小腸疾患

1. 小腸腫瘍

小腸に出来た腫瘍でがんや悪性リンパ腫、粘膜下腫瘍などを含みます。

症状下血が多く、便に血が混じって赤くなったり、黒色便になったりします。
検査胃内視鏡、大腸内視鏡は、小腸まで届かないため、腹部CT検査や小腸造影、小腸内視鏡が必要になります。
治療検査で確定診断がつかないことが多く、手術が基本的治療となります。