅史.次世代シークエンサーを使用したC型慢性肝炎患者におけるIL28Bプロモーター領域の治療反応性に関与する新規遺伝子変異の同定.2014. 5. 29-30. 第50回日本肝臓学会総会.
  115. 中寺英介,山科俊平,福生有華,泉光輔,稲見義宏,青山友則,内山明,柳沼礼子,福原京子,今一義,鈴木聡子,池嶋健一,渡辺純夫.B型肝炎・C型肝炎における肝細胞内p62蓄積と肝病態との関連についての検討.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  116. 中川裕太,松本健史,上山浩也,田中一平,竹田努,松本紘平,永原章仁,渡辺純夫.Hybrid-ESD における臓器別の最適な局注液の基礎的検討―Porcine model.第23回消化器疾患病態治療研究会,札幌,8月.
  117. 中川裕太,松本健史,永原章仁,田中一平,松本紘平,上山浩也,渡辺純夫.ブタを用いた各消化管に対するHybrid-ESDにおける最適なムコアップ®濃度の検討.7月13日,EMR/ESD研究会.
  118. 中津洋一,岩本志穂,岡村庸介,荻原伸悟,須山正幸,竹村勇治,川上智寛,鈴木真由,野元勇,佑西慎一郎,須山正文.大バルーンによる乳頭拡張術の合併症の検討.第50回 日本胆道学会学術集会,2014年9月,東京.
  119. 長田太郎,野村収,渡辺純夫.IBDにおける粘膜治癒の判定基準とその臨床的意義自家蛍光内視鏡による潰瘍性大腸炎の再燃予測について.第87回日本消化器内視鏡学会総会,福岡,5月.
  120. 田島譲,後藤真吾パブロ,坂本直人, 福嶋浩文, 村上敬, 立之英明, 澁谷智義, 長田太郎,永原章仁,荻原達雄,渡辺純夫.孤発性大腸過誤腫の臨床病理学的検討癌化例を中心に.第87回日本消化器内視鏡学会総会,福岡,5月.
  121. 田島譲,青山友則,芳賀慶一,横井一徳,小森寛子,斉藤紘昭,浅岡大介,内山明,今一義,山科俊平,鈴木聡子,池嶋健一,桑鶴良平,松本俊治,八尾隆史,渡辺純夫.HCV-RNA持続陰性化後に肝硬変を来たした若年症例の一例.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  122. 嶋田裕慈,永原章仁,上山浩也,松本健史,浅岡大介,北條麻理子,渡辺純夫.低用量アスピリンにより生じた上部消化管粘膜傷害の発症頻度,症状,QOL―複数の臓器に粘膜傷害を認めた症例の検討―.46回胃病態機能研究会.
  123. 嶋田裕慈,永原章仁,上山浩也,松本健史,浅岡大介,北條麻理子,渡辺純夫. 低用量アスピリンによる胃粘膜障害発症率の年齢別検討.第23回消化器疾患病態治療研究会,札幌,8月9日.
  124. 嶋田裕慈,永原章仁,佐々木仁,浅岡大介,北條麻理子,渡辺純夫.低用量アスピリンにより上部消化管の複数臓器に粘膜障害を生じた症例の検討―発症頻度・症状・QOL―.第100回日本消化器病学会総会.
  125. 嶋田裕慈,永原章仁,上山浩也,佐々木仁,松本健史,浅岡大介,北條麻理子,渡辺純夫.高齢者における低用量アスピリン内服と上部消化管粘膜障害の関連性―上部消化管内視鏡data baseからみた発症頻度・症状・QOLの検討―.第85回日本消化器内視鏡学会総会.
  126. 嶋田裕慈,永原章仁,上山浩也,松本健史,浅岡大介,北條麻理子,渡辺純夫. 低容量アスピリンを内服する高齢者における食道粘膜傷害の検討―発症頻度・症状・QOL―.JDDW 2014 (第22回日本消化器関連学会週間).
  127. 東原良恵,加藤順子,長田太郎,泉健太郎,芹澤信子,永原章仁,渡辺純夫.胃癌化学療法(SP療法)における血清DAO活性の推移と消化管毒性との関連.第100回日本消化器病学会,東京,4月.
  128. 内山明,今一義,新井久美子,山科俊平,池嶋健一,渡辺純夫.飽和脂肪酸負荷によるリピドラフトの形態変化と酸化ストレス応答性の亢進.第33回 アルコール医学生物学研究会,高知,2014年1月24日.
  129. 内山明,今一義,青山友則,山科俊平,池嶋健一,渡辺純夫.飽和脂肪酸負荷による肝細胞膜上のリピドラフトの局在変化と酸化ストレス応答性の亢進.第22回肝病態生理研究会,東京,2014年5月31日.
  130. 内山明,山科俊平,染谷秀忍,泉健太郎,伊藤智康,中寺英介,青山友則,今一義,鈴木聡子,池嶋健一,渡辺純夫.非B非C肝硬変に合併した食道静脈瘤の臨床的特徴および再発率の検討.JDDW 2014,神戸,2014年10月25日.
  131. 内山明,山科俊平,渡辺純夫.食道・胃静脈瘤に対するEISLの有用性とその効果検討.第50回日本肝臓学会総会,東京,2014年5月30日.
  132. 内山明,山科俊平,渡辺純夫.慢性骨髄増殖性疾患に合併した門脈圧亢進症の治療アプローチ.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  133. 冨木裕一,塚本亮一,呉一眞,青木順,河合雅也,嵩原一裕,石山隼,高橋玄,小島豊,五藤倫敏,坂本一博,立之英明,坂本直人,長田太郎,渡辺純夫.大腸ESDは早期癌の治療を変えたのか?.第81回大腸癌研究会,名古屋,7月.
