十二指腸疾患

1. 十二指腸潰瘍

原因痛み止めやステロイドなどの薬剤、アルコール、精神的・肉体的ストレスなどのより、十二指腸の粘膜などの組織が欠損した状態です。 十二指腸潰瘍
症状腹痛(心窩部痛)、食欲低下、吐き気、嘔吐、腹部違和感などがあります。潰瘍から出血があると黒色便、貧血の症状が出現します。比較的、若い人に多いです。
検査内視鏡検査
治療まず、原因の除去を行います.原因と考える薬の中止、ストレスの回避、急性期のアルコールの中止、喫煙を禁止します。薬物療法により、胃酸の分泌を抑えます。ヘリコバクター・ピロリ菌の検査を行い、陽性の場合は、除菌を行います。潰瘍が深くなり、十二指腸壁に穴が開いてしまったときは、緊急で手術が必要になります。

2. 十二指腸腫瘍

十二指腸にできた腫瘍でがんや悪性リンパ腫、粘膜下腫瘍などを含みます。

症状症状がなく偶然、胃カメラで見つかることもあります。腹痛(心窩部痛)、食欲低下、吐き気、嘔吐、腹部違和感、腹部膨満感、体重減少などがあります。悪性であると、症状が出ることが多いです。病変から出血があると黒色便、貧血の症状が出現します。十二指腸腫瘍2
検査内視鏡検査、消化管造影検査を行いますが、悪性の場合は腹部超音波検査、腹部CT検査などを行います。
治療検査で悪性と診断がついた場合には、手術を行います。