診療科概要

当科の前身である第一外科は福田保教授に始まり、胃がん手術で有名な村上忠重教授に受け継がれました。その後胃内視鏡創始者の一人であった城所仂教授へ、更に胃がん縮小手術の草分けであった榊原宣教授に引き継がれました。平成10年から鶴丸昌彦教授が就任し、食道がん手術で大きな成果を挙げ今日に至っています。
その後、平成14年に順天堂外科学教室が臓器別診療科に再編され鶴丸教授のもと「食道・胃外科」が誕生し、平成21年に梶山美明が教授に就任しました。さらに平成31年には峯真司が教授に就任し、鏡視下食道癌手術を積極的に進めております。
当教室は食道がん・胃がんを中心にわが国のみならず世界をリードする高度な診断、治療、研究を行っています。特に食道がん手術症例数はわが国のトップクラスであり、高度な技術を駆使した質の高いリンパ節郭清を行ってわが国最高レベルの生存率を挙げています。また胃がん手術の中でも難しいとされる噴門部がんに対しては、積極的に左胸腹連続切開手術を行い高度進行がんであっても切除を目指しています。
現在、峯教授・梶山教授・鶴丸特任教授のもと、日本外科学会、日本消化器外科学会、日本食道学会、日本内視鏡外科学会、日本胸部外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会などの専門医並びに指導医・認定医を含め、計11人のスタッフで日々診療に携わっています。