  134. 福原京子,今一義,栁沼礼子,青山友則,内山明,山科俊平,鈴木聡子,池嶋健一,渡辺純夫.当院における肝硬変の成因別実態.第50回日本肝臓学会総会.
  135. 福生有華,山科俊平,泉光輔,園上浩司,荒川敦,青山友則,内山明,今一義,鈴木聡子,池嶋健一,渡辺純夫.非アルコール性脂肪性肝疾患におけるオートファジー機能異常と肝病態との相関についての検討.第28回肝類洞壁細胞研究会,岡山,2014年12月14日.
  136. 福嶋浩文,坂本直人,渡辺純夫.消化管NETの内視鏡診断と治療成績当院における直腸カルチノイド(NET-G1)腫瘍における治療成績および非治癒因子における内視鏡所見の検討.第87回日本消化器内視鏡学会総会,福岡,5月.
  137. 福嶋浩文,山科俊平,佐藤寿史,伊藤智康,中寺英介,青山友則,内山明,柳沼礼子,福原京子,今一義,鈴木聡子,池嶋健一,渡辺純夫.長期の心不全による鬱血肝から肝硬変症に至ったと考えられた一症例.第40回日本肝臓学会東部会,東京,2014. 11. 27-28.
  138. 芳賀慶一,浅岡大介,澁谷智義,村上敬,長田太郎,野村収,八尾隆史,渡辺純夫.術前診断に難渋した小腸GISTの一例.日本消化器病学会,関東支部第328回例会.
  139. 北條麻理子,永原章仁,佐々木仁,嶋田裕慈,浅岡大介,上山浩也,松本健史,長田太郎,渡辺純夫.抗血栓薬ガイドラインが内視鏡的粘膜生検手技にもたらした変化.第87回日本消化器内視鏡学会総会,福岡,5月.
  140. 槙野絵里子,竹田努,鈴木桂悟,大久保恒希,青木孝彦,今村雅俊,伊藤光一,茶谷成,青木洋一郎,矢田智之,小飯塚仁彦,上村直実.アルコール多飲により発症した急性壊死性食道炎の一例.2014. 06. 14.第98回 日本消化器内視鏡学会,関東地方会.
  141. 野元勇佑,須山正文,北村庸雄,山中晃一郎,岩本志穂,北沢尚子,岡村庸介,荻原伸悟,鈴木真由,川上智寛,金澤亮.当院における超高齢者の胆管炎に対する内視鏡治療の適応.第87回 日本消化器内視鏡学会総会,2014年5月,福岡.
  142. 野村収,長田太郎,澁谷智義,坂本直人,石川大,松本健史,永原章仁,荻原達雄,渡辺純夫.難治性潰瘍性大腸炎に対するタクロリムス・インフリキシマブの有効性の検討.第100回日本消化器病学会,東京,4月.
  143. 野村亮介,齋藤剛,李世容,日高康博,渡辺純夫,八尾隆史.胃底腺型胃癌発生におけるWnt/b-cateninシグナル伝達経路及びGNAS, KRAS遺伝子異変の関与.JDDW 2014 (第22回日本消化器関連学会週間).
  144. 立之英明,坂本直人,渡辺純夫.保険適応外病変に対する大腸ESDの検討.第87回日本消化器内視鏡学会総会,福岡,5月.
  145. 鈴木真由,竹村勇治,須山正幸,荻原伸悟,須山正文,飯田義人,福永正氣,泉浩,冨田茂樹,北村庸雄,岩本志穂,岡村庸介,北沢尚子,川上智寛,野元勇佑.先天性胆道拡張症に胆嚢癌の合併を疑い,胆管切除・胆管空腸吻合術を施行した一例.第37回 日本膵・胆管合流異常研究会,2014年9月,神奈川.
  146. 鈴木麻衣子,小林修,太田一樹,林康博,小島拓人,三好由里子,横須賀路子,黒田博之,渋谷智義,長田太郎,渡辺純夫.消化管出血を繰り返した遺伝性出血性毛細血管拡張症の一例.第99回日本消化器内視鏡学会関東地方会,6月.
  147. 廣本貴史,北條麻理子,上山三鈴,佐々木仁,今一義,芹澤信子,大久保捷奇,柿原千絵子,竹田努,田島譲,斉藤紘昭,青山友則,浅岡大介,長田太郎,永原章仁,渡辺純夫.エンドキサンによって治癒した顆粒リンパ球増多症に合併した消化管多発潰瘍の一例.14. 9. 17, 第331回日本消化器病学会関東地方会.
  148. 澁谷智義,野村収,渡辺純夫.抗血栓薬ガイドライン実施にともなう大腸腫瘍内視鏡治療の変化と後出血.第87回日本消化器内視鏡学会総会・福岡国際会議場・2014年5月15日(木)〜17日(土).
  149. 澁谷智義,野村収,福嶋浩文,村上敬,高嶋志在,立之英明,上山浩也,佐々木仁,稲見義宏,松本健史,坂本直人,長田太郎,永原章仁,荻原達雄,渡辺純夫.抗血栓薬ガイドライン導入に伴う大腸腫瘍内視鏡治療後出血の検討.JDDW 2014・神戸国際展示場・平成26年10月23日(木)〜26日(日).
  150. 髙﨑祐介,大久保裕直,深田浩大,井草祐樹,國分茂博,宮崎招久.巨大動静脈瘻を合併した進行肝細胞癌の一例.第329回日本消化器病学会関東支部例会,東京,2014. 5. 10.