患者さんを紹介してくださる先生方へ

当科は日常の多種多様の検査を通して、疾患の原因をさまざまな画像診断技術で分子・遺伝子解析法で解明しようとすると同時に、また、全人的・総合的に患者さんの病態を把握し、適切な診断・治療を行っています。そしてこの姿勢が、患者さんと心のこもった人間関係を保ちながらも、常に最高水準の医療を提供するものと確信しております。

外来診療は、教授、准教授、病棟医長、Group長クラスのベテラン医師を中心に、その専門性を活かし診療を行っています。

最近では食道胃、大腸、便秘、肝臓、胆膵、脂肪肝、化療外来などのように、積極的に専門外来を行っております。更に、土曜午後外来も2~3人の医師を配置して、初診または予約の患者様の診療をおこなっています。

入院検査・治療のご案内

種類入院期間内容
食道・胃内視鏡的粘膜切除術(EMR)5~7日早期食道・胃がんや胃良性腫瘍を内視鏡下に切除。
食道・胃粘膜下層剥離術(ESD)7~9日早期食道・胃がんや胃腺腫を内視鏡下に切除
小腸内視鏡検査2~4日ダブルバルーン内視鏡を用い検査を行っています。
大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR) 2~4日ポリープ、がんの切除。適応を広げて行っています。
内視鏡的食道静脈瘤結紮術(EVL)2~3週食道静脈瘤を内視鏡下に治療します。
内視鏡的食道静脈瘤硬化療法(EIS)4週前後食道静脈瘤を内視鏡下・透視下で治療します。
超音波下肝生検2日超音波ガイド下に肝組織を採取します。
腹腔鏡下肝生検5日腹腔鏡で肝臓の状態を確認して肝組織を採取します。
内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)3~7日X線下に良・悪性胆膵疾患を診断・治療します。
腹部血管造影検査(Angiography)3日~肝胆膵の良・悪性診断治療や消化管出血治療を行います。