対象疾患

当科は、成人の消化器外科・一般外科領域の疾患を対象として診察を行っています。 すなわち消化管の悪性腫瘍いわゆるがんが主たる疾患です。 消化管とは、食道に始まり胃・十二指腸・小腸・大腸(結腸・直腸)までの食べ物が通過する臓器を指します。 当科では特に食道・胃・十二指腸の疾患を中心に診察を行っています。

この中で発生頻度の高い胃がんはもとより、より専門性が必要とされる食道がんも峯教授、梶山教授、鶴丸特任教授の専門分野であることから、関連病院をはじめ各施設から多くのご紹介をいただき、良好な成績を収めています。

更に胃がんに対しても、開腹手術、開胸手術を含め多数の手術を行っております。また、食道・胃の良性疾患(粘膜下腫瘍など)に対しては、鏡視下手術などの縮小手術を第一選択として行っております。

消化器疾患だけでなく、一般外科領域(甲状腺・虫垂炎・鼠径ヘルニア・痔核・胆石症など)の診断も行っておりますので、外来担当医に気軽にご相談ください。

専門科である大腸・肛門外科、肝・胆・膵外科、消化器低侵襲外科、乳腺センターにも診察を依頼することも出来ますので、外来担当医に気軽にご相談ください。

診察対象となる主な疾患の一覧

食道疾患

  • 食道がん
  • 食道裂孔ヘルニア
  • 逆流性食道炎
  • 食道粘膜下腫瘍
  • 食道アカラシア

胃疾患

  • 胃がん
  • 胃潰瘍
  • 胃ポリープ
  • 胃粘膜下腫瘍
  • 胃悪性リンパ腫
  • 胃切除後症候群

十二指腸疾患

  • 十二指腸潰瘍
  • 十二指腸腫瘍

小腸疾患

  • 小腸腫瘍